こんにちは

【フローラS】美浦レポート~ディアマイダーリン
追い切り後の菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

(前走のフラワーカップ3着を振り返って)
「久々の競馬で、気負いなどいろいろありました。競馬は、勝ち馬に有利な展開の中、よくあそこまで押し上げてくれたなと思います。力は示せたのではないでしょうか」

(前走後の調整について)
「まずは前走の疲れを回復させることに重点を置きました。あとは馬の様子に合わせ、フローラステークスに照準を合わせて調教をしてまいりました」

(1週前調教はウッドチップコースで単走)
「長めから、しっかり最後まで負荷をかけて調教しました。単走の分、動きは少しもたついた部分はあったのですが、上がりの息遣いなどはとても良かったです」

(最終追い切りについて)
「先週の調教の状態を考えて、また今週の競馬に向けて、ある程度ジワッと気合いを乗せたいために、坂路で調教しました。横で見ていましたが、しっかりと走って、手応えは良かったです」

(使った上積みや成長した点は?)
「暖かくなって、体にメリハリがついてきました。前走とは違って、今回に向けて気持ちが競馬を分かってきたのかなというような様子が伺えます。場所(競馬場)も変わるので、良いパフォーマンスができれば良いと思います」

(今回のレースについて)
「距離が延びることと、広く直線が長いコースというのが、この馬には向いていると思っています。(東京で2勝している)その相性の良さが、また今回も出てくれば良いですね。少し大型の牝馬で、不器用なところもあります。そういった意味で、小回りコースより、広いコースの方が力を発揮できるのではないでしょうか。東京の2000mの芝で、トリッキーなスタート地点なものですから、枠順などが出てからジョッキーが考えてくれると思います。持久力が豊富なところがこの馬の良さです。オーナーをはじめ、牧場関係者もみんな期待しています。何とか春の大きな舞台に出られるように頑張ってほしいです」

【フローラS】美浦レポート~リアンドジュエリー
追い切り後の奥村武調教師のコメントは以下の通り。

(前々走のゆりかもめ賞8着について)
「あの時はスローでヨーイドンの競馬になるのが、この馬には分が悪いなというのは、ジョッキーも感じていました。積極的にレースを運んだのですが、その割りに最後はバタッときていませんでした。8着ですが、大きく負けていないのですよね。私たちはすごく良い内容だったな、やはりこの馬は強いなというイメージで見ていました」

(勝利した前走のミモザ賞を振り返って)
「やはり強いなと感じました。長く良い脚を使ってくれました。体は未勝利戦を勝った時の方が良いかなという感じで、本調子ではなかったと思います。レースを使ったのにあれだけ良い脚を使ってくれたので、逆にこちらが驚いたぐらい走るなという感じでした。
 右回りだと内にもたれるようなところがあるので、心配して見ていました。しかし、ジョッキーも上手く乗ってくれて、クリアしてくれました。ずっと良い脚を使ってくれて、直線の半ばでは、間に合うかなという感じで見ていましたが、最後はさすがに苦しくなったので、頑張れと思いました。届いてくれて良かったです」

(前走後の調整について)
「この馬は月一回のペースで使いたいと思っています。いつもと変わらないパターンで調整してきています」

(蛯名騎手が騎乗した1週前追い切りについて)
「もう良い動きでした。ただ、ジョッキーは本当にすごい馬の背中を知っている人なので、なかなか手厳しい意見をもらいました。それでも、蛯名騎手はおおむね手応えを掴んでくれて、良い追い切りになったと思います」

(坂路での最終追い切りについて)
「先週はジョッキーを乗せて、ある程度やっています。今週は馬の気持ちを作るということを重視して、併せ馬をしました。前走は、前々走のゆりかもめ賞の疲れがまだ抜けきっていない感じでした。ようやく少し上向いてきたかなというところでの競馬でした。今回は筋肉に張りが出てきて、すごく良い状態で臨めると思います」

(成長した部分は?)
「元々、すごく穏やかというか、そんなに気持ちを表に出しませんし、自信を持っている馬なので、特に大きく変わったということはありません。しかし、その自信が本物なのだなというふうに、見る側が変わってきています。デビューの時からけっこう良い格好をした馬だったので、前回の競馬が一番厳しいというぐらいでした。今回は元に戻ったかなという感じです」

(今回のレースについて)
「中山で長く良い脚を使うタイプで、東京だと切れ味勝負になった時に分が悪いかなというのは、正直思います。しかし、牝馬同士なら、力で何とかならないでしょうか。新馬戦で1800mを使っていましたが、その時は忙しいという印象でした。2000m以上は、この馬に合っているのだと思います。渋太く、長く良い脚を使えるので、その辺りを生かして競馬をしてもらいたいです。重賞はそんなに甘くないので、そう簡単に勝てるとは思いません。ただ、十分にチャンスはあると思っているので、全部を負かしに行くつもりで競馬に臨みます」

【マイラーズC】美浦レポート~マイネルホウオウ
追い切り後の畠山吉宏調教師のコメントは以下の通り。

(長期休養明けの2戦を振り返って)
「一戦目(東京新聞杯)は本当に足慣らしみたいな形でした。二戦目(東風S)は使ったなりの前進という形で、少しずつ本来の調子に戻りつつあるところです。まずまずの内容でした。ただ、脚元は良い意味での平行線です。無事に走って来られたので、良かったと思っております」

(前走後の調整について)
「調整は坂路中心でやっています。先週、それから今日と、坂路は重い馬場になっているので、良い負荷はかかっていると思います。その中で、4ハロン56秒、最後も13秒6で走っておりますので、まずまずの内容だと思います」

(今回のレースについて)
「(京都は)初めてになりますが、2歳時から遠征の競馬は経験しておりますので、問題はないでしょう。(和田竜二騎手は)初騎乗になりますが、マイネルさんの馬は和田騎手がよく乗っています。もちろん経験豊かな、一生懸命に乗ってくれる乗り役さんですし、馬も癖がないですから、全く心配はしておりません。登録のメンバー構成を見ますと、前半で速い馬が何頭かおりますので、それほど緩いペースではないと思います。この馬の終いの良さを生かす競馬ができれば良いですね。長期の休みから3戦目になりますが、使ったなりに徐々に状態が上昇しております。応援のほどよろしくお願いいたします」
スポンサーサイト