FC2ブログ

Monthly Archives : 2016/01

データde出~た ・第977回 過去3年の傾向から東海Sを占う - 2016/01/21(Thu)
こんにちは第977回 過去3年の傾向から東海Sを占うhttp://jra-van.jp/fun/ddd/index.html2013年から1月の開催となり、フェブラリーSのプレップレースとしての意味合いを持つようになった東海S。実際、2013年の勝ち馬グレープブランデーは次走でフェブラリーSを制覇している。2014年からは1着馬にフェブラリーSの優先出走権が与えられるようにもなった。そんな東海Sを、現行の条件となった過去3年のレース傾向から占ってみ...
netkeiba「根多のデットーリ」 - 2016/01/21(Thu)
こんにちはディサイファはジェダイか? ラーゼンはスダホークか?http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH07AJCCは、1人気が1着するか着外に敗れるかを吟味し、2人気が3連系の軸に成りえるかを検討し、その答えを正しく出せればだいたい当たる。だから今年も1人気の取捨からアプローチしてみる。1人気の捉え方(過去13年・03-15)■1人気は1着か着外■1人気成績 4-0-0-91人気は負けることの方が多い。買うなら1着。でも...
【AJCC】美浦・栗東レポート - 2016/01/21(Thu)
こんにちは【AJCC】美浦レポート~マイネルフロスト ◯マイネルフロストについて高木登調教師「(前走、初めて逃げる競馬になったが)かなりのスローペースになりましたからね。やむを得ないところだと思います。前走を使って、そこからあまり間隔があいていませんので、馬の調子だけを落とさないように調整してきました。この馬は使うたびに調子を上げてくるので、前走もいい状態だと思い自信をもって送り出しました。ここまで...
【東海S】美浦・栗東レポート - 2016/01/21(Thu)
こんにちは【東海S】美浦レポート~ロワジャルダン ◯ロワジャルダンについて斎藤吉則調教助手「前走のチャンピオンズCは、大外枠からのスタートで下げざるを得ませんでしたが、最後は馬群の中からいい脚で上がってこられたので、内容的には良かったと思います。レース後も疲れはそれほどなく、回復も早かったので、このレースを目標に順調に調整できています。先週は併せ馬で負荷を掛け、今週は併せ馬で反応を確かめる程度でした...
栗山求・血統の裏庭 - 2016/01/21(Thu)
こんにちはアメリカJCC血統的考察 http://www.hicchu.net/column/kuriyama/さて、今週はアメリカJCC(G2・芝2200m)。 別定戦のG2にもかかわらず平穏な決着にはなりづらいレース。 昨年は単勝1.3倍のゴールドシップがまさかの7着に敗れた。 寒い時期の調整の難しさ、 小回りコース特有のまぎれ、といった原因が考えられる。 展開は重要で、昨年はクリールカイザー(4番人気)とミトラ(7番人気)が行った行ったで1、2着となった。...
netkeiba「重賞データ分析」 - 2016/01/21(Thu)
こんにちはレース傾向に「比較的」沿うのはこの2頭!/アメリカJCChttp://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH29【コース総論】中山芝2200m Aコース使用・コースの要所!★6番人気以内と7番人気以下で極端なまでの成績差。軸は前者から選ぶべき。★内枠やや有利の傾向だが過剰人気気味。馬番9~12番に配当的な妙味アリ。★4角を先頭で回った馬など先行勢の強さが目立つ。前重視の姿勢がベター。【レース総論】アメリカJCC(G2)...
netkeiba「血統ビーム的傾向と対策」 - 2016/01/21(Thu)
こんにちは中山芝で注目のロベルトとステイゴールドhttp://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AJ01◆先週までの流れを重視すれば、ステイゴールドとロベルト系に注目せずにはいられません 京成杯を優勝したプロフェットの父はハービンジャー。そして管理するのは池江調教師。昨年のベルーフに続き、池江調教師が管理するハービンジャー産駒が優勝。 プロフェットの母父タニノギムレットはロベルト系種牡馬。昨年末のターコ...
netkeiba「調教Gメン研究所」 - 2016/01/21(Thu)
こんにちはサトノラーゼン、初の坂路での最終追い切りは!?http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AY01【AJCC/サトノラーゼン】 菊花賞の後はノーザンファームしがらきに放牧へ出されており、リフレッシュした状態でここへ向けての調整を進めてきました。これまで挙げた3勝はすべて中4週以内のレース間隔なので、休み明けが得意なタイプでないことは確か。そのあたりは陣営のコメントを見ても、すぐに判断していただける...