こんばんは

天皇賞・秋トウケイヘイローなど今週の主要調教馬場の時計/栗東トレセンニュース
[中央競馬] 2013年10月17日(木)15時30分

【坂路/4F51.9秒】
 まずは16日。追い切り頭数は多くなかったが、一番時計は4F51.1秒のレッドアリオン(栗東・橋口弘次郎厩舎)。最後はフラついていたように、走りにくい状態を勢いでこなして、速い時計を出したという感じ。

 17日。一番時計は4F51.3秒のジェンティルドンナ(栗東・石坂正厩舎)。この馬を筆頭に、上位4頭は、エーシントップ(栗東・西園正都厩舎)、フラガラッハ(栗東・松永幹夫厩舎)、サダムパテック(栗東・西園正都厩舎)と、すべて重賞ウイナー。力がなければ、時計が出ない馬場ということは間違いない。また、51秒でラスト1F12秒台はジェンティルドンナだけ。天皇賞秋(10月27日・東京芝2000m)に向けて、仕上がり順調といったところだろう。

 時計を要する馬場でも、いつも通り、軽快な動きを見せたのが、タマモベストプレイ(栗東・南井克巳厩舎)。単走だったが、前半から集中力のある走りで、次第にスピードアップ。脚があがっても不思議でない最後の1Fも力強く駆け抜け、4F53.2~1F12.4秒と、ラストが最速になる、加速ラップを踏んでフィニッシュ。状態に関しては文句ない。

 先週10日の馬場差が「+0.5秒」。16日は雨の影響が少しあって『+0.7秒』で観測。17日は、より時計の掛かる状態だったので『+1.0秒』で観測している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。(取材・写真:井内利彰)
-------------------------------------------------------------
netkeiba「単勝二頭流」
http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH38

超人気薄リラコサージュ激走! 菊花賞はこの馬が波乱を演出する!
2013年10月17日(木)18時00分

石 まずはダービーフィズに注目しておこうか。

石 細かいところは色々あんだけど、目立つところだと青葉賞の負けっぷり。

編 と言いますと?

石 青葉賞はスローの、瞬発力勝負、上がり勝負になったよね。

編 ええ。

石 で、ダービーフィズは速い上がりを使えずに3番人気ながら12着に大敗したんだけど、続く瞬発力が必要のない福島芝1800mのラジオNIKKEI賞では度重なる不利にもかかわらず勝ち馬とはさほど差のない競馬だったでしょ。

編 そうでしたね。最後の直線でも前が塞がっちゃって。勝ったケイアイチョウサンの内から抜け出してくるというスムースな競馬とは対照的なレースぶりでした。

石 そうそう。で、続く新潟戦では上がり勝負を差し切れずに負けて、前走の瞬発力の必要のない中山でセントライト記念を2着と。つまり瞬発力勝負にはとことん弱いんだけど、瞬発力が要求されないところではいい競馬ができているんだ。

編 なるほど。

石 菊花賞が行われる京都芝3000mというのは、まさにこういうタイプの馬向きなんだ。

石 続いてはチェックするのはバンデ

編 3走前は2着馬に17馬身という大差をつける圧勝。前走も2着馬に6馬身差をつける完勝ぶりでした。

石 そう、ともに逃げたレースで圧勝と、馬場とか展開がハマったところもあるんだけど、この先行力は魅力だよね。3走前の小回りをクルクル回るようなコースで圧勝しているのも好材料だよね。

石 あとはヤマイチパートナーを挙げておこうかな。

編 この馬も函館芝2600mで勝っていますよね、2走前に。

石 うん、まあ斤量も軽かったし、道悪ということもあったからね。あの競馬だけを評価するわけじゃないんだけど、ただ、この馬も前走みたいな上がりの速い競馬より消耗戦になったほうがいいタイプ。面白い1頭だと思うよ。
---------------------------------------------------------------
秋華賞は15人気リラコサージュを挙げました。今週もやってくれますか!!!
スポンサーサイト