こんにちは

勝ち馬のセオリー
http://www.umasq.jp/sakai/buy/backnumber-687.html

東京11R 根岸S(ダ1400m)

毎年同じことを書いている根岸S。今年も同じ方針です(笑)。何度も読んで見飽きてしまった方、申し訳ないですが、またお付き合いください。ただ、馬場状態も考慮して微調整はしてあります。

まず大前提として、この根岸Sというレースは『直線スピードが問われるレース』であるという認識はとても重要です。

【根岸S勝ち馬の位置取りと上がり順位】

15年1着エアハリファ 10-10 上がり2位

14年1着ゴールスキー 10-11 上がり2位

13年1着メイショウマシュウ 13-15 上がり1位

12年1着シルクフォーチュン 14-14 上がり1位

11年1着セイクリムズン 7-7 上がり1位

過去5年の勝ち馬はいずれも、『差してメンバー2位以内の上がりを使っている』という共通点を持っています。すなわち、道中はジックリと脚を溜め、長い直線をフルに使って追い込んでくる。根岸Sではそういう競馬に高い適性を持った馬が勝ち切るわけです。

これだけはっきりとレースの、というより勝ち馬のパターンが決まっているわけですから、馬券的にもそれに見合った馬を買うべきだということになります。そして、あくまで『勝ち馬のパターン』なのですから、単勝を買うのが筋でしょう。私もここ数年、この根岸Sでは本来の穴馬の単複というスタンスではなく、パターンに嵌った馬の単勝馬券を買うというスタイルでやっています。

そして、私が毎年使っている根岸S勝ち馬捕獲のポイントが以下の通り。

【根岸S勝ち馬のポイント】

・サンデー系、ミスプロ系産駒
★(道悪ならNダンサー系産駒)
・近2走で差して上がり2位以内の脚を使っていること
・過去に根岸S出走経験がないこと


昨年までは、『良馬場を前提に』という注釈を付けて上記3点を指摘してきましたが、道悪になった昨年の結果も踏まえて微調整しました。

【根岸S(良馬場)勝ち馬の父】

14年4人気1着ゴールスキー
(父ネオユニヴァース)

13年5人気1着メイショウマシュウ
(父アドマイヤマックス)

12年4人気1着シルクフォーチュン
(父ステイゴールド)

11年2人気1着セイクリムズン
(父エイシンサンディ)

10年11人気1着グロリアスノア
(父プリサイスエンド)

07年11人気1着ビッググラス
(父エルコンドルパサー)

06年6人気1着リミットレスビッド
(父サンデーサイレンス)

これはもうお馴染み。良馬場で行われる限り、このレースで頭を獲るのはサンデー系産駒かミスプロ系産駒。近年は特にサンデー系が優勢です。

【根岸S(道悪)勝ち馬の父】

(重)15年1人気1着エアハリファ
(父ディスクリートキャット)

(重)09年4人気1着フェラーリピサ
(父タッチゴールド)

(不)08年1人気1着ワイルドワンダー
(父ブライアンズタイム)

しかし、道悪になると血統傾向が一変するのがこのレースのポイント。そして、その道悪施行時に勢力を一気に拡大するのがノーザンダンサー系です。久々の道悪になった昨年は2着ワイドバッハも含めてノーザンダンサー系産駒のワンツー決着でしたし、09年は1~3着をノーザンダンサー系産駒が独占しています。

このあたりは最終的な馬場状態(あくまで公式発表基準でいいと思います)を確認して作戦を変えるべきところでしょう。『良馬場ならサンデー系(ミスプロでも良し)』『道悪ならノーザンダンサー系』という両構えをしておくといいんじゃないでしょうか。

【根岸S勝ち馬の近走上がり】

15年1着エアハリファ
(2走前上がり最速)

14年1着ゴールスキー
(前走上がり最速)

13年1着メイショウマシュウ
(前走上がり最速)

12年1着シルクフォーチュン
(前走上がり2位)

11年1着セイクリムズン
(2走前上がり2位)

10年1着グロリアスノア
(前走上がり2位)

09年1着フェラーリピサ
(※2走前上がり最速)

08年1着ワイルドワンダー
(2走前上がり2位)

07年1着ビッググラス
(-)

06年1着リミットレスビッド
(前走上がり最速)

※フェラーリピサは計時不能の地方交流戦を除いた2走前。

冒頭に述べた通り、このレースは直線スピードが求められますから、これまでのキャリアの中でそういった競馬に対する適性を見せていた馬は素直に評価しなければなりません。そのファクターとして挙げられるのは『近2走で差して上がり2位以内の脚を使っていること』。上記の通り、ほぼ全ての馬がこのテーマを満たします。改めて調べてみると、道悪施行時の勝ち馬もこのテーマは満たしていますから、このポイントは当日の馬場状態を問わないと考えて良さそうです。

最後の『過去に根岸S出走経験がないこと』という点は、昨年、非該当馬(過去に根岸S出走経験があった)アドマイヤロイヤルが3着に入りはしましたが、同時に前年の勝ち馬ゴールスキー4着に敗れていますから、やはり無視はできないファクターだと思います。

過去、根岸Sで馬券圏内に入った馬で、2回以上同レースに出走した馬:21頭
そのうち、2回目以降の参戦で着順を上げた馬:4頭
(アドマイヤロイヤル・⑤→③、セイクリムズン・⑦→①→⑥→③、ワシントンカラー・⑥→③、ニホンピロサート・⑨→③)

ということで、今年の候補馬です。今年は道悪の可能性が高いようなので、現時点での勝ち馬候補はノーザンダンサー系から選択しておきます。

⑥アンズチャン
(父フレンチデピュティ、前走上がり最速、根岸S初出走)

⑮モーニン
(父へニーヒューズ、2走前上がり最速、根岸S初出走)

能力だけを考えれば⑮モーニンで断然だとは思います。私、個人的にこの馬は相当評価しているので。
ただ、『直線スピードの高い“差し馬”』に有利だというこのレースの性質を考えると、前付けして速い上がりを使うこの馬は若干ズレているかなとも感じます。というわけで、このレースの勝ち馬イメージに最も近い⑥アンズチャンの方を選択します。
この馬の成績を見ていただければ、これまで指摘してきた根岸Sのイメージに近いという意味はお分かりいただけると思います。こういう馬がゴール前でズドンと差してくるわけです。
スポンサーサイト