FC2ブログ

Monthly Archives : 2016/11

CLUB A-PAT CAFE - 2016/11/10(Thu)
こんにちは一年の経験が糧となる、シュンドルボンhttp://www.cluba-pat.jp/cafe/blog/west/調教捜査官井内利彰まずは前回担当時の振り返りから。天皇賞(秋)で取り上げたのはステファノスでしたが、最終的に予想で本命を打ったのはルージュバック。レース展開を考えれば、GⅠを勝つチャンスはここしかないと思いましたが、残念ながら毎日王冠のようなペースにはならず、全力を発揮することはできませんでした。馬券的にはステファ...
netkeiba「重賞データ分析」 - 2016/11/10(Thu)
こんにちはチョイ荒れ決着を狙い打つべし!/エリザベス女王杯http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH29【特注データ】~レースデータより~ 牝馬限定G1の「基本」でもあるのが、牝馬限定戦を使われてきた組より、牡馬との混合戦を使われてきた組のほうがアツいということ。昨年連対したマリアライトとヌーヴォレコルト、一昨年の勝ち馬ラキシスなど、この組が毎年のように馬券絡みを果たしている。 なかでも注目すべ...
netkeiba「根多のデットーリ」 - 2016/11/10(Thu)
こんにちはエリザベス女王杯、3着のゆらぎ。もしかしてのゆらぎ。http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH07サイレンシーオ。エリザベス女王杯は静かに買う。そして、静かに当てる。1人気と2人気、どっちが来るかな?来ると思う方を軸にして、7人気まで静かに馬連を買う。エリ女が芝2200になって20年(今年で21年目)。1、2人気のどちらも連対しなかったのは、7年前(1着クィーンスプマンテ)の1度だけ。2連系の相手が8人気以...
データde出~た ・第1062回 当該年の芝2000m以上実績に注目! エリザベス女王杯分析 - 2016/11/10(Thu)
こんにちは第1062回 当該年の芝2000m以上実績に注目! エリザベス女王杯分析http://jra-van.jp/fun/ddd/index.html今週は日曜京都でエリザベス女王杯が行われる。3歳牝馬と古馬牝馬の精鋭が集結する一戦で、昨年はマリアライトが優勝。同馬は今夏の宝塚記念を制する活躍を見せており、今回は連覇を狙って出走を予定している。他にも頂点を狙う強豪が多士済々で、熱戦が期待できそうだ。当コラムでは2006年以降の過去10年のデータ...
水上学のGⅠ血統プロファイリング+MMチャート - 2016/11/10(Thu)
こんにちは水上学のGⅠ血統プロファイリング+MMチャート http://pc.keibalab.jp/special/elizabeth/blood.html過去10年・トレンドジャッジ3歳馬の好走が目立つ。近10年全ての年で3着以内に最低1頭は入っている。5勝・2着4回・3着3回だ。なお近6年、6歳以上は掲示板も載っていない。 古馬にとって有利なステップは、時期によって変化しているが、直近はオールカマーが優勢なようだ。それまでは皆無だったのに、14年ラキシスが1着、...
栗山求・血統の裏庭 - 2016/11/10(Thu)
こんにちはエリザベス女王杯 血統的考察 http://www.hicchu.net/column/kuriyama/さて、今週はエリザベス女王杯(G1・芝2200m)。異なる世代が激突するレースだけに、どの年齢の馬が走っているのかを把握しておくことは重要だ。過去10年間の世代別連対率は以下のとおり。  3歳……17.0%(53戦9連対)4歳……10.0%(50戦5連対)5歳……10.6%(47戦5連対)6歳……7.7%(13戦1連対)7歳……0.0%(5戦0連対)8歳……0.0%(1戦0連対)3歳の成績が優秀で、4歳と5歳...
netkeiba「調教Gメン研究所」 - 2016/11/10(Thu)
こんにちはミッキークイーン「坂路オンリー」の調整過程ではたして状態面は!?http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AY01従来はCWも併用して仕上げるタイプだけに… 今週はジャンプも含めると5重賞が行われる週末。確かに重賞レースは華やかで、気分も高揚しますが、あまり毎週のように、毎開催日に行われていると、それはそれで高級感が薄れてしまうような気がします。そんなことを言ってみても、トレセンで馬を見ている...