こんにちは

【今週のポイント】
平地G1の中で最長距離の天皇賞(春)だが、ただスタミナだけがあればいいステイヤーズSやダイヤモンドSとは異なり、中距離でのスピード競馬、瞬発力決着でも結果を出した経験のある馬が上位に来ることが多い。
さらに、先週を見れば明らかだが、とにかく京都の芝は高速馬場。軽い芝への対応力も重要だ。
3連覇目指すフェノーメノ、直線で骨折していなければ、もしかしたら去年勝っていたかもしれないキズナの2頭共に、中距離でも強い馬であり、当然今年も重視すべきだが、軽視されている馬、印の順番でどうしても能力より見くびられがちになる馬はいる。
金曜公開の全馬血統解説では、スタミナとスピードのバランスを重視して評価したい。そして最終結論となる特製出馬表では、思い切った印を打つ予定でいるので乞うご期待。
スポンサーサイト