こんにちは

予想家のみなさんのご意見は?


水上学の血統トレジャーハンティング
http://keibalab.jp/yosou/treasure/
◎本命馬
⑩アーバンキッド
牡3、美浦・斎藤誠厩舎、Fベリー騎手

今年の3歳馬は、クラシック戦線が多士済々だが、マイルやダート路線はやや層が薄い。ここも大混戦で、印ほどの差はないだろう。

血統的には、過去3頭が馬券になっているのがダイワメジャー産駒。だが今回は、新馬戦を勝ったばかりのビップライブリーと、前走で距離の壁を見せた感のあるボールライトニングでは、さすがに軸馬にはし辛い。そこで注目したいもう1つの傾向が、近年顕著になっている欧州血統の好走現象。とくに母の父が重厚な欧州血統種牡馬の馬が好走している。2013年が母父トニービン、ファルブラヴ、ダンシングブレーヴ。14年が母父ロックオブジブラルタル、トニービン。15年が母父トウショウペガサス、モンジューと該当している。

今回、母の父の欧州色が濃い馬の中から狙えるのは、母父ガリレオのレオナルド、スウェインの⑩アーバンキッドで、準じるのがドイツ牝系マンハッタンカフェを母父に持つ⑫ダンツプリウスあたり。特に信頼できるのはアーバンキッドか。父はハーツクライでさらに欧州血統トニービンが重なる。ひいらぎ賞の内容も高評価。スタートは安定しないが、外回りなら届いていい。

$お宝馬
①マディディ
こちらはガチガチのダート血統だが、ただこうやまき賞で、のちにジュニアCでアーバンキッドを倒すダンツプリウスを破っている。ダンツに不利はあったのだが、それほど力量に差があるわけではない。最内枠も味方しそう。距離は心配無し。

相手上位は⑫ダンツプリウス、⑪ヒルノマゼラン。以下⑥レインボーライン、⑨レオナルド、⑬ビップライブリー。


馬スピ特報・栗山求さん
◎9レオナルド
○10アーバンキッド
▲5ボールライトニング
△11ヒルノマゼラン
△13ビップライブリー
△15ロワアブソリュー

<見解>
◎レオナルドは「アドマイヤムーン×ガリレオ」という組み合わせ。

父アドマイヤムーンは競走馬時代にジャパンCを勝ったものの、
種牡馬としては芝向きのスピードタイプで、
母方にスタミナ血統を抱えた産駒が大物に育つ傾向が見られる。

母リオズスターレットは
フランスで走り、クレオパトル賞(仏G3・芝2100m)を勝ったほか、
マルレ賞(仏G2・芝2400m)で2着となっている。

母の父ガリレオは英愛リーディングサイアー7回輝いた名種牡馬で、
その父サドラーズウェルズは重厚なスタミナを伝えることに定評がある。

母方にサドラーズウェルズを持つアドマイヤムーン産駒は成功しており、
京成杯オータムH(G3)を世界レコードで勝ったレオアクティブを筆頭に、
セイクレットレーヴ(ニュージーランドT-2着)、
ムーンクレスト(きさらぎ賞-5着)、ジョヴァンニ(OP)などが出ている。

前走のシンザン記念(G3)は、スタートで出遅れてダッシュがつかず、
後方のインを追走するという最悪の展開。
それでも勝ち馬から0秒3差の5着まで追い上げた。
まともな競馬ならきわどかった。

スタートのタイミングが合えば勝ち負けに持ち込める。


馬スピ特報・虎石晃さん
◎9レオナルド
○11ヒルノマゼラン
▲13ビップライブリー

<見解>
前走は3戦目の疲れもあったろうが、
再三、内に閉じ込められてギクシャクな走り。

まったくもって不本意な競馬ながらも
格好を付けたのは力のある証拠。

◎レオナルドの出世は間違いないところ。

今回は一息入っているだけに本来の出来に戻っているはず。
これといった馬が見当たらないここでは負けられないところだろう。


境和樹の穴馬券ネオメソッド
・1400実績馬
・1400適性の高い血統
・ダート実績馬(主にダ1400)
・ダート血統
というわけで、このテーマに合致する今年の候補馬は……

①マディディ
(父スキャットダービー)

⑤ボールライトニング
(京王杯2歳S勝ち)

⑧ロードブレイド
(父キンシャサノキセキ)

⑨レオナルド
(父アドマイヤムーン)

⑭オデュッセウス
(父ファルブラヴ)

⑨レオナルドは父アドマイヤムーンの1400適性が発揮できるこの条件ならさらに良い走りが期待できる1頭。


こんなん出ましたけど。
スポンサーサイト