こんにちは

今回はSportsmaster での公開でしたので、会員登録をする羽目になってしまいました。勿論無料のですけど。
やり方が上手いですね。私の転載は宣伝にもなっているので、大目に見てくださいね。お願い。


石 じゃあ、土曜日の京都牝馬Sから話していきましょうかね。あ、ただしひとつお願いが。

石 中山も京都も今開催って枠順がけっこうキーポイントになっているんだよね。で、枠順が決まっていない今の段階(※編集部注:本対談は火曜日に行われました)で、いつものように3頭ピックアップするのはちょっと厳しいんだ。

石 なので、3重賞ともお話しするけど、穴馬は2頭ずつ。

石 まずはケイアイエレガント。中山とか福島みたいな切れよりも持続力が求められるコースでの活躍が多いよね。

編 じゃあ、京都には向いてないんじゃないですか?

石 お、いいね。そう、京都芝1600m外は瞬発力が要求されるコースではあるからね。ただ、シュッと瞬時に脚を伸ばすだけじゃなくて、そのスピードを持続させることも必要なんだ。

編 ん〜、切れと持続力が必要だということですか?

石 穴馬を選ぶならね。人気馬、つまり実力馬を選ぶなら瞬発力だけに注目しておけばOKだよ。強いのがわかってるんだから。

編 穴馬の場合だと?

石 瞬発力だけじゃ人気馬に太刀打ちできないから人気になっていないわけじゃない。

石 となると瞬発力を補完するなにかが必要になってくる。それが京都芝1600m外の場合は、持続力というわけ。京都外回りコースは3コーナーからゴールまでずっと下りが続くでしょ? それを押し切るだけの持続力があれば瞬発力に秀でたタイプにも太刀打ちできるんだ。瞬発力タイプはトップスピードを長く持続されるのが苦手なことが多いから。

石 ケイアイエレガントは先行力もあるし、中山の急坂でも脚色が衰えない持続力の持ち主。早めの抜け出しで好走が期待できるよ。

石 それと同じ理由でレーヴデトワールにも注目しておこう。こちらは後ろからの競馬になるかもしれないけどね。

編 では続いて日曜日のAJCC。このレースの穴馬は?

石 こちらはマイネルフロストとフラガラッハ。マイネルフロストのほうは器用さと先行力が魅力的。やっぱり小回りの中山コースだけに先行馬が有利なのは事実だからね。

編 じゃあ、なんでフラガラッハを? この馬って追い込み馬じゃないですか。

石 そうだね。ただ、追い込み馬とはいっても上がりがかかるレースでの追い込み馬。タフな流れのなかでさらに脚を伸ばしてこられるタイプなんだ。今回は強力な実力馬もいて、流れ自体が非常にタフになるし、そもそも中山芝2200m自体、厳しいコースだからね。

編 ああ、たしかにスタートするとすぐに急坂があってさらにそこから1〜2コーナーにかけて上りが続きますもんね。

石 しかも坂を上り終わると3コーナーの半ばまで下りで脚を使わされる。それで直線に向いてゴール前の急坂が待ち構えているわけだからね。実際届きはしなかったけど、去年のこのレースでは勝ち馬から0.1差の競馬ができている。去年以上にタフな流れが予想される今回は、さらにこの馬の長所を活かせるなと。

編 なるほど。先行有利だからといって前に行く馬だけ見てたらダメということですね。

石 けっこうそれで穴馬を見逃している人が多いからね。もったいないよね。

編 それでは最後に東海Sをお願いします。

石 穴馬となるとなかなか難しいレースではあるんだけど、去年のこのレースで好走したマイネルバイカと、あとはランウェイワルツに注目しておこうか。マイネルバイカはコース実績。ランウェイワルツは、このところのレースで差し届いてない感じがいいよね。中京なら差し切れる。
スポンサーサイト