こんにちは

netkeiba「重賞データ分析」
http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH29

1位ロードカナロア、データ面でプラス評価ばかりで文句なし。

2位ハクサンムーン

3位ドリームバレンチノ

押さえで、サクラゴスペル、マジンプロスパー

グランプリボス
芝マイルからの距離短縮ローテは近年ほとんど好走例がない
中14週での出走も大幅割引の対象となる
サクラバクシンオー産駒としては異端児といえる存在だけに、血統からも強くは推せない
----------------------------------------------------------------------------------------

セントウルSの再現ということみたいですね。サクラゴスペルが押さえに入っています。

----------------------------------------------------------------------------------------

netkeiba「根多のデットーリ」
http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH07

13番か14番が馬券に絡まなかったことは過去10年で2回。その2回も不良馬場。今年も良馬場だったらまずは13番、14番の馬から検証するのが正しいアプローチのはず。

ロードカナロアが連をはずすのは考えにくい。でも頭で来るとも限らない。

前のハクサンムーンを意識して早仕掛けになれば後方から差されるかもしれない。

候補は、グランプリボス・サクラゴスペルの2頭。

更に付け加えるならアドマイヤセプター、スギノエンデバー
----------------------------------------------------------------------------------------

今日のコラムは鋭いですね。ここでもサクラゴスペルが挙がってます

----------------------------------------------------------------------------------------

netkeiba「栗東トレセンニュース」
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=79564

【坂路/4F51.9秒】
 25日。一番時計はマックスドリーム(栗東・宮徹厩舎)の4F49.7秒。二番時計は4F49.8秒でロンド(栗東・平田修厩舎)と、50秒切りが2頭もおり、それだけで、先週よりも時計が出る馬場状態であることは想像しやすい。

 全体的な時計を見ても、4F51秒前半がわんさとおり、一度スピードに乗ると、簡単には止まらない馬場だろう。だからといって、どんな馬でも好時計が出るかと言えば、やっぱり終い止まる馬は止まるので、そのあたりは正確に見極めたい。

 例えば、スプリンターズS出走予定のマイネルエテルネル(栗東・西園正都厩舎)は、4F51.0秒だが、そのラップ内訳は、スタートから14.8秒、11.9秒、11.4秒、12.9秒。2F目に急加速しかとは思えば、ラスト1Fは急激に失速。それでも13秒要しなかったのは、馬場が良かったからだろう。この追い切りに関して、中間に11秒台のラップを2F続けて踏めたことを評価するか、もしくは、終い止まり気味だったことを減点するか。ここが難しいところだが、この馬の場合はラスト1Fが速いラップで好走しているので、後者になる可能性が高いと見ている。
----------------------------------------------------------------------------------------

マイネルエテルネルも疲れがでているのでしょうか?
スポンサーサイト