FC2ブログ

Monthly Archives : 2016/03

データde出~た ・第989回 1強ムードを打破できるか!? チューリップ賞を分析する - 2016/03/03(Thu)
こんにちは第989回 1強ムードを打破できるか!? チューリップ賞を分析するhttp://jra-van.jp/fun/ddd/index.html今週は土曜に阪神でチューリップ賞、日曜に中山で弥生賞と牝馬・牡馬クラシックのトライアルレースが行われる。弥生賞は朝日杯FSを制したリオンディーズをはじめ、少頭数のメンバーで馬券的な魅力はあまりないだろう。今回は桜花賞トライアルのチューリップ賞をピックアップ。現時点では2歳女王のメジャーエンブ...
netkeiba「根多のデットーリ」 - 2016/03/03(Thu)
こんにちはリオンディーズはエピファネイアか?アルビアーノはキンシャサノキセキか?http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH07今週の弥生賞も上位人気馬で決まりそうなムードだ。3人気まででくくるか、4人気まででくくるか?そこを問われるような気もする。予想では(水曜夜)1人気 リオンディーズ(1.9)2人気 エアスピネル(2.9)3人気 マカヒキ(3.0)4人気 タイセイサミット(15.6)3強+もしかして1そんな感じか。マカヒ...
栗山求・血統の裏庭 - 2016/03/03(Thu)
こんにちは弥生賞血統的考察 http://www.hicchu.net/column/kuriyama/さて、今週は弥生賞(G2・芝2000m)。きさらぎ賞(G3)を楽勝したサトノダイヤモンドが皐月賞戦線で一歩リードしており、 弥生賞(G2)もスプリングS(G2)も使わずに本番に直行することが決定している。2歳チャンピオンが出走してくるとはいえ、 今回はサトノダイヤモンドへの挑戦者決定戦といった趣がある。1番人気が予想されるのはリオンディーズ。 昨年暮れ...
netkeiba「重賞データ分析」 - 2016/03/03(Thu)
こんにちは三強の序列を徹底的に考えるべし!/弥生賞http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH29【コース総論】中山芝2000m Aコース使用・コースの要所!★上位人気馬が順当に強いコース。多頭数でもアタマはかなり堅い。★枠番の内外による成績差は意外なほど小さい。外枠狙いもアリか。★勝率、連対率ともに好位勢が圧倒的優勢も、逃げ切るのは難しい。【レース総論】弥生賞(G2) 過去10年・レースの要所!★1番人気を筆頭...
netkeiba「調教Gメン研究所」 - 2016/03/03(Thu)
こんにちはチューリップ賞、ジュエラーの真価を追い切りでチェック!http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AY01【オーシャンS/ハクサンムーン】 前走スプリンターズS後は、早々に高松宮記念目標を発表し、照準をここに合わせてきました。順調に追い切りを積み重ねていて、2週前追い切り、1週前追い切りが坂路で1F12.1秒、1F11.6秒という伸び。ただ、全体時計が遅く、特に11.6秒という数字に関してはあまりアテにならな...
netkeiba「血統ビーム的傾向と対策」 - 2016/03/03(Thu)
こんにちは弥生賞とは別世界のレースを楽しむhttp://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AJ01◆小倉芝1200m最大の血統の特徴はディープインパクト産駒が… 中山記念は1~3着馬はすべてノーザンファームが生産や育成をした馬。4着もノーザンファーム生産馬。阪急杯も唯一出走したノーザンファーム生産馬が1着。 圧倒的な強さを示すノーザンファーム生産馬には、感心するばかりです。が、ボクの(馬券の)主戦場でもある小倉芝120...
【チューリップ賞】美浦・栗東レポート - 2016/03/03(Thu)
こんにちは【チューリップ賞】美浦レポート~ウインファビラス 畠山吉宏調教師のコメントは以下のとおり。・前走(阪神JF・2着)は好位から前に走っている馬を追いかけて最後までしっかり伸びていますし、2着でも内容はよかったと思います。・この中間の調整はレースの後はコスモビューファームに放牧へ出して、1ヶ月ほどゆっくりして、茨城のビッグレッドファーム鉾田で入厩に向けて調整しました。美浦へは3週ほど前に戻ってきま...
【弥生賞】美浦・栗東レポート - 2016/03/03(Thu)
こんにちは【弥生賞】美浦レポート~イマジンザット 斎藤誠調教師のコメントは以下のとおり。・前走はいろいろなレース登録させてもらって、使うところを吟味しながら考えていたんですけれども、レースが行われた週は東京も京都も雨に祟られて、雨馬場でかわいそうなことをしまして、その上で輸送もありましたので、そのあたりは今後考えていかなければいけないな、と思いました。・弥生賞を決めた経緯オーナーサイドから「使える...