FC2ブログ

Category Archives : 展望

フェブラリーステークス展望 - 2021/02/21(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはレッドルゼル」[第1499回 JRAで1年最初のG1となるフェブラリーSを読み解く ]根岸S組は今年も7頭がエントリーする最大勢力。表6の項で見た通り、根岸S1~3着と上がり1~4位を満たしておきたいところで、合致するのは1着で上がり2位のレッドルゼル、2着で上がり1位のワンダーリーデルの2頭。ただ、レッドルゼルは距離経験が1400mまで...
有馬記念展望 - 2020/12/26(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「迷いなくフィエールマン」[第1484回 今年最後の大一番・有馬記念を分析する ]過去10年の有馬記念では表3で挙げたように、3歳の牡・セン馬が好成績を残しているが、今年は菊花賞優勝馬や皐月賞上位馬(表6)が不在。そこで3歳牡・セン馬に次いで勝率が高い5歳牝馬(表3)・ラッキーライラックにまず注目したい。エリザベス女王杯連覇や、牡馬相手の大阪杯優勝など...
朝日杯フューチュリティステークス展望 - 2020/12/19(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「ドゥラモンドがいいです。サトノレイナスが連対したのでこちらもという思いです。」[第1482回 芝1600m適性がますます重要になってきた朝日杯FSを読み解く ]阪神に移転した14年以降のデータを元に朝日杯FSの傾向を分析してきたが、表4~6の項で見たように、好走するためには芝1600m実績が重要となる。14年といえばホープフルS(中山芝2000m)がG2になった年...
阪神ジュベナイルフィリーズ展望 - 2020/12/12(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「将来的な伸びしろを考えて見た時、魅力的に映るのはサトノレイナス」[第1480回今年は末脚勝負か!? 阪神ジュベナイルフィリーズを展望する ]TARGET frontier JV区分による前走脚質をもとに、今年のレースを考えていくことにする。なお、「差し」と「中団」の差は前走レースで好走しているかどうかによるもの。「追込」と「後方」の違いも同様だ。前走「逃げ」のなかでは...
チャンピオンズカップ展望 - 2020/12/05(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「ここはクリソベリルです。チュウワウィザードもなかなかいいです。」[第1478回 1強か、逆転か? チャンピオンズCを分析する ]断然の1番人気が予想されるクリソベリルは近2走の帝王賞、JBCクラシックを完勝。川田騎手とのコンビでは7戦7勝と死角らしい死角は見当たらない。また中距離でオメガパフューム、チュウワウィザード以上のパフォーマンスを見せられそうな...
ジャパンカップ 展望・補足あり - 2020/11/28(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「馬体だけで選ばせてもらうとワールドプレミアがトップ、次がデアリングタクトです。」[第1476回 世紀の一戦! ジャパンCを制する馬は? ]表2で挙げたように、牝馬が高勝率を記録するジャパンC。中でも注目したいのは、今年無敗で牝馬三冠を達成したデアリングタクトだ。3歳牝馬は過去10年で4頭が連対しており、いずれもジャパンCと同じ東京芝2400m戦・オークス...
菊花賞展望 - 2020/10/24(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「多分勝つのはコントレイルなんでしょうね。相手はいっぱいいますが、私はヴァルコスかな?」[第1466回 史上初の父子無敗の三冠はなるか! 菊花賞を分析する ]今年の菊花賞には出走18頭のところ29頭の馬がエントリー。このうち、最有力のトライアルである神戸新聞杯に出走していた馬が10頭いて、この組は1~3着だった馬と上がり1、2位だった馬の好走率が高いことは...
秋華賞展望 - 2020/10/17(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「デアリングタクトが勝ちそうですね、相手にはミヤマザクラ」[第1464回 無敗で牝馬3冠達成ならば史上初! 秋華賞を占う ]無敗での牝馬3冠達成がかかるデアリングタクトは、オークス以来の休み明けでの出走になる。これは当初の予定通りで、秋華賞を目標にしっかりと調整されていることだろう。アーモンドアイ、クロノジェネシスと2年連続で休み明けの馬が勝利してい...
スプリンターズステークス 展望 - 2020/10/03(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「クリノガウディーとミスターメロディとモズスーパーフレアとライトオンキューの4頭が良く見えます」[第1460回 前走よりも2走前に注目!? スプリンターズS分析 ]表4にあったように、スプリンターズSは前走中央G2・G3組の好走が多いレースだが、今年の該当馬はほかに減点材料を抱える馬ばかり。そこで、連対率の高い中央G1組からグランアレグリアを筆頭に挙...
宝塚記念展望 - 2020/06/28(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「流石古馬のG1です、馬体では選べません」[第1432回 豪華メンバーが揃う宝塚記念を占う! ]G1馬が8頭エントリーしたことで、有力馬も多い印象だ。まず前走天皇賞(春)組は6頭いる。同レースで最先着を果たしたのはスティッフェリオ(2着)。しかし、過去にG1を勝っていないので続けて好走できるかは微妙なところだ。過去に菊花賞を勝利しているキセキの巻き返し...
安田記念展望 - 2020/06/06(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「アーモンドアイが勝ちそうですが、以前から安田記念でと期待していたダノンキングリーと前走であらためて強いと思ったグランアレグリアに注目しています」[第1426回 豪華メンバーによる一戦 安田記念を分析する ]登録馬17頭のうち、前走の着順・人気のどちらかがふたケタだったのはロードクエストしかおらず、この点からもハイレベルなメンバーであることが伺える。も...
ダービー展望 - 2020/05/30(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見える馬は多いですが、サトノフラッグが馬体からは一番とします。気になる穴馬がヴァルコス」[第1424回 10番人気以下の好走が連鎖中!? 日本ダービーを占う! ]皐月賞馬コントレイルはここまで4戦4勝。3走前に東スポ杯2歳Sを、2歳レコードをマークして5馬身差で圧勝した。昨年は無敗で皐月賞を制したサートゥルナーリアがダービーでは4着に敗れたが、同馬...
ヴィクトリアマイル展望 - 2020/05/17(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「本命はプリモシーン」[第1420回 古馬マイル女王に輝く馬は? ヴィクトリアマイル分析 ]表5にあったように、近年は前走で阪神牝馬Sに出走していた馬の好走が多く、好走確率も高い。今年の同レース2~5着馬のうちG1好走実績を持つ馬(表6)は、4着・ビーチサンバと、5着・ダノンファンタジーの2頭だ。昨秋のローズSではダノンファンタジーが優勝し、2着には...
NHKマイルカップ 展望 - 2020/05/09(Sat)
今回はいつも以上にクソ予想となっております。一番下を見て、それでも見たい時は全部見てください。ごめんなさい。こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「東京マイルというイメージに合った馬体ということでは、後ろが勝った感じのラインベックなのかなと思います。」[第1418回 今年も多彩な顔ぶれが集結! NHKマイルCを分析する ]今年の登録馬でもっとも注目されるのは、2歳女王のレシステンシアだろ...
天皇賞春展望 - 2020/05/02(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けて良く見えた馬はいませんが、1頭選ぶのならエタリオウ」[第1416回 令和最初の天皇賞(春)を制するのはどの馬か!? ]今年もフルゲートに達しない頭数となり、少々寂しいメンバー構成だ。阪神大賞典で連対したユーキャンスマイルとトーセンカンビーナ、日経賞で連対したミッキースワローとモズベッロは申し分ない臨戦過程にみえる。一方、連覇を狙うフィエールマンは...
皐月賞展望 - 2020/04/19(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「ヴェルトライゼンデ、ガロアクリーク、コントレイル、サトノフラッグ、サリオスと5頭も良く見えた馬がいます。牝馬に劣らず牡馬もいい馬がそろいました。レースが楽しみですね」[第1412回 無敗の皐月賞馬誕生か、それとも? ]無敗馬が注目を集める今年の皐月賞だが、近年はここで連勝が途絶えてしまう馬が多く(表3)、全勝にこだわる必要はまったくない。今年の出走...
桜花賞展望 - 2020/04/12(Sun)
あした生まれるブログのファンのみなさん、更新遅れてごめんなさい。馬場状態が降雨によりどう変わるのか、それにより前が有利になるの不利になるのか分かりません。ですから、展望も直前まで待ちたいと思いました。この展望は前日に書いたものです。馬場はこれから大きく変化していくと思います。変更があれば直前に更新します。こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのがデアリングタクトとミヤマ...
大阪杯展望 - 2020/04/04(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはクロノジェネシス、ダノンキングリー、ジナンボー、ラッキーライラック、ロードマイウェイ。ここからダノンキングリーをトップ評価とします。ほんとは本命とします、としたんですけど強い馬がいますからね」 [第1408回 G1昇格4年目の大阪杯を占う ]本稿執筆時点では枠順や馬場状態がわからないので近2走の成績をベースに有力馬を探っていくことにす...
高松宮記念展望(補足版) - 2020/03/29(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「私の№1はアウィルアウェイ」[第1406回 枠順とリピーターに注意! 高松宮記念を分析する ]上位人気はタワーオブロンドン、グランアレグリア、ダノンスマッシュの3頭だろう。ただし、昨秋のスプリンターズSを勝利しているタワーオブロンドンは1200m戦では一番安定しているが、ダノンスマッシュは昨年の高松宮記念で1番人気に支持されながら4着、グランアレグリアは初...
スプリングステークス展望 - 2020/03/21(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはサクセッション」[第1404回 皐月賞へのチケットを手にする馬は? スプリングS分析 ]スプリングSは近年、前走500万条件(現1勝クラス)出走馬の活躍が目立ち、特に3番人気以内で勝ち上がってきた馬が好成績を残している。今年のメンバーでこれに該当するのはファルコニア1頭だ。デビュー2戦は連続2着だったが、2走前の未勝利戦、そして前走・あす...
フィリーズレビュー展望 - 2020/03/14(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「桜花賞に出ても上位に来れないような馬が勝ちそうなレースですが、ルーチェデラヴィタは頑張って欲しい」[第1402回 芝1400m実績が重要なフィリーズレビューを展望 ]今年のフィリーズレビューは、フルゲート18頭のところに26頭が出走登録。このなかから、先に見たデータで好走例が多い「馬体重440キロ以上」「前走5番人気以内」「前走芝1400、1600m」に合致する馬を挙...
チューリップ賞 展望 - 2020/03/06(Fri)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのはマルターズディオサ」[田中正信さん ]クラヴァシュドール、レシステンシア、チェーンオブラブ、ウーマンズハート、イズジョーノキセキ、マルターズディオサ[重賞データ分析]上位評価:レシステンシア、クラヴァシュドール、チェーンオブラブの順以下は、マルターズディオサ、ウーマンズハート、スマイルカナ、ショウリュウハルという評価順[単勝二頭流]チ...
フェブラリーステークス展望 - 2020/02/22(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良かったのがアルクトス、インティ、サンライズノヴァの3頭。私の本命はアルクトス」[第1396回 ダート頂上決戦を制する馬は? フェブラリーS分析 ]フェブラリーSは表1で挙げたように、まず1~2番人気馬への注目が欠かせないレースで、今年は恐らくモズアスコットとインティの2頭がその支持を受けそうだ。モズアスコットは前走・根岸Sを優勝。一方、昨年の覇者...
京都記念展望 - 2020/02/15(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのは、クラージュゲリエ」[第1394回 「遅い時計」への対応がカギを握りそうな京都記念を展望する ]今年の京都記念も出走登録10頭と落ち着いた頭数で行なわれることとなった。また、先週までのレース結果を見る限り、今年の京都芝も時計のかかる状態になっている。週末にかけて雨が降りそうな予報も出ており、表3や4で確認した遅い時計への対応力は今年も重...
東京新聞杯展望 - 2020/02/08(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「マイラーはバランスのいい馬が多いので良く見えるんですが、私の一番はプリモシーン」[「虎の子」の一頭 ] 先週開幕した東京芝は水捌けが良く、路盤の状態も絶好。週中の雨量が非常に多かったにかかわらず、軽めの馬場コンディションに回復していた。 軽く走りやすいコンディションなので高速上がりを使うことも可能。脚があれば届くため、極端なトラックバイアスは発...
根岸ステークス展望 - 2020/02/01(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けてる馬はいません」としましたが掲載馬6頭の中で唯一ほめたのがワンダーリーデル「ワンダーリーデル:7歳とは思えないいい体をしています。1400Mがベスト距離だと思うので通用しそうです。」[第1390回 フェブラリーSの前哨戦! 根岸Sを分析する ]1番人気に推されそうなのが前走カペラSを勝利したコパノキッキング。昨年もカペラSからの臨戦で根岸Sを制...
AJCC展望 - 2020/01/25(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「狙ってみたいのはラストドラフト」[第1388回 春のG1へ向け好スタートを切る馬は? アメリカJCCを分析する ]過去10年、前走オープン特別組や中央G3組には勝利がなく、今年は前走中央G1組から1着候補を選びたい。その筆頭格はスティッフェリオ。前走・有馬記念はリスグラシューに3.5秒も離された13着大敗を喫したが、これは厳しい展開の中でも積極的に前を追っ...
京成杯展望 - 2020/01/18(Sat)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「将来性ならスカイグルーヴ、今の状態だけならヒュッゲ、このレースならと思わせるロールオブサンダー」[狩野雄太さん]京成杯のポイント京成杯(G3、中山芝2000m)は、コーナー4つの1800m~2000mで連対した経験が重要。2015年以降の3着以内15頭のうち12頭がクリアしていて、5番人気以下も5頭含まれている。中でも直線に坂のある中山、阪神内回りで自身の上がりが34.5秒より...
フェアリースS展望 - 2020/01/13(Mon)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「抜けて良く見える馬はいません」[狩野雄太さん]フェアリーSのポイント毎年のように波乱になるフェアリーステークス(G3、中山芝1600m)。東京など広いコースだけ着順の良かった人気馬が、中山に替わってパフォーマンスを落としていることが大きな要因だ。2019年は1、2番人気がともに東京の経験しかなかった馬で、結果は前走中山で勝っていた馬のワンツー。勝ったフィリアプ...
東京大賞典展望 - 2019/12/28(Sat)
こんにちは東京大賞典の馬券を買うことになったので、私の予想です。◎⑨オメガパフューム ○⑫ゴールドドリーム チャンピオンズカップで本命にしたのがゴールドドリーム 。大きな理由が地方の馬場よりも中央の軽い馬場が得意な馬だというコラムを見たからです。今回は地方の大井評価は下げるべき。オメガパフュームは、中央の軽い馬場よりも地方の重い馬場が得意な馬(石橋さんのコラムから)、この秋3戦目であり勝負はここのはず。②...