こんにちは

中山記念 血統的考察
http://www.hicchu.net/column/kuriyama/

さて、今週は中山記念(G2・芝1800m)。

昨年は二冠馬ドゥラメンテの復帰戦となるなど、
近年は出走馬のレベル上昇によって
G1級の盛り上がりをみせることも増えた。

今年も登録馬12頭中G1馬が4頭という豪華メンバー。

ドバイを含めた春のG1に直結するレースだけに大いに注目したい。



【アンビシャス】

昨年のこのレースで1着ドゥラメンテにクビ差まで迫る2着。

リアルスティールには先着した。

ドバイの国際競走で2、1着となった2頭とまったく差のない競馬をし、
続く大阪杯(G2)ではキタサンブラックを破って優勝したのだから
能力を高く評価できる。

「ディープインパクト×エルコンドルパサー」という組み合わせ。

母方にミスタープロスペクターと
スペシャル牝系のノーザンダンサー系(ヌレイエフやサドラーズウェルズなど)を
併せ持つディープインパクト産駒はニックス。

さらに、これにブラッシンググルームが加わった配合は成功率が高く、
過去にヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル2回)、ヴィブロス(秋華賞)、
ミッキークイーン(オークス)、アトム(デイリー杯2歳S-2着)などが出ている。

本馬はこのパターン。

母カーニバルソングは
「エルコンドルパサー×レインボークエスト×クリス」という
ヨーロッパ色が強いので、馬場が渋っても問題ない。

中山記念はリピーターが活躍するという大きな特徴があるので、
昨年2着の実績があるこの馬は有力候補といえるだろう。

昨年の天皇賞・秋以来の実戦なので仕上がり具合だけが問題となる。


【リアルスティール】

昨年のこのレースで3着となったあと、ドバイ遠征を敢行し、
見事ドバイターフ(首G1)を快勝した。

今年もこのレースをステップにドバイへ向かう。

「ディープインパクト×ストームキャット」は有名なニックスで、
キズナ(日本ダービー)、エイシンヒカリ(イスパーン賞、香港C)、
ラキシス(エリザベス女王杯)、アユサン(桜花賞)、
ヒラボクディープ(青葉賞)などと同じ。

2代母モネヴァッシアは名種牡馬キングマンボの全妹にあたる良血だ。

ベストは2000mなので前走のジャパンC(G1)では伸びきれず、
11着と敗れた昨年6月の安田記念は海外遠征帰りで状態が本物ではなかった。

馬券圏内に入れなかったレースにはそれ相応の敗因があり、
逆に不安点が何もなければしっかりと上位争いに食い込んでくる。

今回はジャパンC以来の実戦なので体調が問題となるが、
それさえクリアできれば上位争い必至だろう。

ただ、昨年2着のアンビシャスが2kg増の斤量なのに対し、
リアルスティールは3kg増。

このあたりがどう響くか。


【ツクバアズマオー】

昨年グングンと実力を身につけ、6歳を迎えた今年、
中山金杯(G3)を制して重賞ウィナーとなった。

「ステイゴールド×ジャイアンツコーズウェイ」という組み合わせで、
母ニューグランジは現役時代に芝とダートで1勝ずつを挙げた。

母方にストームキャットを持つステイゴールド産駒の実績は、
以前はさほど目立ったものではなかったが、
ステイゴールドの種付け料高騰にともなって
社台系の繁殖牝馬に付ける機会が増えると、
ストームキャットを抱えた繁殖牝馬と交配する機会が増え、
キャットコイン(クイーンC)、ジュンツバサ(セントライト記念ー3着)、
ワンブレスアウェイ(1600万下)などの活躍馬が目に付くようになった。

本馬もその1頭で、ストームキャットに加えてシアトルスルーが入り、
スピードの持続力が増して小回り適性が増している印象がある。

G1で戦ってきた相手との比較では確かに見劣るものの、
ここで好勝負に持ち込めるようなら春のG1、
たとえば阪神内回りコースで行われる大阪杯に出走しても楽しめそうだ。


【ネオリアリズム】

昨年の札幌記念(G2)でモーリスを破って優勝し、
マイルチャンピオンシップ(G1)でも3着と好走した。

リアルインパクト(父ディープインパクト)、
アイルラヴァゲイン(父エルコンドルパサー)を兄に持つ良血馬で、
父ネオユニヴァースはこれまでに勝った芝重賞24勝のうち
12勝を中山コースで挙げているという圧倒的な中山巧者。

本馬はこれまで中山芝で[0-1-0-2]と勝ち星を挙げていないが、
力を付けきる前の成績であるのは考慮したい。

馬場が渋って単騎逃げに持ち込めるようなら怖い。


【ロゴタイプ】

4年前の皐月賞馬で、昨年春に安田記念(G1)を制した実力馬。

昨年秋も天皇賞・秋と香港マイル(G1)で5着と健闘している。

中山記念は過去に3回出走して3、2、7着という成績。

サドラーズウェルズ系の持続力タイプで、母方のベリアーニ牝系に属する馬も、
パドトロワを筆頭に切れる馬はほとんど見られない。

皐月賞、朝日杯フューチュリティS(G1)、スプリングS(G2)を制しているように
中山の芝1600~2000mはベストの舞台だ。

すでに7歳だが勝ち負けに持ち込めるだけの能力は持っている。


【ヴィブロス】

昨年の秋華賞(G1)を鮮やかに差し切った。

「ディープインパクト×マキアヴェリアン」という組み合わせで、
ヴィクトリアマイルを2連覇したヴィルシーナの全妹にあたり、
フレールジャック(ラジオNIKKEI賞)と
マーティンボロ(新潟記念、中日新聞杯)の兄弟とは4分の3同血の関係となる。

ディープインパクト産駒の配合としてきわめて完成度が高い。

中山コースでは[0-1-0-1]という成績で、
12着と敗れたフラワーC(G3)はまだ力をつける前なので度外視できる。

2着となっ紫苑S(OP)は3コーナーで酷い不利を被り、
それから立て直しての2着なので勝ち馬と同等の価値があった。

秋華賞は内回りコースなので小回りコースへの対応にも問題はないだろう。

小柄な馬なので綺麗な馬場でやりたいところ。

ここを使ってドバイへ向かう。



小回りで急坂がある特徴的なコースだけに、
得意な馬と不得意な馬にはっきり分かれる。

コースにフィットする馬であれば
何度でもリピート連対するのが特徴。

また、直線が短いので
基本的に先に行った馬が残りやすいコースでもある。

血脈的にはノーザンテーストに要注意。

3回連対したバランスオブゲームとカンパニーをはじめ、
ここ最近の連対馬の血統を見ると、
ノーザンテーストの血を持つ馬が強いという傾向が見られる。

今年の登録馬のなかではクリールカイザー、サクラアンプルール、
ツクバアズマオー、マイネルミラノが該当する。

このほか、
サドラーズウェルズ、ロベルト、ニジンスキー、ミスタープロスペクターといった
パワーに秀でた血のサポートを持つ馬も強い。


以上の傾向を踏まえ、
調教の動きなどを加味しつつ、週末に最終結論を出したい。
スポンサーサイト
こんにちは

休み明けアンビシャスとリアルスティールの仕上がりをチェック!
http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AY01

アンビシャスは470キロ台前半なら心配することはないでしょう
 今週21日の調教開始前。トレセンに行く道中から雪は降っていましたが、まさか一面が真っ白になるくらいの吹雪になるとは思いませんでした。22日は雪こそ降っていないものの、調教開始前の温度計は-1度。まだまだ寒さが続く栗東ですが、追い切りは春のG1に向けて始動している馬がわんさか。トレセンニュースでもお伝えしたドバイWCに出走予定のアウォーディーが帰厩するなど、ちょっと気を抜くと、すぐにG1が始まってしまいそうな気がします。

 今週の重賞は頭数が少なく、ちょっと寂しい印象。特に阪急杯は高松宮記念に向けて、好メンバーが揃うと思われましたが、1600万下の馬でも出走できる頭数割れ。ハンデ戦でもないのに、G2を勝っているシュウジと対戦するのは明らかに分が悪いというものでしょう。それにしても、このままで高松宮記念のメンバーが集まるのかどうか。それすら心配になってくるG1のトライアルです。


【アーリントンC/ヴゼットジョリー】
 出走メンバー唯一の牝馬。しかし、チューリップ賞の想定メンバーを考えると、こちらの方が組みやすいという印象すらあります。問題はこの馬自身の状態だと思いますが、CWでの1週前追い切りではしっかりと動けており、そのイメージを持ったまま、今朝22日の追い切りを見守っていました。

 CWでの3頭併せでしたが、最後の直線で楽に前を交わすかと思いきや一番遅れてのゴール。時計は先週よりも遅いですし、その動きは緩慢にも見えました。先週はジョッキーが跨っていたこともあったのかも知れませんが、とにかくこの動きだと高い評価をするわけにもいきません。


【中山記念/アンビシャス】
 天皇賞秋から中山記念というローテーションは昨年と同じ。しかし今年は昨年と比較して、栗東への帰厩時期が遅く、その分、追い切り本数が少なくなっています。その数が1本なので、音無秀孝調教師が「余裕をもたせてつくっている」というところは、このあたりにあるのかも知れません。

 時計の出方自体は昨年とあまり変わっておらず、今年は1週前に4F51.8秒と52秒を切る時計をマーク。最終追い切りは4F52.3秒でしたが、2週続けて4F52秒前後をマークしたという意味では評価できます。「余裕といっても、体が太るような馬じゃないので」と同師はコメントしていますが、帰厩時期が遅かった分、体重が増えていないとも限りません。過去に記録したことのないような、480キロ台なんて数字が出るとかなり不安ですが、470キロ台前半なら心配することはないでしょう。


【中山記念/リアルスティール】
 菊花賞以来だった昨年と比べると、今年の方が1ヶ月短い休養期間ということになります。しかし調教開始時期は昨年と変わらず、2月に入ってから。だからというわけではないのでしょうが、今年はCWでの追い切りが先週の1本しかありません。ここの判断をどうすべきだろうと考えていましたが、2月15日のCWでの動き自体は素晴らしく、休み明けとしては決して悪くない状態なのでしょう。

 最終追い切りはいつも通り、坂路馬場で行われています。昨年が併せ馬だったのに対して、今年は単走。その分なのでしょうか、4F時計は昨年よりも速く、ラスト2Fは12.2秒の持続ラップ。1F11.9秒で併せ馬に先着した昨年に比べると地味な印象も残りますが、休み明け単走は天皇賞秋の2着があります。やっぱり馬券的には外せないのかなという印象です。


【阪急杯/シュウジ】
 函館SS以降は常に勝ち馬と0.1秒差以内のレースを続けており、ほぼ勝ちに等しい内容が続いていましたが、前走でようやく1着という欲しかった着順を手に入れました。もちろんこれも僅差でしたが、過去にマークしたことがないメンバー最速上がりを使ったあたりに充実ぶりを感じることができます。

 この中間も順調そのもの。2月15日には坂路4F49.8秒をマークして、自己ベストを更新しています。最終追い切りは時計こそ、4F51.4秒と平凡ですが、終いまでしっかりとした動き。追い切り本数も多く、休み明けとは思えない調教量。悲願のG1獲りに向けて、このメンバーでは負けられないといったところでしょう。


【阪急杯/ブラヴィッシモ】
 重賞での3走は9番人気以下が続き、着順、着差ともにあまり評価できる内容ではありません。しかし今回はメンバー構成の都合と昨年3着という実績から人気しそうな感じ。それだけにどんな調整過程を踏んできるか注目していましたが、正直、危険な人気馬の雰囲気が漂います。

 まず先週の併せ馬遅れは相手がシュウジなので仕方ない。しかし、22日の併せ馬は相手がスペシャルギフトでそれに遅れた上、ラスト1Fが13.0秒も要しています。前走の馬体重が+12キロだったように、少し調整の歯車がうまくかみ合っていないように思えてなりません。昨年の最終追い切り内容と比較しても評価できないだけに、ここは軽視する予定です。

こんにちは

【中山記念】栗東レポート~リアルスティール
追い切り後の矢作芳人調教師のコメントは以下の通り。

(前走のジャパンC5着を振り返って)
「勝ちに行った競走ですし、距離も適性よりは長かったかなと感じているので、あまり悔いはありません」

(その後の調整について)
「その後、香港ないしは有馬記念という話が少しありましたが、やはりそれよりも今年ドバイ連覇を目指したいということで、そこで休ませました。特に大きな疲れがあったわけではなく、順調に回復して、順調に調教を積んで来られたと思っています」

(調教過程を振り返って)
「追い切りはいつも良いので、当たり前といえば当たり前ですが、やはり能力の高さをしっかり見せましたし、かつレースに向けて負荷をかけられたと思っています。
 (今週は)先週しっかりとやっているので、今日は単走で、それでも思った以上の時計が出ていますし、動きに関しては何も問題ありません。また騎乗者もしっかり折り合いがついていたということです」

(今回のレースに向けて)
「距離は間違いなくベストでしょう。コースについては、やはり左回りの方が多少良いのかなとは思います。しかし、特に問題のない範囲と考えています。
 状態に関してはそう大きく変わらないと思いますが、1年経ったことで馬に成長は感じられます。すごく奥手の馬ですから、まだまだ成長していると思います。
 どんな展開でも確実に、堅実に走ってくるというところが彼の持ち味だと思います。しかし、堅実だけでは困るので、やはり1着を目指したいです。
 どんな競馬でもできる馬ですから、展開に関しては特に何も心配はしていません。
 非常に強いメンバーとやってきたので、今回も弱いメンバーではないですが、主役を張れるだけの実力はあるのではないでしょうか。
 ドバイに向けて、次に繋がるようなレースを期待しています。あと日本ではとにかく悔しい思いしかしていないので、しっかり勝ってドバイに行けるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いいたします」


【中山記念】栗東レポート~アンビシャス
追い切り後の音無秀孝調教師のコメントは以下の通り。

(前走の天皇賞・秋を振り返って)
「脚質的に後ろから行くことが多いので、他力本願というか、できれば速いペースになってほしかったです。しかし、あまり流れずに前残りだったので、来ることは来ましたが、4着止まりという結果に終わりました」

(その後の調整について)
「(反動は)特になかったです。天皇賞で打ち止めにして、すぐに放牧に出していました。
 3週間少し前に厩舎に戻しました。ですから、3本追い切りをしているということになります。牧場でも結構やってもらっていますので、ほぼ仕上がっていると思います。
 (放牧前と)ほとんど変わっていません。あの馬は放牧に出しても厩舎にいてもほとんど馬体に変化がないのです。
 予定通りに3本の追い切りを消化して、レースに向かえます」

(最終追い切りについて)
「いつも当該週はしっかりと追いますので、今日もしっかりと併せ馬をしました。最後まで併せ馬ができました。昨年の中山記念とほぼ同じぐらいの出来にはあるかなと思います」

(今回のレースに向けて)
「脚質が他力本願的なところがありますので、そうなるか心配です。
 GIが目標なので、そこで良くなるように、今やってきているところです。そこに走りが繋がってほしいです」


【中山記念】美浦レポート~ヌーヴォレコルト

追い切り後の斎藤誠調教師のコメントは以下の通り。

 「前走はアメリカからの転戦でしたが、状態は非常に良く、期待していました。ですが展開と枠順が向かず、惜しい競馬になってしまいました。力は出せたと思います。

 帰国後は、いつものように着地検疫を終え、社台ファームの山元トレセンで、中山記念を目標に充電しました。感情の起伏も少ない馬ですし、しっかり乗り込んで、ここまで来る事ができました。

 先週までは2~3週、併せ馬できっちりやってきていますから、今朝は単走で長目、終いだけしっかりやるよう指示を出しました。時間帯もあって、結果、他の厩舎の馬と併せ馬になりましたが、それも想定内でしたし、しっかり動けていましたから、良かったと思います。

 すこぶる状態は良いので、まだヌーヴォレコルトは健在だという事を、国内で見せたいと思います。年齢を重ねるにしたがって、ズブさが出てきていますが、中山は得意ですし、距離の1800mも許容範囲です。しっかりした状態ですし、良いレースを見せられると思います。

 今後は一戦一戦が勝負になると思いますので、しっかり仕上げたつもりです。相手は強いと思いますが、今の良い状態でどこまで通用するのか、見てみたいと思います」


【中山記念】美浦レポート~ロゴタイプ
追い切り後の田辺裕信騎手のコメントは以下の通り。

 「今朝は終いの反応を見てほしいといわれていましたので、気合いをつけました。休み明けは、どうしてもモタモタするところのある馬で、そこは相変わらずな感じでした。

 去年のこのレースの時も、悪いとは感じていなかったのですが、実際レースに行って、踏ん張りきれませんでしたから、今回もどうなのかな、という感じはあります。ですが前走、凄く頑張って動けていましたから、もちろん期待もありますし、良い形で、今年をスタートさせたいです。

 この馬は、このコースも距離も慣れていると思いますし、開幕週、先行力もありますから、何も問題は無いと思います。メンバーが揃った中での戦いになりますので、ここで自信をつけてもらえれば、一番良いと思います」


【中山記念】美浦レポート~ツクバアズマオー
追い切り後の尾形充弘調教師のコメントは以下の通り。

 「中山金杯は、少し流れてくれて展開が向きましたし、今回の相手と比べると競馬もしやすかったと思います。終いはしっかり伸びてくれて、良い競馬だったと思います。

 元々、ある程度の能力はありましたが、気性的に興奮しやすいところがありましたが、ここへ来て、競馬に集中できるようになり、それが好走できるようになった原因だと思っています。

 追い切りのパートナーは、この馬の事を手の内に入れていますから、流れるように入りもスムーズで、パートナーと一体となった、最高の追い切りでした。

 金杯は勝っていますし、100%以上の競馬をしています。年初のスタートの重賞で、気分は良かったのですが、これが一杯なのかなという気持ちもありました。ですがこの中間、もう一つ上のギアがあったのかというくらい、馬の状態は良いです。

 ですがこのデキで、今回の相手に通じるかどうかはわかりません。わかりませんが、この馬が気持ち良く競馬に行って、ある程度、結果が出せる状態に持って行く事が私の仕事です。

 距離はもう少しあってもいいのが正直なところですが、最初の1ハロン目が、2000mより、ラップは速くなると思いますし、決して中山1800mが、短いという事は無いと思います」

こんにちは

【阪急杯】栗東レポート~シュウジ
追い切り後の北村浩平調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の阪神C1着を振り返って)
「あの時は正直1400mということに対して、あまり自信はありませんでした。しかし、攻め馬自体は我慢ができる動きだったので、弾ければ良いかなと思っていましたが、結果に繋がって良かったと思います」

(前走後の調整について)
「トモがまだ緩いところがあるのですが、あの馬なりには調子は上向いています。今週の阪急杯もそうですが、その次のレースが春の本番ということなので、そこに向けてしっかりやれれば良いと思います」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)ジョッキーが乗りましたが、50秒を切るぐらいの時計で、終いもしっかり伸びていました。川田ジョッキーも好感触だったので、良かったです。
 (今日は)終いにかけて、しっかり気合いをつける程度でした。時計は少し速くなりましたが、あの馬なりには遅い方です。良い調教ができたと思います」

(今回のレースに向けて)
「今回は冬場と違って、開幕週になります。そこがあの馬がどう行けるかなというところです。前残りの競馬にならないように願うだけです。
 プラス体重ですが、2ヶ月競馬が開いている分の成長だと思っています。問題ないでしょう。
 2ヶ月ぐらいなので、そこまで成長は感じられませんが、気が悪い部分が少しずつ増しになったかなというぐらいでしょうか。
 (長所は)攻め馬でもそうですが、レースに行っても我慢が利いて、脚を溜められるレース、調教ができるところです。
 今回も1400mなので、しっかり我慢が利いて、終いが伸びればとは思います。
 今回は負けられないと思っています。次もあるので、また応援よろしくお願いします」


【阪急杯】栗東レポート~ブラヴィッシモ
追い切り後の北村浩平調教助手のコメントは以下の通り。

(前走のシルクロードS9着を振り返って)
「プラス体重だったので、思った以上にあの馬なりの持ち味を生かすことができなかったと思います」

(前走後の調整について)
「緩めず、ずっとハードな調教メニューでしっかりこなしています。今回は前ほどは太くないと思います」

(調教過程を振り返って)
「1週前の追い切りですが、時計はあの馬なりにしっかりとこなしていました。良い状態で今週に繋がる追い切りができたかなと思います。
 併せ馬をした馬が走る馬でしたが、あの馬なりにはしっかりと走っています。全然見劣りすることはないと思います。
 (状態は)馬は年を取って、良い意味でにのズブさが出てきた部分があります。それを今回はしっかり治せるようには調整したつもりです」

(今回のレースに向けて)
「去年は3着に来たように、実績のあるコースなので頑張ってもらえればと思います。
 晴れていても雨でも特に気にしていません。大丈夫だと思います。
 ゲートが速い馬だと思うので、しっかり脚を溜めて、周りを見ながら差して来られれば良いかなと思います。
 これだけ有力馬として認めてもらえているので、しっかりと結果を出さなければいけないと思います。
 まだまだ甘いところがあるとは思いますが、しっかりと結果を出したいです。応援お願いします」


【阪急杯】美浦レポート~トーキングドラム
追い切り後の斎藤誠調教師のコメントは以下の通り。

 「前走は、京都が雪の影響もあり、馬場が荒れていたなか、よく頑張ってくれました。関西でのレースが続いたのは、特に意識した訳ではなく、目の前にある、この馬に適したレースが関西に多かったというだけの事です。

 関西圏に輸送しても力は出せる馬なので、その点は問題ないと思いますし、これだけ行ったりきたりしていますから、平常心は保てると思います。

 今朝の追い切りは、輸送もありますし、中1週、相手なりの軽い調教でしたが、3頭併せの真ん中に入って、しっかり負荷はかかっています。

 これまで意識して東京、京都を使ってきましたが、馬場の荒れた京都よりは、開幕週の阪神の方が向いていると思います。

 ここまで成長を促す事もあり、長期休養もありましたが、オープンに上がって、重賞まで挑戦できる事は、調教師冥利に尽きます。ここもしっかり仕上げてきましたので、好走を期待しています」

こんにちは

【中山記念】大阪杯で何が変わる?中山記念
http://pc.keibalab.jp/yosou/treasure/1219/

【今週のポイント】
春競馬が始まる。中山開幕週は伝統の中山記念。これまでの勝ち馬にも名馬がキラ星の如く並んでいるが、今年から少し意味が変わってくる。新設G1大阪杯を1ヶ月後に控えて、その最重要前哨戦となるわけだ。

これまでは、1600mのG1を目指す馬は、直後には大レースがないのでひと叩きというより、ここで一度シッカリ走っておきたいという意識があったし、千八のスペシャリストは、ここが目標となっていたケースも多かった。ドバイへ向かう馬は八分でどこまでというところ。その八分で勝ち切ったヴィクトワールピサ、ジャスタウェイ、ドゥラメンテなどは日本競馬史に残るスーパーホースだったわけだが・・・。これまではそんな構図になっていたレースだった。

今年からは、大阪杯に全力を注ぎたい馬にとっては、ここはあくまで前哨戦となる。対して大阪杯では荷が重いという陣営にとっては、願ってもない高額賞金ゲットのチャンスとなる。その辺のモチベーションを、ある程度考慮すべきレースとなりそうだ。
次走以降の進路を踏まえての比較に加えて、開幕週でもパワーの要る中山、コーナー4つをこなす器用さの有無も盛り込んで展望してみたい。