FC2ブログ
水上学の血統トレジャーハンティング

【中山記念】ドバイを睨んで、鞍上の意図

★土曜京都11R 京都牝馬S(G3)
◎本命馬 ベルーガ 6番人気 12着
内枠で出遅れて、後方から外にも出せず、何もできなかった。追い込み馬であってもスタートは大事。流れに乗れなかった。

$お宝馬 ハーレムライン 14番人気 15着
前に行けず、自分のレースができていない。1400mだとこうなってしまうのか。今後は舞台と相手に恵まれないと、上位は厳しいかもしれない。

★日曜東京11R フェブラリーS(G1)
◎本命馬 ゴールドドリーム 2番人気 2着
超スローでダンゴになったため、いつもよりは前目のポジションを自然にキープ。直線はひたすら逃げたインティを追い詰めて、最後はクビ差まで迫ったところがゴールだった。
負けてなお強し。個人的にはまだインティは暫定王座であり、ケガで休養のルヴァンスレーヴ、そしてゴールドドリームにはまだ及ばないとみる。

$お宝馬 ユラノト 8番人気 3着
持ち前の器用さ、ソツのなさを活かしてジリジリ伸びた。切れがないのはネックだが、距離適性の幅はあるし、揉まれても大丈夫。大崩れしないのは何よりだ。ただ今後はどこかで賞金を積んでいかないと、思うレースに使えない恐れも出てくる。


【今週のポイント】
G1馬5頭が激突する中山記念。そのうち、スワーヴリチャードとディアドラは、1ヶ月後のドバイへ向けての前哨戦となる。そしてスワーヴは、本番でも騎乗が想定されるМデムーロ騎手がそのまま手綱を取るが、ディアドラは本番では敵となるアーモンドアイに騎乗するルメール騎手がパートナーだ。海外遠征直前の仕上げ具合に加えて、本番ではライバルとなる騎手の心理も気になるところ。

エポカドーロ、ステルヴィオにとっては、大阪杯への前哨戦という性格を持つ。ただ次走国内となれば、海外へ行く馬とは仕上げも異なるだろう。さらにラッキーライラックは仕切り直しの始動戦だ。となると、去年の覇者で中山金杯勝ちから臨むウインブライトにとっては、むしろここが本線となる可能性もある。単純に豪華メンバーが揃ったと喜んでいるだけでは厳しく、なかなか難しい一戦となりそうだ。

万能だったジャスタウェイ、ドゥラメンテは別格として、このレースの好走馬をみるとやはり小回り適性が重要だ。実績よりコース適性、パワー。そしてある程度前に行ける脚のある馬。G1ホースからはそれらの要素が総合して最も上位の馬を選び、また格下的な馬からも、何とか適性ですくい上げられる穴を探したいと考えている。


【次回の狙い馬】
土曜・小倉12R 15着
ベルガド
今回は1年ぶりのレースでプラス20キロ。さすがに太かった。それでも先行でき、スピード健在は見せた。今回は結果的に、レースがハードな調教になったと勝手に解釈している。これで絞れれば、本来はこのクラスの馬ではないし、坂コースも大丈夫。次走阪神芝1200m、1400mで。

日曜・東京7R 8着
ゴールドパッキャオ
誰がどう見ても次走勝ち負けは能力断然の2着ワセダインブルーだが、こちらの方は全く人気にならないだろう。
スローペースを3コーナー過ぎで一気にマクリ上げたが、マクリ切れずに後退してしまった。小回り巧者で東京は向かないのでやむなし、中山の方が断然合う。ただ少しフラフラするところがあるので、ブリンカーを着けてくればなお良し。



回収率向上大作戦・須田鷹雄

中山記念、GI馬・GI好走馬をどう扱う?

戦ってきた距離で優劣を考えてみる


 今週の中山記念は豪華メンバー。昨年のGIレースで馬券に絡んだ馬が多数登録している。

 1800mという距離は誰でも走れるといえば走れるのでこのようにメンバーも集まりやすいのだろうが、過去に好走したGIの距離と中山記念での成績の関係というのはちょっと気になるところだ。特にマイルの馬と2000mの馬の比較は馬券を買ううえでも重要な要素になるのではと思う。

 単純な比較として、芝GIを勝った馬が翌年の中山記念に出走したケースでの成績は以下のようになっている(1998年のGIが起点)。同一馬が複数のグループに入ることももちろんありうる(以下同様)。

190219_01.jpg

 こうして見ると守備範囲より短く見える形で出走している馬のほうが優勢だ。ただ、なにぶんサンプル数が少ないので、「JRAGIの1~3着馬」を起点にするとどうなるか。

190219_02.jpg

 こうして見ると1600mGIは惜敗してきた馬のほうがここでは良い、2400~2500mGIの惜敗組はダメということになる。スワーヴリチャードのように両方に該当する馬もいるので話がややこしくなってしまう。

 ただそれ以前に全体的に回収率が高く、「さすがGI好走馬」という印象はある。その中でまずは勝ってきたGIをベースに扱いの順位を決め、昨年GIで好走止まりだった馬→GI好走の無い馬、の順に可能なところまでヒモを広げていくのがよいのではと思う。今回示したものの全体像を見ると、「格上タイプは仕上がり途上だから来ない」的な考えを強く持つのは危険なように見える。




重賞データ分析・小林誠

鞍上が継続騎乗する中穴を狙え!/阪急杯

■阪急杯(G3・阪神芝1400m内)

【特注データ】3行でわかる! レース攻略の糸口
190217_11.jpg

190217_12.jpg

 毎年のように「いい感じ」に荒れてくれる阪急杯。このレースで儲ける上で何よりも重視したいのが、鞍上の騎乗パターンだ。基本的には「継続騎乗>乗り替わり」で、前者が勝率9.8%、連対率18.0%をマークしているのに対して、後者は勝率4.0%、連対率9.1%と、信頼度の差はかなりのもの。継続騎乗組を狙うだけでも、馬券の的中率を大きく押し上げることができるはずだ。

 とくに注目したいのが「中穴人気の継続騎乗組」で、4~6番人気や7~9番人気での激走率の高さは目を見張るものがある。昨年のこのレースを7番人気で逃げ切ったダイアナヘイローと、一昨年に同じく7番人気で勝ったトーキングドラムは、いずれも継続騎乗での一発だった。二度あることは三度ある。今年もこの条件に該当する馬は、かなり力を入れて買いたいところである。

 そして乗り替わり組だが、こちらは上位人気馬ならば「買い」ジャッジ。3番人気以内に限れば、信頼度は継続騎乗組よりも高い。この条件に該当しそうなのは、鞍上が福永ジョッキーに乗り替わる想定であるミスターメロディ。武豊ジョッキーに乗り替わる想定のダイアナヘイローも、3番人気以内に推されるようならば連覇の期待が持てる。


【コース総論】阪神芝1400m内 Aコース使用
・コースの要所!
★上位人気馬の強さが目立つコース。人気薄はヒモで狙うのが効率がいいか。
★ハッキリと内枠有利かつ外枠不利。馬番1~6番に入った馬はプラスに評価。
★中団待機組が先行勢以上の勝率&連対率を記録。内回りでも意外に差せる。
190217_01.jpg

190217_02.jpg

190217_03.jpg

 2コーナー出口付近のポケットがスタート地点で、最初のコーナー進入までには十分な距離がある。しかし、内回りで最後の直線が短いのもあって、序盤から中盤まで速い流れとなりやすいコースだ。さらに急坂コースでもあるため、意外に差しが決まりやすいのもコースの特徴。距離は200mしか違わないが、外回りの芝1600mとはまったく異なる資質が求められる。

 まずは人気別成績だが、全体的に人気サイドの強さが目立っている。高配当もけっこう出るコースではあるのだが、1着で狙うならば2~5番人気あたりのほうがベター。そこからヒモに人気薄を狙うような馬券戦略をオススメしたい。ふたケタ人気馬が2~3着に激走するケースもあり、ヒモでならば大胆な攻め方も面白いコースといえる。

 次に枠番だが、こちらは内枠有利&外枠不利の傾向。平均人気に大きな差があるので、内枠である馬番1~6番の信頼度が高いのは当然なのだが、それでいて単勝適正回収値112.0、複勝回収値90という優秀な数値をマーク。ギャップ値もプラス圏と、人気以上に走っているのは高く評価できる。対照的に外枠である馬番13~18番は、信頼度だけでなく回収率ベースの数値もイマイチ。相応の割引が必要だろう。

 脚質については、先行勢と中団待機組の成績が拮抗している。勝率や連対率は中団待機組が、複勝率は先行勢が高いという結果で、最後の直線が短い内回りコースながら意外なほど差せている。オープンだと差し優勢になりそうだが、問題は開幕週の馬場バイアスがどうなるか。いつも以上に、土曜日の結果をしっかりチェックしておきたい。


【レース総論】阪急杯(G3) 過去10年
・レースの要所!
★ふたケタ人気の大穴は不振だが、中穴は絶好調。波乱傾向が強めのレース。
★コースデータとは違って外枠も好成績。中枠である馬番7~12番が絶不調。
★開幕週の影響かコースデータよりも先行勢優勢。後方に置かれると厳しい。
★年齢別では5歳以下、騎手データでは継続騎乗組の好成績が目立っている。
190217_04.jpg

190217_05.jpg

190217_06.jpg

190217_07.jpg

190217_08.jpg

190217_09.jpg

 レースの平均配当は、単勝934円、馬連3668円、3連複3万4285円と、3連複平均だけが突出して高くなっている。つまり、人気薄が1頭ないしは2頭、コンスタントに上位へと食い込んでいるということだ。昨年も勝ったのは7番人気のダイアナヘイローで、11番人気のニシノラッシュや10番人気のペイシャフェリシタも「あわや」というシーンがあった。波乱傾向の強いレースといえるだろう。

 枠番データでは、コースデータとは異なる傾向が見受けられる。内枠である馬番1~6番が強いのは変わらないのだが、不利なはずの外枠がけっこう強く、そのかわりに中枠が猛烈に弱い──という結果が出ているのだ。ひとケタ人気馬に限定したデータも掲載したが、内容的には外枠がいちばん優秀といえるほど。開幕週の影響もあって、前に行ける馬に関しては、外枠でもとくに問題ないと思われる。

 そう考えた理由は、脚質別成績にある。コースデータよりも明らかに前が強く、ハナを切った馬が逃げ切ったケースも芝重賞としては多め。対照的に、4コーナーを13番手以下で回った後方待機組は、トータル[0-0-1-35]とほとんど勝負になっていない。差せるコースではあるが意外に差せないレースというのが結論で、ある程度は前に行ける組を中心に馬券を組み立てるべきだろう。

 年齢別では、過去10年で7勝をあげている5歳馬の強さが目立つ。それに次ぐのが4歳馬で、勝率は低いが複勝率は34.4%という高さで、複勝回収値も100の大台を楽々と越えてきた。逆に6歳以上の高齢馬はイマイチで、積極的には買いづらい内容。5歳以下の若い馬のほうが期待できるレースと考えていい。

 最後に、斤量について。別定戦でそれほど斤量差が出るレースではないのだが、定量よりも1~2キロほど背負う実績馬のほうが好成績であるのは間違いなし。今年の出走馬に該当するケースが出るかどうかは定かではないが、57キロ以上を背負う牡馬はマイナスではなく、プラスに評価すべきだ。


【血統総論】
190217_10.jpg

 種牡馬別では、ダイワメジャー産駒、ロードカナロア産駒など5種牡馬の産駒をプラスに評価。出走してきそうなところでは、ダイワメジャー産駒のスターオブペルシャ、ハーツクライ産駒のロジクライとアドマイヤゴッドが、種牡馬からの注目株となる。とくに魅力を感じるのがハーツクライ産駒で、連対率24.3%、複勝率35.1%という信頼度の高さ。コース巧者というイメージがないだけに、しっかり覚えておきたい。


★阪急杯・総論×各論

 レースの「格」としてはG2の中山記念を扱うべきなのだろうが、馬券的な面白さがあるのは断然こちら。多頭数で、しかも難解きわまりないメンバーとなりそうな気配である。波乱傾向が強いレースであるのは前述した通りで、今年も一筋縄ではいかない一戦となること間違いなし。ある程度は波乱含みという前提で、予想を組み立てたい。

 現時点でのトップ評価はスターオブペルシャ。前走の阪神カップでは、12番人気と低評価ながら3着に好走している。前走でも騎乗していた杉原ジョッキーが継続騎乗する予定で、あとは適度に人気薄になってくれれば激走条件をクリア。ダイワメジャー産駒であることもプラスで、内枠でも引き当てればここからガツン!と大勝負してみるのも面白そう。6歳馬という点が割引だが、それを補ってあまりあるプラス評価の多さだ。

 二番手評価にミスターメロディ。こちらも前走阪神カップ組で、トップ評価のスターオブペルシャに先着している。前々で流れに乗れる脚質や、4歳馬であること、上位人気に推される乗り替わり組であることなど、こちらも買い材料はじつに豊富。「強い強い4歳世代」であるのも追い風となる。レース傾向を考えると、1着よりも2~3着で狙いたいタイプではあるが、高確率で上位争いが期待できるのは間違いない。

 三番手評価にロジクライ。前走の東京新聞杯と同じく、トリックスター・横山典ジョッキーが騎乗する想定である。デビューから一貫して1600m戦を使われてきた馬だけに、この距離短縮がどう出るかは正直なところ未知数。しかし、競馬センスがよく、スッといい位置が取れる馬であるのは大きな強みである。「継続騎乗の中穴」という条件にも該当しそうで、前走の結果で見切るのは早計。巻き返しがある一戦だ。

 以下はレッツゴードンキ、エントシャイデン、ダイアナヘイロー、ロードクエストという評価の序列。あとは人気や枠番次第だが、ここから評価が大きく入れ替わることは、おそらくないと思われる。高松宮記念へ向けての重要なトライアルでもあり、どのような結果が出るのか今から楽しみ。ぜひ今年も「適度に」荒れてもらいたいものだ。

スポンサーサイト
こんにちは

先週のフェブラリーステークスでは、アンジュデジールとクインズサターンとサンライズソアの3頭が良く見えましたが、アンジュデジールは回避、サンライズソアは写真ですでに出来上がっていて、輸送して競馬場では-18㌔となっていました。
クインズサターンはやはり内枠がそもそも良くなかった感じで末脚も不発でした。

今週も競馬ラボの馬体FOCUSを見ての感想になります。

中山記念
競馬ラボでの今週のイチオシはステルヴィオ。

私が良く見えたのもステルヴィオです。4歳になりバランスが良くなりシルエットも綺麗になって来ました。

G1 馬、エポカドーロはこじんまりとした感じがしますし、スワーヴリチャードは脚が短く見えます。ディアドラはもっさりとした感じ。
ラッキーライラックは4歳になってバランスが良くなってきました。

人気がなければステルヴィオの複勝を買ってみたい・・・・気分(#^.^#)



阪急杯
競馬ラボでの今週のイチオシはミスターメロディ。

私は良く見えた馬はいませんでした。
こんにちは

先週も紹介しましたYouTube動画M'sチャンネル (エムズチャンネル)さま、今週も覗いて見ました。


先週は
「フェブラリーS2019 【完璧データ】5頭クリア!」
該当馬インティ、オメガパフューム、コパノキッキング、ゴールドドリーム、サンライズソア
結果はインティが1着、、ゴールドドリームが2着でした。


今週は
「中山記念2019 完璧6頭クリア!【完璧データ】」
該当馬ステルヴィオ、スワーヴリチャード、エポカドーロ、ディアドラ、ウインブライト、ラッキーライラック

こんにちは

2019年2月17日現在で田辺裕信騎手は
           1着 2着 3着 4着 5着
16位 田辺裕信    9  16  13  13  6

土日2日間で11鞍騎乗で、1着2回、2着1回、3着1回という成績でした。
アンカツさんのつぶやき

京都牝馬ステークス・ ダイヤモンドステークス
「終わってみればサンデーR×ノーザンF決着。デアレガーロ32キロ増、リナーテ10キロ増でもしっかり走ってくるもんな。上手く乗ったジョッキーで決まったレースでもあったけどね。ユーキャンスマイルは格上挑戦でも役者が違った。この賞金加算は大きいね。友道厩舎らしいステイヤーで天皇賞春でも楽める。」

フェブラリーステークス
「インティ。好スタートのサンライズソアと隣枠のサクセスエナジーが控えたことでユタカちゃんの展開になった。今日の馬場であのペースを刻まれたら後続はどうにもならん。G1まで7連勝は凄いけど、ザ・ジョッキーってレースやった。それを思えばゴールドドリームは勝ちに等しい内容。底力はこっちやね。」

「ユラノトは前走時にもつぶやいたとおり、相手なりに堅実。ユーイチらしいと言うか、好枠から勝ちに急がずプランどおりの騎乗やったと思う。菜七子ちゃんも冷静に乗れとった。あのペースで最後方からは勝つためには絶望的やけど、大味な競馬が持ち味の馬やからね。直線勝負で掲示板確保は立派な成果。」

小倉大賞典
「展開って言えば、小倉大賞典はマルターズアポジーが初めて出遅れた。掛かる馬やで、ああなるとソロッと回るしかない。それで流れが向いたのがタニノフランケルとサイモンラムセス。勝ったスティッフェリオは恵まれたわけやないで、完全に本格化したと見ていい。これからはハンデとの戦いになるかな。」



境和樹の穴馬券ネオメソッド

フェブラリーSなど4重賞の回顧

第36回フェブラリーS(GⅠ)
1着インティ
2着ゴールドドリーム
3着ユラノト

ラップ:
12.4-11.5-11.9-12.2-12.2-11.6-11.4-12.4
時計:1.35.6


このレベルの馬が前半3F35.8秒で逃げれば、そりゃ止まらないよねという意見がある一方で、今週の東京ダートは逃げ馬にとってかなり厳しい設定であり、それを考えればやっぱりインティは強いなという印象。今週は、本当に判で付いたように逃げ馬が3着に収まるケースが非常に多く、結局、逃げ切ったのはこの馬だけでしたから。

インティについては、これまでの回顧コラムで書いた通りです。なかなか珍しい“目に見えて強い馬”。つまり、ラップ、時計で強さをストレートに表現するタイプの馬。言い換えれば、「客観性のある強さ」です。

今回に関しても、展開利や色々と恵まれたという評価が出そうですが、手元の計算で+1.3秒という時計の掛かる馬場で1.35.6秒は水準以上の時計ですし、緩い前半にも関わらず全体時計を押し上げたのは、ひとえにインティの力に他なりません。

ちなみに、同じく序盤がスローで流れた14年(勝ち馬コパノリッキー)と比較すると……

14年 1.36.0 前半4F48.0秒 後半4F48.0 馬場差+0.9秒
19年 1.35.6 前半4F48.0秒 後半4F47.6 馬場差+1.3秒

単純計算で、14年のコパノリッキーより0.8秒前にいることになります。同じスローで流れたレースでも、数字上の価値は今年の方が断然高いといえます。
もちろん、周りが強いインティに強い競馬をさせてしまったという点はあると思います。揉まれたらどうなるかはまだ未知のままですし、玉砕覚悟でハナを叩きにくる馬がいたらどうなるかは分かりません。

ただ、これはいつも言うことですが、強い逃げ馬というのは、そもそも競りかけられないし、揉まれないんですよね。そういうケースを想像するだけ無駄で、終わってみたらいつもと同じ楽逃げ切りというケースは非常に多いです。
理由はこれもいつも言っているとおり。競馬は1VS他の構図でやるわけではないので、1頭を徹底的に負かしたところで、他の馬に利を攫われたら何の意味もないからです。結果、競りかけるだけ損、邪魔したところで他馬に漁夫の利を攫われるだけなら、黙ってペースに乗っかりましょうという結論に至ります。
これは、決して積極性の欠如ではありません。競馬というゲームの性質上、当然の帰結です。だから、強い逃げ馬は厄介なんです。

2着ゴールドドリームも立派です。完全に相手の土俵で戦っているわけですから、負けるのは仕方ない。よく差を詰めていると思います。この馬もやはり強い馬です。


第54回京都牝馬S(GⅢ)
1着デアレガーロ
2着リナーテ
3着アマルフィコースト

ラップ:
12.2-11.2-11.3-11.6-11.8-11.0-11.9
時計:1.21.0

注目血統として強調していたマンハッタンカフェ産駒デアレガーロが勝利。単勝3620円、複勝1000円……さすがに目の前が真っ白になりました。正直、ここまで人気がないとは全く想像しておらず、確定後のオッズを見てゾッとしました。

とはいえ、今回はデアレガーロが悪いというより、ハーレムラインの方に未知の魅力を感じていたので、ご参考いただいた方には申し訳ない限りですが、個人的には納得しています。
いずれにしても、1400重賞におけるマンハッタンカフェ産駒の破壊力を改めて証明したこのレース。今後も、この血統傾向は忘れずに覚えておきたいところです。

それにしても、デアレガーロは+32キロでの重賞勝利。ここまで大きな馬体増で勝った馬はちょっと記憶にありませんが、それだけ急成長していたということでしょうか。それと同時に、改めて育成技術の進歩に驚かされます。
レース自体も、馬場の真ん中より外が伸びる今の京都芝コースを正確に把握した巧みなレース運びが光りました。

その馬場を考えると、3着アマルフィコーストはちょっと信じられないレベルの頑張り。相当な荒れ馬場巧者なのでしょう。今後もこういった馬場設定では注意が必要です。

休み明けだったエイシンティンクルは、もっと時計の出る綺麗な馬場の方に適性があるタイプ。この日の馬場では持ち味の半分も出せなかったと思います。この後、無事に使えるようなら見直しが必要です。


第69回ダイヤモンドS(GⅢ)
1着ユーキャンスマイル
2着サンデームーティエ
3着カフェブリッツ

ラップ:
13.3-11.6-11.9-12.3-13.0-12.4-12.7-13.8-13.3-13.1-13.0-12.6-12.1-12.0-11.3-11.4-11.7
時計:3.31.5

勝ったユーキャンスマイルは、ここでは力が違うといった圧巻の内容。4角で最後方に下がったところではどうしたことかと思いましたが、内に進路を取ると、周囲を跳ね除けるような力強い脚でアッサリ抜けてしまいました。長距離馬としての資質はかなり高いタイプなので、これは(手薄な)天皇賞・春路線ではトップグループに躍り出たと考えていいでしょう。

ただ、お世辞にもレベルが高いとはいえなかったメンバー構成とレース内容。特殊条件ゆえに格下馬にも十分チャンスがあるレースとはいえ、2着サンデームーティエは1000万でも大敗を続けていた馬。長距離に対する適性を隠していたというより、ユーキャンスマイル以外の馬がちょっとダラしなかったかなと。

いつも言っていることですが、長距離を走れるくらいのスタミナがなければ、本当に強い馬は産まれません。その意味で、長距離路線の衰退は、10年、20年のスパンで見た場合、競馬界全体の著しいレベル低下に繋がりかねません。
今回のダイヤモンドSで、いかに長距離路線がアルバート、フェイムゲームといったお馴染みの馬に支えられてきたかハッキリしました。今後が少し心配になるレースとなってしまいました。


第53回小倉大賞典(GⅢ)
1着スティッフェリオ
2着タニノフランケル
3着サイモンラムセス

ラップ:
12.2-11.1-12.3-12.0-11.8-11.9-11.7-11.6-12.1
時計:1.46.7

マルターズアポジーの出遅れという波乱含みの始まりとなった小倉大賞典。もっとも、マルターズアポジーに関しては、前走後の福永騎手のコメントで「ゲート内の駐立が悪くて……」と出ており、しかも、確かに出てから一完歩目に微妙に躓いています。後になって思えば、こういう危険性も多少はあったのかもしれません。

その出遅れを見て、機を見るに敏、果敢にハナを切ったサイモンラムセスの判断は見事でした。大逃げに見えて、実は序盤はそう無理なペースでもなく、結果的に序盤の貯金が最後の踏ん張りに繋がりました。

勝ったスティッフェリオは、これで小回りコース【5-1-1-3】、物凄い適性ですね。一時は北海道シリーズに好走が偏っていたので、滞在が合うタイプかと見ていましたが、根本的に小回りのコーナー4つに滅法強いのでしょう。

2着タニノフランケルは、自分の形でレースを進めましたが、組み立ては難しかったでしょうね。相手を絞りにくいメンバー構成だったので、仕掛けのタイミングが図りにくい。そこに来て、やはり小倉巧者の川田騎手はさすがだったと思います。