こんにちは

【スプリンターズS】美浦レポート~サクラゴスペル
追い切り後の尾関知人調教師のコメントは以下の通り。

「休み明けですし、先週は長めから追い切りました。雨で馬場が重かったので、最後、この馬としては物足りなく見えたかもしれませんが、時計、馬場を考えれば、しっかり動けていたのかなと思います。

 今朝は、今までやったことは無かったのですが、ウッドコースで短めの追い切りにしました。いい動きでしたし、時計的にも凄く良かったです。ただ、思っていたよりも速くなったので、しっかりケアしていけたらと思います。

 トレセンでの調教は負荷が掛かるので、多少の疲れは出ていますが、疲れもすぐに回復して、競馬に向けて、態勢は整ったかなという感じです。

 もちろん、ここでもいい競馬がしたいのですが、去年夏に結果が出なかった事も踏まえ、この馬は冬場から成績も上がるので、そこを考えて、ここから始動します。

 競馬が上手な馬ですし、結果を出している得意な舞台ではありますが、この開催は時計が最も速くなる開催です。サクラゴスペルが1200mを戦う上で、時計勝負が最も不得手なところ。これは仕方のないことですから、しっかり力を出せるよう、最後まで皆でやっていきたいと思います。

 中山1200mの実績、そして京王杯スプリングカップも勝っていますから、実績的には、このメンバーでも引けを取らないと思います。2年前のこのレースでは、ブリンカーをつけた事で、結果的に前へ行き過ぎてしまいました。それを考えれば、まだまだやれると思っています」


【スプリンターズS】美浦レポート~フラアンジェリコ
追い切り後の斉藤誠調教師のコメントは以下の通り。

「今朝は、北村宏司騎手に一度感触を確かめてもらうために、跨ってもらいました。体はできていますし、間隔も詰まっていますから、単走で終いを確かめる指示で追い切りました。年をとり、ズブくなっているので、彼の抱いていたイメージとは違っていたみたいです。やはり、跨ってもらって良かったと思います。

 前走は思い描いていたレースではありませんでしたが、田辺騎手がうまく乗ってくれましたし、中々見られない末脚でした。元々、この馬は晩成だと思っていたところ、結果が伴ってくれて嬉しいですね。兄(オレハマッテルゼ)は6歳でGI、重賞を勝ったように、この馬も7歳でやっと本格化しました。

 今まで、意外性で好走していますから、1200mもこなしてくれないかなと思います。1200mで追走ができれば、あの末脚を使えるのではと思います。

 とにかく意外性に賭けるしかないですね。体調は万全なので、自信を持って臨めますし、人気も無いでしょうから、気楽に乗れると思いますし、チャレンジャーとして、ぶつかっていく気持ちで、頑張りたいですし、頑張ってもらいたいと思います」


【スプリンターズS】美浦レポート~ストレイトガール
騎乗する戸崎圭太騎手のコメントは以下の通り。

「セントウルステークスは、返し馬では休み明けを感じさせず、いい感じでしたが、レースを終えてみて、少しモタモタするところもあり、やはり休み明けだったかなという感じがしました。今回間違いなく、上積みはあると思います。

 フットワークも軽く、器用さもありますし、どこからでも競馬ができる強みがありますから、中山1200mは、何も問題無いと思います。コースを考えると、枠順は、外枠にはなるべくなりたくないですね。

 今年のメンバーは、抜けた馬がいない、横一線という感じがしますし、うまく乗った者が勝つと思います。

 春にGI(ヴィクトリアマイル)を勝たせてもらいましたが、元々スプリントを走っている馬ですから、そのスプリントでもGIを勝てるように騎乗したいと思いますので、応援よろしくお願いします」


【スプリンターズS】美浦レポート~ウキヨノカゼ
追い切り後の菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

「先週金曜日、ウッドコースで1週前追い切りを行いました。そこである程度、馬を仕上げる調教をしていましたから、今朝はこの馬のパターンで調整程度、息を整える程度におさめました。

 復帰して2~3戦、一所懸命走って終い物足りない競馬が続き、短距離色が強くなってきたと思ったので、距離を縮めて、行きっぷりを終いに転換したいと思っていました。

 そして北海道での2戦ですが、僕が思っていた以上に強いパフォーマンスを見せてくれました。この勢いで、という訳ではないのですが、馬のダメージも少なかったので、GIに挑戦できればと思っていました。

 ここ2戦と同じような、後ろからの競馬で、強い相手にどれくらい通用するのかを見てみたいですね。色々苦労もありましたが、GIに出走させることができますので、温かく応援して下さい」
スポンサーサイト