FC2ブログ

Monthly Archives : 2017/11

チャンピオンズカップ(GⅠ) 出走馬の「調教後の馬体重」 - 2017/11/30(Thu)
こんにちは12月3日(日曜)に行われる第18回チャンピオンズカップ(GⅠ)の出走馬の調教後における馬体重をお知らせいたします。12月3日(日曜)チャンピオンズカップ(GⅠ)枠 馬番 馬名      馬体重 計量日 計量場所 所属厩舎 (参考)前走馬体重1 1 コパノリッキー   550 11月29日(水曜) 栗東 村山 明  栗東 5371 2 ケイティブレイブ  508 11月29日(水曜) 栗東 目野 哲也 栗東 5032 3 ミ...
データでデータ・第1170回 ダートG1が多数集結! チャンピオンズCを展望する - 2017/11/30(Thu)
こんにちは第1170回 ダートG1が多数集結! チャンピオンズCを展望する 今年のチャンピオンズCには、連覇を狙うサウンドトゥルー、フェブラリーSを制したゴールドドリーム、史上初となる11勝目のG1タイトルを目指すコパノリッキーなど合計7頭のダートG1馬が集結し、楽しみな一戦となった。そんな砂の王者決定戦を、現行の条件となった2014年以降のデータから占ってみたい。JRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用し...
記事(ねた) - 2017/11/30(Thu)
こんにちは1角で小さく叫び、4角で立ち上がって叫びたい。「今までで一番いいレースができました。スタートが遅い馬なのであの位置からになりましたが、意外とペースが流れてしまいました。1回ペースが落ち着いて欲しかったですね。ただ、思った通りの競馬ができて満足してます」(週刊競馬ブックより)ジャパンカップ5着のムーアのレース後コメントだ。実に満足そうだ。JC5着の獲得賞金は3000万円。これは今年アイダホが走ったレー...
【チャンピオンズC】栗東レポート - 2017/11/30(Thu)
こんにちは【チャンピオンズC】栗東レポート~アウォーディー◎アウォーディーについて、松永幹夫調教師・今朝の追い切りですが最後だけはしっかりという指示でいい内容だったと思います。前走を使った後も順調で先週今週としっかり追って、その動きからも使われた上積みを感じます。・前走のJBCは最内枠からのレースでいい位置から運べましたが直線追い出したら伸びを欠いてしまいました。だからと言って大井が苦手というわけ...
【チャンピオンズC】美浦レポート - 2017/11/29(Wed)
こんにちは【チャンピオンズC】美浦レポート~サウンドトゥルー○サウンドトゥルーについて高木登調教師(中3週ですが、中間の様子は?)「前走後の反動は特になく、今月の15日から時計を出し始め、チャンピオンズカップへ向けて順調に来ています」(前走のJBCクラシックは快勝でしたね)「自分で3コーナーから動いてくれて、勝ちに行き、勝ってくれてよかったです」(今朝の最終追い切りの狙いと手応えは?)「良い状態を...
記事(水上さん) - 2017/11/29(Wed)
こんにちは水上学さんの記事です。過去10年・トレンドジャッジまだ中京では3回だけ、血統傾向皆無の難解なレース。他のデータを探ると、この3回、すべて前年の3,4着馬が勝利を飾るという珍現象が続いている。偶然とも言い切れないのは、ダート中距離の頂上決戦ともなると、かなりパワーとスタミナを要求されるので、経験値が必要となるのかもしれない。ローテーション的には、阪神時代からずっと、前走JBCクラシック組が最低1頭は...
記事(栗山さん) - 2017/11/29(Wed)
こんにちは栗山求さんの記事です。チャンピオンズC(G1)血統的考察 ​ さて、今週はチャンピオンズC(G1・ダ1800m)。阪神競馬場で行われていたジャパンCダートが場所とレース名を変更し、14年から中京競馬場のチャンピオンズCとして生まれ変わった。JRAで行われる2つのダートG1のうちのひとつ(もうひとつはフェブラリーS)で、今年もダート界のトップクラスが顔を揃えた。【テイエムジンソク】「クロフネ×フォーティナイナー」という組...
記事(いうちさんとこばやしさん) - 2017/11/29(Wed)
こんにちは井内利彰さんの記事です。JRA最後のレースとなるコパノリッキーの状態は? 先週のジャパンカップ。東京競馬場でビギナーズセミナー関連のお手伝いをさせていただきましたが、ビギナーのお目当ては「キタサンブラック」。本当にこの馬のおかげで今のJRA競馬は盛り上がっている、そんな雰囲気を肌で感じることができました。3着という結果に関して、調教捜査官としては「やっぱり」と「よくあそこまで走れた」の中間くら...
オートバイの部屋 - 2017/11/29(Wed)
こんにちはヤフオクにまたモトグッチが出ています。MOTO GUZZI Le MansⅢ車名:MOTO GUZZI Le MansⅢ (モトグッチ ルマン3) 年式:1986年式 車検:平成30年 9月 走行:32543km(コンディション維持の為多少伸びます) マフラーはラフランコーニ コンペティション リアサスはダイナミック社 K&Nパワーフィルター グッチーノプロデュースのアクセル軽減キットならびにスロットルをトマゼリ社、それに合わせてセルスイッチをホンダに変更...
記事(花岡貴子さん) - 2017/11/29(Wed)
こんにちは花岡貴子さんの記事です。キタサンブラックの蹄鉄と有馬に向けての新たなスタート/ねぇさんのトレセン密着 先週のジャパンカップで3着に入線したキタサンブラック。レース後のわりと早いタイミングで左前が落鉄していたことが報道されていました。わたしはレース後に東京競馬場の出張厩舎でキタサンブラックの様子が極端に疲れてはいかなかったことは確認していましたが、蹄鉄の状態までは把握していませんでした。そこ...
記事(水上さん) - 2017/11/28(Tue)
こんにちは水上学さんの記事です。【チャンピオンズC】リベンジレースか?チャンピオンズC★日曜東京11R ジャパンカップ(G1)◎本命馬 ソウルスターリング 4番人気 7着体重こそ維持できていたが、週末の展望でも書いたように、パドックでもカリカリしており、レース中も行きたがるシーン。直線入って抵抗しそうなそぶりはあったが、そこからは伸びずバテずで流れ込んだだけになってしまった。 牝馬でテンションが上がるのは、メンタル...
記事(須田さん) - 2017/11/28(Tue)
こんにちは須田鷹雄さんのコラムです。7歳馬の扱いをどうするか◆年齢は気になるファクター ダート路線は一度横綱級の地位を獲得した馬がずっとGIレースの上位に居座り続けるというケースが多い。 ただ、どんな馬でもいつかはピークを過ぎるものでもある。芝馬の場合、種牡馬としての価値を意識して早めに上がる=ピークに近いタイミングで引退することもあるが、ダート馬は種牡馬としての付加価値がつかないことも多く、そのため...
記事(スポニチ) - 2017/11/28(Tue)
こんにちは【チャンピオンズC】ケンタッキー90点、傾奇立ち  戦国ダート決戦の覇権を握るのは自慢の怪力!?鈴木康弘元調教師がG1有力馬の馬体を診断する「達眼」。第18回チャンピオンズC(12月3日、中京)では混戦ぶりを象徴するように4頭横並びの最高点(90点)を付けた。中でも達眼を捉えたのは昨年の東京大賞典優勝アポロケンタッキー。伝説の怪力馬になぞらえながら可能性を探った。 【チャンピオンズC】  ...
坂井さんのレース回顧 - 2017/11/27(Mon)
こんにちは坂井千明さんのコラムです。ジャパンCシュヴァルグランは、好スタートを切っていいポジションを取れたし、道中もスムーズに流れに乗れる最高の競馬だった。でも、いつものこの馬なら、勝ち切るまではいかなかったんじゃないかと思う。ゴール前でもうひと伸びが利いたのは、やはり状態面の良さがあってのこと。加えて天皇賞・秋をパスしてここ一本に絞ったローテも奏功したし、キタサンが作り出すよどみないペースも追い...
柏木さんのレース回顧 - 2017/11/27(Mon)
こんにちは柏木収保さんの記事です。一分の隙もない会心の騎乗/ジャパンC◆秋2戦しただけのシュヴァルグランはまだまだ活力十分 チャンピオン=キタサンブラック(父ブラックタイド)が、外連(けれん)なしのペースで主導権を主張したことにより「前半1分12秒3-後半1分11秒4」=2分23秒7。ジャパンCにふさわしい中身の濃いレースが展開された。 完成されたキタサンブラック(武豊)の作った流れは、昨年、楽に逃げ切った緩い流れ「1分1...
オートバイの部屋 - 2017/11/27(Mon)
こんにちはついにヘルメットを買いました +゚。*(*´∀`*)*。゚+こちらです私の買ったもの(ヤフオク出品写真)同じ型で綺麗な拾い写真(ミラーシールド付けるとカッコイイですね)同じ型で綺麗な拾い写真ヤフオクで買いました。17,000円で出ていたのですが、高いので流しました。そしたら13,600 円で再出品され、競り合うことなく13,600 円で落とせました。送料1,361円。[良品使用感なし SHOEI Z-6 ヘルメット サイズM 10.3.24製造]...
フォトパドック・チャンピオンズカップ - 2017/11/27(Mon)
こんにちは先週はジャパンカップ「良く見えたのは、藤沢厩舎のレイデオロとソウルスターリング」レイデオロ2着、ソウルスターリング7着でした。今週はチャンピオンズカップですね。いい馬いるでしょうか。チャンピオンズカップサウンドトゥルー競馬ブックのコメントは「昨年の姿より全体に厚みがある。年齢的に絞りにくくなっているわけではなく、張りがあって活気がある分、そう見せるのではないか。」ちょっとね、ベストな状態...
『~レース回顧と写真と時々予想~競馬つらつら 』さま - 2017/11/27(Mon)
こんにちは今回は、ジャパンカップの回顧について書かれています。~レース回顧と写真と時々予想~競馬つらつら「写真で振り返る 第37回ジャパンカップ レース回顧」...
田辺騎手全国リーディング11位 - 2017/11/27(Mon)
こんにちは2017年11月26日現在で田辺裕信騎手は           1着 2着 3着 4着 5着11位 田辺裕信   76 76 54 48 46土日で17鞍騎乗で、1着0回、2着2回、3着2回という成績でした。今週から中山開催がはじまります、最後の追い込みに期待します。...
境さんのジャパンカップ回顧 - 2017/11/26(Sun)
こんにちは境和樹さんのコラムです。ジャパンカップの回顧第37回ジャパンカップ(GⅠ)1着◎シュヴァルグラン2着レイデオロ3着キタサンブラックラップ:13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0時計:2.23.7改めて思い知らされるトニービンの底力……。来年以降も、ジャパンカップではトニービンの血に注目。この血統傾向を重視して攻めていきましょう!今年のジャパンカップも、やはりトニービンの血が勝敗を...
アンカツさんのつぶやき - 2017/11/26(Sun)
こんにちはラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス「グレイル。初戦が道悪やで、良馬場の2戦目でどうなもんかと思っとったけど走る。ゆったりしとって伸び目がありそうな馬体やし、今日のアタマ差は今後広がりそうな気がする。反対にタイムフライヤーは完成度は高いけどね。完璧な立ち回りをして差された印象やし、早い段階で使っておきたいタイプかも。」ケイティクレバーはいかがでしょうか?「ハービンジャー産駒で、今開催の...
重賞結果・ジャパンカップ - 2017/11/26(Sun)
こんにちはジャパンカップ勝ったのは①シュヴァルグラン  2:23.7 天候:晴  芝:良 過去5年だと12,14年の2:23.1が最も速い時計です。今年は速い時計決着です。ハロンタイム13.0 - 11.2 - 12.1 - 12.1 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 11.8 - 11.3 - 11.8 - 12.0上り4F 46.9 - 3F 35.1④キタサンブラック が逃げてレースを作りましたが、力は出し切ったと思います。①シュヴァルグランはスタート良く内ラチ沿いを4番手から、...
ジャパンカップ予想 - 2017/11/26(Sun)
こんにちは今週の考察をまとめましょう。[フォトパドック]「良く見えたのは、藤沢厩舎のレイデオロとソウルスターリング」[第1168回 注目の頂上決戦、ジャパンCを占う!  ]天皇賞(秋)はキタサンブラックが勝利した。大変な不良馬場で行われたため、着順イコール能力と言い難い面は多々あるが、好走した馬たちの地力を疑う余地はない。ただ、天皇賞(秋)で勝利したことでここでの勝利が遠のいた可能性はある。データ的には天皇...
記事(境さん) - 2017/11/25(Sat)
こんにちは境和樹さんのコラムです。密かに活躍しているアノ血統東京11R ジャパンカップ(GⅠ)(芝2400m)昨年、ディープインパクトの牙城が崩れたジャパンカップ。その裏で、密かに連続好走を続けている血統があります。それが、トニービン。 実は毎年馬券に絡んでいるトニービン保持・内包馬。上記好走馬以外にも、15年17人気4着ジャングルクルーズ(父ジャングルポケット)、10年7人気4着ジャガーメイル(父ジャングルポケ...
記事(水島さん) - 2017/11/25(Sat)
こんにちは水島晴之さんの記事です。決め手で勝るアルマワイオリを狙う/京阪杯 京都12R 京阪杯は3アルマワイオリを狙う。中団からの鋭い決め手が持ち味だが、前走オーロC(4着)は2番手で見せ場を作ったように、自分のリズムで走ればポジションは気にしない。いかにスムーズな競馬ができるかだ。今回は1200メートルに短縮して折り合いも楽になる。逃げるソルヴェイグ、ネロが出ていった後ろ、5~6番手で脚がたまれ...
日曜東京11R ジャパンカップ - 2017/11/25(Sat)
こんにちは予想家のみなさんのご意見はG1レース22勝の大騎手安藤勝己◎ ④キタサンブラック○ ②レイデオロ▲ ⑫サトノクラウン☆ ⑧ソウルスターリング△ ①シュヴァルグラン△ ⑬シャケトラ△ ⑤サウンズオブアース本命キタサンブラックの天皇賞(秋)は色んな意味で驚いた。出遅れて後ろからの競馬になるわ、泥んこ馬場のインから押し上げてくるわ、道中でかなり脚を使っとったのにサトノクラウンの追撃を凌ぎきるわで……。今までとは全然...
記事(うまスク) - 2017/11/25(Sat)
こんにちは【関西事情通のちょっとイイ話】 ●まだまだ侮れない!● 今年もジャパンカップが行われる。1着賞金3億円という国内最高峰レース、国際招待と言う割には、近年名高い外国馬の参戦が無いことは残念だが、3歳馬も含めた国内トップクラスが揃ったドリームレースとなった。1番人気は恐らくキタサンブラック、そしてこの秋、快進撃を続けている3歳馬の大将レイデオロも人気を分け合いそうだ。そんな中なだけに、すっかり影...
記事(坂井さん) - 2017/11/25(Sat)
こんにちは今回は特別に。坂井千明さんのコラムです。【ジャパンC追い切り診断】キタサンブラックはいたって順調/レイデオロは併せ馬と並ぶとクビ使いが良くなる今回は今週のメイン、ジャパンCを考察するよ。アイダホは、いかにもステイヤーという印象。スタミナはありそうな反面、日本の芝レースのスピードに対応できるかどうかは微妙だね。イキートスは、キャンター調教ながらクビ使いが上々、走り方もいい。外国馬4頭のなかで買...
記事(いしばしさん) - 2017/11/25(Sat)
こんにちは石橋武さんのコラムです。ジャパンCの穴馬公開中!今週は石橋氏の都合により、対談ではなく穴馬の見解をお伝え致します。ご了承下さい。ジャパンC(G1)■ソウルスターリング前走内容を高評価。前走の天皇賞(秋)は超のつく道悪のなかで行われたが、同馬は決して得意ではない馬場のなか、外々を回されるというロスの多い競馬。それでいて、気持ちを切らすことなく6着にまで脚を伸ばした。勝ち馬とは1.4秒もの差がつい...
記事(亀谷さん) - 2017/11/24(Fri)
こんにちは亀谷敬正さんのコラムです。JCに好相性のトニービンとグロリアスソング◆ハーツクライはJC得意の種牡馬になりそう 過去10年のジャパンカップも、最も多くの馬券対象馬を出している種牡馬はディープインパクト。 興味深いのは、馬券になった5頭のうち3頭は牝馬。牡馬はスピルバーグとラストインパクト。いずれもクラシックでは3着以内に走らず古馬になってピークを迎えた馬。スピルバーグはG1で馬券になったのはこのレー...