こんばんは

netkeiba「血統ビーム的傾向と対策」
http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AJ01

 阪神芝は、乾いた火曜も、外回りコースはディープ天国が継続。
 9月15日は、父か母父グレイソヴリン系が5頭中4頭(!)馬券に
 17日も5頭中2頭が馬券になったのですから、今週末も要注目。
 中山芝は、乾いた馬場の8日もサドラー系が勝利。ロベルト独占で280万馬券になった9月17日も乾いた馬場。

 後の祭りにならないことを祈ります。もっとも、ローズSでは、ディープインパクト産駒では最も低い評価をしたウリウリが3着だったように、来る血統がわかっていても大きく儲けられないことが多いのも競馬の難しいところですが。

 なお、オールカマーで父ロベルト系の馬はサトノアポロ、ムスカテール、イケトップガンの3頭。

 神戸新聞杯でディープ産駒は、ラストインパクト、サトノノブレス。
 グレイソヴリン持ちは、ナリタパイレーツ、サトノノブレス、ヤマイチパートナーマジェスティハーツ。


今回も1頭はいますかね。
スポンサーサイト