FC2ブログ

Monthly Archives : 2017/06

記事(栗山さん) - 2017/06/21(Wed)
こんにちは栗山求さんのコラムです。宝塚記念(G1)血統的考察 さて、今週は宝塚記念(G1・芝2200m)。この時期の阪神は雨に祟られることが多く、13〜15年の宝塚記念は良馬場発表とはいえ週中に降った雨の影響でパンパンの高速馬場ではなかった。昨年は稍重のコンディション。前線が日本列島を通過する影響で今年も火曜日から大量の雨が降っている。週末にかけて天候が回復するとはいえ、土日は一時雨の予報となっており、少々パワーを...
記事(いうちさんとこばやしさん) - 2017/06/21(Wed)
こんにちは井内利彰さんのコラムです。攻め駆けする馬としては少し物足りない内容だったシャケトラ いよいよ、上半期を締めくくる宝塚記念。その最終追い切りが行われた21日でしたが、あいにくの雨。しかも普通の雨ではなく、暴風雨で立っているだけでびしょ濡れになってしまうくらいのひどさでした。 運動場の砂も流れて、濁流ができるくらい。ウッドチップ馬場の状態が悪かったというよりも、雨と風の影響で時計を要する状態。...
【宝塚記念】美浦・栗東レポート - 2017/06/21(Wed)
こんにちは【宝塚記念】美浦レポート~ゴールドアクター 中川公成調教師「天皇賞は、馬にちょっと気が入っていなかったのかなという話をレース後にジョッキーとしていました。思い切り走らなかった分、反動もなかったのかも知れません。競馬のあとも、すぐに息が入っていましたから。 この中間はずっと在厩で調整していました。天皇賞の後はまず疲れを取ってから、ここに向けての調整をして来ました。1週前には横山典弘騎手とも...
記事(スポニチ) - 2017/06/21(Wed)
こんにちは「達眼」【宝塚記念】ゴールドアクター100点!余裕ある充実の立ち姿 今週の日曜は有馬GPホースの復活祭だ。鈴木康弘元調教師がG1出走馬の馬体を診断する「達眼」。第58回宝塚記念(25日、阪神)ではキタサンブラックとともに一昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクターに満点を付けた。達眼が捉えたのは立ち姿の変化。オーダーメードシャツの着こなしのようなゆとりが復活の決め手だ。 【宝塚記念】  6月の第...