FC2ブログ

Category Archives : 考察

非公開・日曜のレース - 2020/07/04(Sat)
田中正信さん ラジオNIKKEI賞の追い切り注目馬 ■7月5日(日)福島競馬場 芝1800m ハンデラジオNIKKEI賞(GIII)■5枠5番サクラトゥジュール厩舎:堀宣行(美)騎手:石橋脩馬主:(株)さくらコマース生産:谷岡牧場どの厩舎にも存在する核となる調整パターン。堀厩舎にも当然ながらある。だが今回、この陣営から出走してくる2頭は、珍しいことにこのパターンからは完全に外れた調整となっている。否、外さざるをえなかった。ただ別欄...
非公開・石橋さんと亀谷敬正さん - 2020/07/03(Fri)
亀谷敬正さん【ラジオNIKKEI賞】日本では非主流の血統馬も走りやすい米国的な持続力が要求されるこの季節の福島芝 先週の宝塚記念は父が非サンデー系で「欧州型」の馬が1、2着。(国別血統タイプはスマート出馬表を参照) 誰が見てもわかる反主流のタフな馬場。クラシックレースが行われない芝2200mで東京コースよりもかなり直線が短い阪神内回り。日本の主流血統、主流条件でこそ力を発揮していた馬は、ほとんど能力を出すことが...
非公開・土曜のレース - 2020/07/03(Fri)
競馬コラム「水島晴之の単複で買え」ミスニューヨークで勝負だ/松島特別福島10R (3)ミスニューヨークで勝負だ。前走の白百合S(3着)はスローペースで届かなかったが、ゴールまで止まらずに伸びた脚には見どころがあった。小倉で未勝利を勝った時は、出遅れて最後方になったが、3角過ぎから馬群の大外をまくって差し切った。長くいい脚を使う脚質は福島に合う。スタートが決まれば好位差し、悪ければまくり。どちらでも力は出...
非公開・今週の考察3 - 2020/07/02(Thu)
田原基成さん クリノガウディーほか、2020CBC賞出走予定馬16頭分析 ・アウィルアウェイ芝1200mで掲示板を外した2戦はいずれも左回り。右回りの芝1200mでは1.3.1.4.1着と抜群の安定感を誇る馬だ。鞍上には阪神芝1200mで【4-0-1-6】複勝率45.5%の川田将雅を配置。侮れない。・アンヴァル阪神芝では【0-0-0-5】。間隔があくと凡走する傾向もあり、苦戦は免れられないだろう。・エイシンデネブ5連対中4連対が直線平坦コース。3勝を挙...
非公開・今週の考察2 - 2020/07/01(Wed)
栗山求コラム「血統の裏庭」 ​ラジオNIKKEI賞(G3)血統的考察 ​ 先週の宝塚記念(G1)は牝馬△クロノジェネシスが豪快に抜け出し、キセキに6馬身の大差をつけて圧勝した。秋華賞(G1)以来となる2つめのG1制覇で、重賞は4勝目。1~3着馬は外枠だったこともあり、馬場の悪いインコースではなく終始外を回り、いずれも前半に中団以下に控えていた馬だった。勝ち馬はこの条件に当てはまり、なおかつ道悪の鬼だったため、G1レースにおける記...
非公開・今週の考察1 - 2020/06/30(Tue)
水上学の血統トレジャーハンティング【ラジオNIKKEI賞】秋の実りを夢見て【今週のポイント】3歳限定のハンデ重賞は、このラジオNIKKEI賞だけ。ハンデ戦であることに賛否の声はあるが、個人的にはこのレースだけなのだから、個性として残すべきだと考える。レース体系にはバリエーションがあった方がいい。年によっては、秋に菊花賞路線、あるいはマイル路線へと転じてG1を賑わせる馬が出ることもあり、上半期終了直後と言っても、...
ラジオNIKKEI賞 YouTube動画 - 2020/06/29(Mon)
こんにちは先週も紹介しましたYouTube動画M'sチャンネル (エムズチャンネル)さま、今週も覗いて見ました。先週は宝塚記念 2020消去データ該当馬サートゥルナーリア、ラッキーライラック、クロノジェネシス、グローリーヴェイズ結果はクロノジェネシス1着でした。今週はラジオNIKKEI賞2020消去データ該当馬パンサラッサ、ルリアン、グレイトオーサー、アルサトワ...
非公開・日曜のレース - 2020/06/27(Sat)
田中正信さん 宝塚記念の追い切り注目馬 ■6月28日(日)阪神競馬場 芝2200m 定量宝塚記念(GI)■2枠3番グローリーヴェイズ厩舎:尾関知人(美)騎手:D.レーン馬主:(有)シルクレーシング生産:レイクヴィラファームこの馬の今回のポイントは非常に明確である。ドバイ中止の影響が残っているかどうか。確かにレースは行われていない。その分の消耗はなかったと言えよう。ただし、それ以外の負担というのは洩れなく受けているのであ...
非公開・石橋さんと亀谷敬正さん - 2020/06/27(Sat)
重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner【宝塚記念】毎年のように波乱決着を演出している激走ポイント上半期最後のG1・宝塚記念は、なんと1番人気が5連敗中。過去10年でも【2.4.1.3】と勝ち切れていません。 今年はG1馬が8頭も参戦と目移りしてしまいそうですが、いかなる時でも注目すべき“激走ポイント”を覚えておいてください。 それは《枠順》です。過去10年の枠番別成績をご覧ください。 ■1枠【1.1.4.10】■2枠【1.1.2....
非公開・土曜のレース - 2020/06/26(Fri)
栗山求さん函館11R 湯の川温泉特別 芝1200m 2勝クラス ハンデ ◎16カステヘルミ○15シルヴェーヌ▲8シゲルベンガルトラ△10デルマカトリーナ△12ショウナンマッシブ△13ベッラヴォルタ <見解>◎カステヘルミは「ブラックタイド×パラダイスクリーク」という組み合わせ。秋の中山開幕週に芝1200m1分07秒2という速い時計を出したことがあるが、パワーに秀でたブラックタイド産駒でアメリカ血統の乏しい血統構成なので、基本的には少し時計...
非公開・今週の考察3 - 2020/06/24(Wed)
【宝塚記念】美浦・栗東レポート【宝塚記念】栗東レポート クロノジェネシス斉藤崇史調教師のコメントは以下の通り。「(今日は)3頭併せで前の馬を見ながら、折り合いと馬の脚捌きとかを確認しながら、最後の直線は並んできてほしい、という指示だったんですけど、いい併せ馬ができたんじゃないかなと思います。最後は並んでちょっと抜けるくらいの感じでゴールしたんじゃないかと思いますけど、動きもいいと思いますし、仕上が...
非公開・今週の考察2 - 2020/06/23(Tue)
「虎の子」の一頭・馬場虎太郎タフな馬場のBコースで行われる宝塚記念で馬場に恵まれる馬 今開催、阪神芝内回り2000~2200mは8レース行われた。うち6レースのトラックバイアスは「前有利」。連対した16頭のうち9頭。勝ち馬8頭のうち6頭が最初のコーナーを3番手以内で通過。4番手以下から3着内に好走した12頭のうち8頭は4枠より内だった。 今開催の阪神芝は、開催前半から緩い状態。開催中に雨の影響をうけていた日も多かった。路...
宝塚記念 YouTube動画 - 2020/06/22(Mon)
こんにちは先週も紹介しましたYouTube動画M'sチャンネル (エムズチャンネル)さま、今週も覗いて見ました。先週は函館スプリントS 2020消去データ該当馬ダイアトニック、ライトオンキュー、フィアーノロマーノ、エイティーンガール結果はダイアトニック1着でした。今週は宝塚記念 2020消去データ該当馬サートゥルナーリア、ラッキーライラック、クロノジェネシス、グローリーヴェイズ...
非公開・今週の考察1 - 2020/06/21(Sun)
採れたて!トレセン情報競馬サークル情報通の独り言【プレミア公開】宝塚記念(G1)リミット近く、何としてもこのタイトルを!2001年の厩舎開業から20年間で18頭のGⅠ馬を育て上げてきた角居勝彦調教師。数年前に発表された通り、実家の宗教団体の仕事を継ぐために2021年2月を以て調教師を勇退して厩舎を畳む意向を示しており、そのリミットまではもう1年を切っている。 角居厩舎で調教助手を務めていた吉岡辰弥師は今年3月に厩舎...
非公開・日曜のレース - 2020/06/20(Sat)
田中正信さん ユニコーンSの追い切り注目馬 ■6月21日(日)東京競馬場 ダ1600m 別定ユニコーンS(GIII)■1枠1番デュードヴァン厩舎:加藤征弘(美)騎手:M.デムーロ馬主:(株)スリーエイチレーシング生産:下河辺牧場初芝の2走前で大敗しダートに戻した前走でハイパフォーマンスという一連の流れを見ると、まるで芝は全く駄目な純粋なダート馬かのように思われているかもしれない。確かに実際の適性に関しては何ともいえない。た...
非公開・石橋さんと亀谷敬正さん - 2020/06/19(Fri)
重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner【ユニコーンS】打倒カフェファラオ!逆転候補を狙う激走ポイントユニコーンS(G3)は、中央・地方交流G1の活躍馬を数多く輩出している注目レース。 今年のメンバーだと圧巻の内容で2連勝中のカフェファラオが中心視されることでしょう。 前走のヒヤシンスSはスタートで大きく出遅れながら、直線だけの競馬で豪快に差し切る強い内容でした。 しかし、『凄い勝ち方をしているからココも...
非公開・土曜のレース - 2020/06/19(Fri)
田中正信さん 三宮Sの追い切り注目馬 ■6月20日(土)阪神競馬場 ダ1800m ハンデ三宮S(OP)■1枠1番ジュンヴァルカン厩舎:友道康夫(栗)騎手:藤井勘一郎馬主:河合純二生産:ノーザンファーム一時期はかなり勢いのあった馬なのだが、気難しさも影響してか、あまり出世できずにここまできてしまった。父がネオユニヴァース。一度軌道からそれると、なかなか立て直しが難しい血統ではある。ただ今回はいい。年齢的にピーク時に肌ツ...
非公開・今週の考察3 - 2020/06/18(Thu)
栗山求コラム「血統の裏庭」 ​ユニコーンS(G3)血統的考察 ​ 先週のエプソムC(G3)はダイワキャグニー(9番人気)が2番手追走から抜け出した。不良馬場が明暗を分けたレースで、人気馬は総崩れとなり、1~3着馬は9、5、18番人気。3連単は421万円の大穴だった。勝ち馬は以前、道悪を苦手としていたが、心身の成長とともにこなせるようになっていたということだろう。内田騎手の積極的な騎乗と、前走比16kg減で馬体が絞れていたのも良か...
非公開・今週の考察2 - 2020/06/17(Wed)
栗山求コラム「血統の裏庭」 ​ユニコーンS(G3)血統的考察 ​ 先週のエプソムC(G3)はダイワキャグニー(9番人気)が2番手追走から抜け出した。不良馬場が明暗を分けたレースで、人気馬は総崩れとなり、1~3着馬は9、5、18番人気。3連単は421万円の大穴だった。勝ち馬は以前、道悪を苦手としていたが、心身の成長とともにこなせるようになっていたということだろう。内田騎手の積極的な騎乗と、前走比16kg減で馬体が絞れていたのも良か...
非公開・今週の考察1 - 2020/06/16(Tue)
水上学の血統トレジャーハンティング【ユニコーンS】砂の若武者晴れ舞台【今週のポイント】個人的には、G2に格上げしてダービーと同日開催してもいいくらいにずっと考えているユニコーンステークス。もちろん陣営の目標はここで好走して、大井のジャパンダートダービーなのだろうが、中央での3歳馬のダート頂点の位置づけも、もう少し高めていいのでは。今年は鳳雛ステークス上位馬こそ不在だが、もう1つの主流前哨戦である青竜ス...
函館スプリントS  YouTube動画 - 2020/06/15(Mon)
こんにちは先週も紹介しましたYouTube動画M'sチャンネル (エムズチャンネル)さま、今週も覗いて見ました。先週はエプソムカップ 2020消去データ該当馬サトノアーサー結果はサトノアーサー6着でした。今週は函館スプリントS 2020消去データ該当馬ダイアトニック、ライトオンキュー、フィアーノロマーノ、エイティーンガール...
非公開・日曜のレース - 2020/06/13(Sat)
田中正信さん エプソムCの追い切り注目馬 ■6月14日(日)東京競馬場 芝1800m 別定エプソムC(GIII)■2枠3番ギベオン厩舎:藤原英昭(栗)騎手:戸崎圭太馬主:(有)社台レースホース生産:社台ファーム3歳時にはG1好走も、その後はパッとしない成績が続く同馬。何の抵抗もすることなく失速した前走の負け方を見ると、早くも枯れ初めているのかなと疑いたくなる気持ちも解らなくはない。だが、その決断を下すのは今回のレース振りを...
非公開・土曜のレース - 2020/06/12(Fri)
田中正信さん ジューンSの追い切り注目馬 ■6月13日(土)東京競馬場 芝2400m ハンデジューンS(3勝クラス)■2枠3番レオビヨンド厩舎:高柳大輔(栗)騎手:北村宏司馬主:(株)レオ生産:中島牧場初勝利はダートだったように、3歳のころはとにかく切れがなかった。走りがもっさりとしており、まだ体を上手に使えていなかった印象。それが昨年秋あたりから、体がうまく連動して推進力を生むフォームに変わってきている。それに伴い、...
非公開・石橋さんと亀谷敬正さん - 2020/06/12(Fri)
重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner【エプソムC】今年もいた!ファンが知らない穴馬の《激走ポイント》エプソムC(G3)には、今後に向けて賞金加算を目論む馬や、G1を見送り“名より実を取った”陣営など、様々な立場の馬が参戦してきます。 前走で馬券外に沈んだ馬が過去5年で【3.2.2.41】と巻き返している傾向もあるため、今年も頭を悩ませるファンの方は多いのではないでしょうか。 どうしてもメンバーの能力比較に目が...
非公開・今週の考察3 - 2020/06/11(Thu)
データde出~た 第1428回 マーメイドSで波乱を演出する馬は?中央競馬で行われている「牝馬限定のハンデ重賞」は中山牝馬S、マーメイドS、愛知杯、そして2015年に重賞に昇格したターコイズSの4競走。いずれも3連単100万馬券以上を記録したことがあり、荒れ模様のレースばかりだ。今週、阪神競馬場で行われるのはマーメイドS。JRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用して、波乱の立役者になり得る馬を探ってみたい。■表...
非公開・今週の考察2 - 2020/06/10(Wed)
栗山求コラム「血統の裏庭」 ​エプソムC(G3)血統的考察 ​ 先週の安田記念(G1)は中団から伸びた△グランアレグリア(3番人気)が◎アーモンドアイ(1番人気)の追撃を抑えて快勝。桜花賞(G1)以来久々となるG1を制覇した。中距離や長距離と違い、マイルG1は大きな差がつくことは稀で、今回の「2馬身半差」は1990年以降、2位タイに相当するもの。上がり33秒7もメンバー中最速で、フロックでも何でもなく勝ち馬の強さが目立ったレースだった...
非公開・今週の考察1 - 2020/06/09(Tue)
水上学の血統トレジャーハンティング【エプソムC】飛躍の前の力試し【今週のポイント】宝塚記念は残っているが、大本命馬の感動的な強さが見られたオークス、ダービー、逆に完敗に終わった安田記念と続くと、さすがに上半期終了感は否めない。しかし今週のエプソムCは、のちに雄飛したダークシャドウ、ダノンシャーク、ジャスタウェイ、エイシンヒカリなどを連対馬から輩出したレース。将来性の見極めがポイントだし、また去年の1...
エプソムカップ YouTube動画 - 2020/06/08(Mon)
こんにちは先週も紹介しましたYouTube動画M'sチャンネル (エムズチャンネル)さま、今週も覗いて見ました。先週は安田記念 2020消去データ 該当馬アーモンドアイ、インディチャンプ、ダノンキングリー、グランアレグリア、ダノンプレミアム、アドマイヤマーズ結果はグランアレグリア1着、アーモンドアイ2着、インディチャンプ3着でした。今週はエプソムカップ 2020消去データ該当馬サトノアーサー...
非公開・日曜のレース - 2020/06/06(Sat)
栗山求さん東京11R 安田記念(G1) 芝1600m OP 定量 ◎5アーモンドアイ○9アドマイヤマーズ▲2ダノンキングリー△6インディチャンプ△11グランアレグリア△1ダノンプレミアム <見解>◎アーモンドアイは「ロードカナロア×サンデーサイレンス」という組み合わせで、母フサイチパンドラはエリザベス女王杯(G1)を勝ったスタミナタイプ。その影響もあって2000mを超える距離も苦にしないが、ロードカナロア産駒は基本的にはマイル戦がベストで、...
非公開・土曜のレース - 2020/06/05(Fri)
栗山求さん阪神11R 鳴尾記念(G3) 芝2000m OP 別定 ◎6キメラヴェリテ○7ラヴズオンリーユー▲16サトノルークス△4テリトーリアル△15エアウィンザー△12ドミナートゥス <見解>◎キメラヴェリテは「キズナ×コジーン」という組み合わせ。ダートでオープンクラスまで出世したリアンヴェリテ(父ゴールドアリュール)の半弟、という血統背景もありデビューから砂路線に進み、昨年10月に門別競馬場の北海道2歳優駿(Jpn3・ダ1800m)を制した。14...