こんにちは

皐月賞
ドゥラメンテはゲートの出がイマイチで後方からになったんだけど、道中はインコースを通ってロスなく運べていたね。ムキにならずに気分良く走れていたのも、この中間から(リングハミから)普通のハミに替えたのが大きかったんじゃないかな。もしリングハミのままだったら、4コーナーでもハミを咥え込んだままだっただろうから、あの程度の斜行では済まなかったと思うよ。外へ持ち出そうと(ミルコ)デムーロが手綱を動かして馬が手前を替えた時に、脚があり余っていた上に右回りも初めてだったから余計に外へ膨れてしまったんじゃないかな。他馬に迷惑を掛けたのはいただけないけど、直線で立て直してからの伸びは桁違い。あれだけバランスを崩してからあんなすごい脚を使うなんて、僕の記憶にはないぐらいだからね。逃げたクラリティスカイのペースは気持ち速いぐらいで、2番手以降は平均ペース。今回のペースであれだけ折り合えれば、距離が延びてもこなせるだろうし、次のダービーも楽しみだよ。

外へ大きく斜行するロスがあってもこの強さ。気性が成長したらどこまで強くなるのか…と普通なら思いそうなものだけど、この手の馬は変に大人しくなったら走らないもの。気難しくて操縦しづらくても、悍性の強さが終いの切れ味につながっているというのかな。オルフェーヴルもやんちゃなことをしなくなった時に、絶好調時の凄みや迫力が薄れたことがあったでしょう?落ち着きが出たらこれほどの脚は使えないかもしれないし、気難しさをうまくカバーしつつ、いい面を伸ばしてあげた方がいいんじゃないかな。

リアルスティールの(福永)祐一は、ドゥラメンテとは対照的に積極的に好位で流れに乗せていたね。最後は並ぶ間もなく交わされてしまったけど、早め早めに勝ちに行く競馬をしてのこと。逆転できたかどうかは別にしても、あの馬のようにジックリ行っていれば、もっと脚は使えていたはずだよ。まぁ、積極的な競馬をしつつ、初めての二千であれだけ我慢ができていたのは収穫だし、次のダービーにつながる競馬はできたんじゃないかな。今回は相手を素直に褒めるべきで、負けたとはいえ、全く悲観することはないと思うよ。

キタサンブラックはハナに行くのかと思ったけど、1コーナーでクラリティスカイに譲って2番手から。道中は自分のペースで気分良く運べていたし、直線で抜け出しを図る勝ちパターンの競馬だよね。ただ、切れ味に欠ける分、ヨーイドンの瞬発力勝負だとキツいから、もっと早めに動いた方が良かったんじゃないかな。まぁ、前との着差も着差だし、どう乗っても勝ち負けまではいかなかったはず。それでも積極的に前々で運ぶ自分の競馬をして、この馬の力は出し切れたと思うよ。

ブライトエンブレムは中団からの競馬。いつもよりも前で運びつつ、道中もこの馬とすれば早め早めに動いている。1番枠を利してインコースを通ってロスのない競馬もできていたんだけど、最後は切れ味の差が出てしまったね。1分58秒台前半で決まったように、スピード勝負でも分が悪かった感じ。もっと時計が掛かるような馬場、展開にならないと苦しいだろうね。

クラリティスカイがハナを切ったのには驚いたね。相手も強いことだし、“普通の競馬をしたら敵わない”と思って、ノリ(横山典騎手)もイチかバチかでも思い切った競馬をしたんだろう。離された5着とはいえ、バタバタにならなかったあたりは立派。この内容なら二千でも大丈夫そうだね。ただ、これ以上延びるようだとどうだろう。さらに2ハロン延びる(ダービー)となると…。何とも言い難いところだね。

サトノクラウンは、それほど切れる脚は使えない分、前回の弥生賞のような“好位抜け出し”のパターンに持ち込めないとちょっとキツい。それだけに、スタートで出遅れたのがまずは痛かったよ。道中もインコースでロスなく運んだドゥラメンテに対して、外を回るロスもあった。3~4コーナーでもかなり外を回っていたように、ルメールにしては珍しくチグハグな競馬をしていたなぁ。4コーナーでドゥラメンテに寄られる場面はあったけど、ヒヤッとした程度でバランスを崩した訳でもない。今回は出遅れ、道中、勝負所でのロスが響いた分の6着で、力負けではないだろうね。切れる脚に欠ける反面、しぶとく脚を使うタイプだけに、この馬は距離延長がプラスに出るはず。スムーズな競馬ができれば、ダービーでは巻き返してくれるんじゃやないかな。

スピリッツミノルは、出ムチをビシビシ入れてもハナを切れなかった。他の馬にハナを切るつもりで乗られたら、自分の形にすら持ち込めなかったね。調教でも硬さがあって器用さに欠ける動きだったから、スピード的にキツかったんだろう。馬場でも渋って時計が掛からないと厳しいんじゃないかな。距離も延ばせば、こんなことはないのかもしれないけど…。

ダノンプラチナはテンにハミを噛んだけど、道中は落ち着いて走れていた。4コーナーでドゥラメンテが斜行したアオリで他馬と接触する不利はあったにせよ、立て直してからもサッパリ反応しないなんてどうしたんだろう。千八の前回(スプリングS3着)でも甘くなっていたぐらいだから、二千は長過ぎたのかもしれないね。

ベルラップも4コーナーで不利を受けたけど、立て直してからもサッパリ。不利云々以前の問題だろう。
スポンサーサイト