FC2ブログ

Category Archives : 展望

大阪杯展望 - 2020/04/04(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはクロノジェネシス、ダノンキングリー、ジナンボー、ラッキーライラック、ロードマイウェイ。ここからダノンキングリーをトップ評価とします。ほんとは本命とします、としたんですけど強い馬がいますからね」 [第1408回 G1昇格4年目の大阪杯を占う ]本稿執筆時点では枠順や馬場状態がわからないので近2走の成績をベースに有力馬を探っていくことにす...
高松宮記念展望(補足版) - 2020/03/29(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「私の№1はアウィルアウェイ」[第1406回 枠順とリピーターに注意! 高松宮記念を分析する ]上位人気はタワーオブロンドン、グランアレグリア、ダノンスマッシュの3頭だろう。ただし、昨秋のスプリンターズSを勝利しているタワーオブロンドンは1200m戦では一番安定しているが、ダノンスマッシュは昨年の高松宮記念で1番人気に支持されながら4着、グランアレグリアは初...
スプリングステークス展望 - 2020/03/21(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはサクセッション」[第1404回 皐月賞へのチケットを手にする馬は? スプリングS分析 ]スプリングSは近年、前走500万条件(現1勝クラス)出走馬の活躍が目立ち、特に3番人気以内で勝ち上がってきた馬が好成績を残している。今年のメンバーでこれに該当するのはファルコニア1頭だ。デビュー2戦は連続2着だったが、2走前の未勝利戦、そして前走・あす...
フィリーズレビュー展望 - 2020/03/14(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「桜花賞に出ても上位に来れないような馬が勝ちそうなレースですが、ルーチェデラヴィタは頑張って欲しい」[第1402回 芝1400m実績が重要なフィリーズレビューを展望 ]今年のフィリーズレビューは、フルゲート18頭のところに26頭が出走登録。このなかから、先に見たデータで好走例が多い「馬体重440キロ以上」「前走5番人気以内」「前走芝1400、1600m」に合致する馬を挙...
チューリップ賞 展望 - 2020/03/06(Fri)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはマルターズディオサ」[田中正信さん ]クラヴァシュドール、レシステンシア、チェーンオブラブ、ウーマンズハート、イズジョーノキセキ、マルターズディオサ[重賞データ分析]上位評価:レシステンシア、クラヴァシュドール、チェーンオブラブの順以下は、マルターズディオサ、ウーマンズハート、スマイルカナ、ショウリュウハルという評価順[単勝二頭流]チ...
フェブラリーステークス展望 - 2020/02/22(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良かったのがアルクトス、インティ、サンライズノヴァの3頭。私の本命はアルクトス」[第1396回 ダート頂上決戦を制する馬は? フェブラリーS分析 ]フェブラリーSは表1で挙げたように、まず1~2番人気馬への注目が欠かせないレースで、今年は恐らくモズアスコットとインティの2頭がその支持を受けそうだ。モズアスコットは前走・根岸Sを優勝。一方、昨年の覇者...
京都記念展望 - 2020/02/15(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのは、クラージュゲリエ」[第1394回 「遅い時計」への対応がカギを握りそうな京都記念を展望する ]今年の京都記念も出走登録10頭と落ち着いた頭数で行なわれることとなった。また、先週までのレース結果を見る限り、今年の京都芝も時計のかかる状態になっている。週末にかけて雨が降りそうな予報も出ており、表3や4で確認した遅い時計への対応力は今年も重...
東京新聞杯展望 - 2020/02/08(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「マイラーはバランスのいい馬が多いので良く見えるんですが、私の一番はプリモシーン」[「虎の子」の一頭 ] 先週開幕した東京芝は水捌けが良く、路盤の状態も絶好。週中の雨量が非常に多かったにかかわらず、軽めの馬場コンディションに回復していた。 軽く走りやすいコンディションなので高速上がりを使うことも可能。脚があれば届くため、極端なトラックバイアスは発...
根岸ステークス展望 - 2020/02/01(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けてる馬はいません」としましたが掲載馬6頭の中で唯一ほめたのがワンダーリーデル「ワンダーリーデル:7歳とは思えないいい体をしています。1400Mがベスト距離だと思うので通用しそうです。」[第1390回 フェブラリーSの前哨戦! 根岸Sを分析する ]1番人気に推されそうなのが前走カペラSを勝利したコパノキッキング。昨年もカペラSからの臨戦で根岸Sを制...
AJCC展望 - 2020/01/25(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「狙ってみたいのはラストドラフト」[第1388回 春のG1へ向け好スタートを切る馬は? アメリカJCCを分析する ]過去10年、前走オープン特別組や中央G3組には勝利がなく、今年は前走中央G1組から1着候補を選びたい。その筆頭格はスティッフェリオ。前走・有馬記念はリスグラシューに3.5秒も離された13着大敗を喫したが、これは厳しい展開の中でも積極的に前を追っ...
京成杯展望 - 2020/01/18(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「将来性ならスカイグルーヴ、今の状態だけならヒュッゲ、このレースならと思わせるロールオブサンダー」[狩野雄太さん]京成杯のポイント京成杯(G3、中山芝2000m)は、コーナー4つの1800m~2000mで連対した経験が重要。2015年以降の3着以内15頭のうち12頭がクリアしていて、5番人気以下も5頭含まれている。中でも直線に坂のある中山、阪神内回りで自身の上がりが34.5秒より...
フェアリースS展望 - 2020/01/13(Mon)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けて良く見える馬はいません」[狩野雄太さん]フェアリーSのポイント毎年のように波乱になるフェアリーステークス(G3、中山芝1600m)。東京など広いコースだけ着順の良かった人気馬が、中山に替わってパフォーマンスを落としていることが大きな要因だ。2019年は1、2番人気がともに東京の経験しかなかった馬で、結果は前走中山で勝っていた馬のワンツー。勝ったフィリアプ...
東京大賞典展望 - 2019/12/28(Sat)
こんにちは東京大賞典の馬券を買うことになったので、私の予想です。◎⑨オメガパフューム ○⑫ゴールドドリーム チャンピオンズカップで本命にしたのがゴールドドリーム 。大きな理由が地方の馬場よりも中央の軽い馬場が得意な馬だというコラムを見たからです。今回は地方の大井評価は下げるべき。オメガパフュームは、中央の軽い馬場よりも地方の重い馬場が得意な馬(石橋さんのコラムから)、この秋3戦目であり勝負はここのはず。②...
有馬記念展望 - 2019/12/21(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「アーモンドアイとレイデオロ。アーモンドアイは感じが変わった、結果どうなのかレースが終わればわかる?レイデオロはデキがいい。ジャパンカップ後アンカツさんが「レイデオロは気持ちが折れとる感じ。前2走から通ずる負け方やった。」と言っているのが気がかり。穴馬にスティッフェリオ、ステイゴールド産ですし前に行けるのは強み。」[第1380回 グランプリ・有馬記念...
朝日杯フューチュリティステークス展望 - 2019/12/14(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けて良く見えた馬はいませんが、キズナ産ビアンフェとエグレムニに注目、タイセイビジョンも気になります」[第1378回 昨年の勝ち馬が海外G1制覇! 朝日杯FSを展望する ]今年の朝日杯FSに登録がある17頭について、「キャリア」「前走の着順とタイム差」および「芝1600m以上」「直線400m以上」「上がり1位」での1着実績の有無をまとめたのが表8である。「芝...
阪神ジュベナイルフィリーズ展望 - 2019/12/07(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けてる馬体の馬はいません。好みになってしまいますが、キズナ産の2頭クリスティとマルターズディオサがいい」[第1376回 ノーザンファームのG1連勝が止まらない!? 阪神JFを占う ]今年はめずらしくフルゲートになりそうもないが、来年のクラシックにつながりそうな興味深いメンバーが揃った。重賞ウイナーのリアアメリア(アルテミスS)とウーマンズハート(新...
チャンピオンズカップ展望 - 2019/11/30(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「これだ、という馬はいないのですが、気になる馬はワンダーリーデル」[第1374回 波乱の目はあるか!? チャンピオンズCを分析する ]1番人気に支持されそうなのはデビューから5連勝の3歳馬クリソベリル。初の古馬との対戦となった前走船橋・日本テレビ盃でも2着ロンドンタウンに4馬身差をつける快勝。昨年のチャンピオンズCを勝利したルヴァンスレーヴと同じく前走で古...
ジャパンカップ展望 - 2019/11/24(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「デキのいい馬は多いですが、ここから写真だけで1着馬を選ぶならレイデオロ。馬券妙味を考えるとユーキャンスマイルは買いたい。ワイド1点でしょうか?」[第1372回 外国馬、天皇賞(秋)上位馬ともに不在のジャパンCを分析する ]牝馬が牡・セン馬を圧倒しているジャパンC(表3)。登録のあったラヴズオンリーユーが回避したため、今年出走する牝馬はカレンブーケド...
マイルチャンピオンシップ展望 - 2019/11/16(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]選べません。[第1370回 上位拮抗の熱戦が期待されるマイルCSを分析! ]それでは最後に、今年のマイルCS登録馬について、G1で1~3着の実績があるか否かに分けて、データから有力と思われる馬を挙げていきたい。 表3の項で確認した通り、過去10年のマイルCSを制した馬はすべてG1で1~3着に入った実績を持っており、本命・対抗級の評価をする馬に関しては特に...
エリザベス女王杯展望 - 2019/11/10(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けて良く見える馬はいませんが、クロコスミア、クロノジェネシス、スカーレットカラーを推します」[ 第1368回 オークス馬が復帰! エリザベス女王杯を占う]まず3歳馬はクロノジェネシスとシャドウディーヴァ、ラヴズオンリーユーがエントリー。先の秋華賞ではクロノジェネシスが優勝。順調度と勢いでは、同馬に軍配が上がる。しかし、春のオークスを制したのはラヴ...
天皇賞秋展望 - 2019/10/26(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「アーモンドアイが私の1番」[第1364回 人気2頭の一騎打ち? それとも!? 天皇賞(秋)を分析する ]人気の中心になりそうなアーモンドアイは前走・安田記念こそ3着に敗れたが、2走前のドバイターフは優勝。そしてサートゥルナーリアは前走・神戸新聞杯が1番人気1着。ともに表9の条件を満たし、馬券候補としては特に減点材料はなさそうだ。ただ、表5~6から、ど...
菊花賞展望 - 2019/10/19(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「??リオンリオンの写真がありません。出ないんですね、本命候補だったのに残念です。秋華賞のウィクトーリアと同じ、やる気が半減します。はい、でも、もう決めましたホウオウサーベルが本命」[第1362回 春の二冠&両トライアルの勝ち馬不在となった菊花賞の行方は? ]今年の菊花賞で前評判が高いのは、皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックス。秋初戦の神戸新聞杯で...
秋華賞展望 - 2019/10/13(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「私の本命予定馬ウィクトーリアは出走しないようですね。でも、もう秋華賞は決めました、サトノダムゼル本命」[第1360回 今年は1番人気が危ない!? 秋華賞を占う ]冒頭にも述べたように今年は桜花賞馬とオークス馬がいないことが早い段階からわかっていた。また、ローズS3着のウィクトーリアも残念ながら故障で引退と、上位人気に支持されそうな馬が次々といなくなっ...
京都大賞典展望 - 2019/10/05(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「これだという馬はいません」[第1358回 前走競馬場別成績に大きな違い! 京都大賞典を分析する ]人気を集めそうなのが前走天皇賞・春で勝ったフィエールマンのクビ差2着だったグローリーヴェイズ。ただし、表4で示したように前走天皇賞・春組は勝ち星がなく、2・3着止まりだ。「能力的に抜けていて、1着間違いなし」というほどの信頼度はないだろう。データ的に狙い...
スプリンターズS展望 - 2019/09/28(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはミスターメロディ」[第1356回 波乱の立役者になる馬は? スプリンターズS分析 ]今年の登録馬は、前走セントウルS組が7頭、キーンランドC組が4頭となった。このうち、特に「穴」として注目したいのは、キーンランドC組(表6)のリナーテだ。今年は【1.2.1.0】、敗れた3戦はすべて重賞で勝ち馬から0.1秒の僅差だった。勝利を挙げた2走前・UHB...
オールカマー展望 - 2019/09/21(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「えらべません」[第1354回 二強対決になるか、それとも? オールカマーを展望する ]今年のオールカマーで人気が予想されるのがレイデオロとウインブライト。いずれもほかの馬より2キロ重い58キロを背負うことになるが、4歳以上の牡馬は斤量が重いほど好成績で、その点は心配しなくていいだろう。 レイデオロは宝塚記念以来。宝塚記念では5着と不本意な結果に終わった...
ローズS展望 - 2019/09/14(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けてよくみえるのはダノンファンタジー」[ 第1352回 本番まで混戦は濃厚か!? ローズSを占う ]登録の段階からフルゲートに満たないことは確定しており、頭数的にもやや寂しいレースだ。冒頭に述べたようにオークス馬・ラヴズオンリーユーがいないため、オッズの予想はやや難しい。それでも前走オークス組が上位人気を占めそうな感じだ。 データ的にはウィクトーリア...
宝塚記念展望 - 2019/06/22(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見える馬が多いですが、リスグラシューが本命候補です」[第1328回 海外帰りは条件が厳しい!? 宝塚記念を占う ]まずは前走天皇賞(春)に出走していた馬は2頭。エタリオウとクリンチャーだ。エタリオウは勝ち馬から1.0秒とやや引き離されてしまったが、許容範囲内の着差。有力馬の1頭と考えたい。一方、クリンチャーは勝ち馬から2.7秒離されており、一変は厳しい...
エプソムカップ展望 - 2019/06/08(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはミッキースワロー」[第1324回 今年も人気馬が中心か? エプソムCを分析する ]今年のエプソムCは登録馬15頭中10頭がオープン特別組。この組は前走芝1800m戦(メイS、都大路S)で3番人気以内かつ3着以内、そして本競走でも3番人気以内に推されることが好走条件になる(表6)。注目は、都大路Sを2番人気で快勝したソーグリッタリングだ。今回も...
安田記念展望 - 2019/06/02(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「これだと言える馬はいません。正直なところ今回はお休みしたいです。」[第1322回 牡牝の4歳強豪が激突する安田記念を展望 ]今年はかなりの高速決着になることも予想されるが、注目の2頭でより影響が大きいのはダノンプレミアムかもしれない。過去の全レースで4角を4番手以内で回っているように、同馬の脚質は先行でほぼ固定されている。そして、表6の項で見た通り...