FC2ブログ

Monthly Archives : 2017/10

記事(ねた) - 2017/10/12(Thu)
こんにちは今年もちゃぶ台返しを期待していいか? 革命のエチュードは鳴り響くか?先週の3日間開催はいかがでしたか。自分は2日目までギリギリ持ちこたえたものの(毎日王冠でなんとか持ちこたえた)、3日目で危うく立ち上がれないほどのブローを浴びて、気絶しかけた。っていうか、中央競馬は全敗。ボウズは嫌だ!!これは7日に発売になった競馬王11月号のキャッチだけど(netkeibaニュース http://news.netkeiba.com/?pid=news_view...
データでデータ - 2017/10/12(Thu)
こんにちは第1156回 混戦模様の秋華賞を制する馬は? 今週は、牝馬三冠の最終戦・秋華賞が行われる。既にスプリンターズSは終了したが、いよいよここから本格的な秋のG1シーズンの開幕だ。12年のジェンティルドンナや、14年のショウナンパンドラ、そして昨年のヴィブロスなど、後に牡馬相手の大レースを制する馬も優勝馬に名を連ねており、今後へ向けても注目の一戦になる。今年はどの馬が勝利を手にするのか、過去の傾向を分析...
記事(水上さん) - 2017/10/12(Thu)
こんにちは水上学さんの記事です。水上学の血統プロファイリング 過去10年・トレンドジャッジ近年は、故障や回避などで桜花賞馬、オークス馬が駒を進めてこない年も出ている。それでなくとも、桜花賞、オークス時点で重賞勝ちのなかった馬が好走することの多いレースになってきている。2013年以降顕著で、スマートレイアー、リラコサージュ、ショウナンパンドラ、タガノエトワール、マキシマムドパリ、ヴィブロス、パールコード、...
記事(こばやしさん) - 2017/10/12(Thu)
こんにちは小林誠さんの記事です。アテになるのは1頭だけ!/秋華賞【特注データ】~レースデータより~ 秋華賞のデータでもっとも目立つのが、関東所属騎手の不振。関西圏のG1なので関西の騎手に「地の利」があるのは事実だが、トータル[1-2-0-57]で複勝率5.0%、複勝回収率9%という惨憺たる成績だ。最後に勝ったのは2010年の三冠牝馬アパパネで、こちらは当然ながら断然の1番人気。乗り替わり騎乗では全滅と、本気と書いてマジ...
記事(栗山さん) - 2017/10/12(Thu)
こんにちは栗山求さんの記事です。さて、今週は秋華賞(G1・芝2000m)。過去10年間の連対馬20頭のうち15頭がローズS(G2)に出走していた。秋華賞はコーナー4つの京都内回り。トライアルのローズSはコーナー2つの阪神外回り。コース形態はまったく違うものの、両者の結びつきはきわめて強い。ローズSを使って連対した15頭のうち、11頭はそこで馬券になっていた馬で、4着以下に敗れて本番で連対した4頭(ブラックエンブレム、アパパネ、...