こんにちは

【高松宮記念】栗東レポート~エイシンブルズアイ
☆エイシンブルズアイについて、野中調教師

・前走のレースから中間はうまく調整が出来ました、追い切りに関しては前走から中2週ですから負荷をかけるよりも状態を維持することを第一に考えました。指示通りで、動き反応ともにいい感じでした。

・以前は体質が弱くしっかりとした負荷をかけられませんでしたが、体質が強化され運動後の回復も早くしっかりとした調教が出来るようになったことが最近の成績に繋がっているのだと思います。

・ここに来ていい感じに心身が充実しています。1200mのGIということでなかなか流れが落ち着き辛いところがあると思いますが、騎手には前走のイメージで乗ってもらえばいいと思っています。

・今回の中京はBコース、しかも初コース、久々の左回りで展開も厳しくなるでしょうがトレーニングセールで左回りも上手に走って手前も問題なく変えていました。できれば良でレースをしたいですね。

・GIだからとあまり意識せず馬第一でいつも通りの調整で来ました、この馬にもチャンスはあると思います。当日までしっかりとケアを続けていきたいと思います。


【高松宮記念】栗東レポート~ビッグアーサー
☆ビッグアーサーについて、藤岡健一調教師

・前走のシルクロードステークスは5着でしたが、外枠で道悪の影響、それに疲れがあったのかも知れません。ですから前走後は放牧に出しました。

・その後、高松宮記念に出走可能と分かったので放牧先でも出走を想定した調整を続け、栗東トレーニングセンターに戻ってからは一週前に速い時計、今週は上がり重点の内容でした。

・今週は前半を我慢して上がりを速くなるように、走りっぷりも良く時計も満足のいく内容で文句無くいい状態に仕上がりました。

・中京競馬場は昨年の高松宮記念当日のレースで好時計を出して勝っていますから全く問題はありません。

・スタートが速いので行く馬を見ながら、展開を見ながらレースが出来ます。短距離適性が高くパワーがあります。まだ重賞勝ちが無いのでそれがこのGIレースになるよう頑張ってもらいたいですね。


【高松宮記念】栗東レポート~レッツゴードンキ
☆レッツゴードンキについて、梅田調教師

・前走の阪急杯は始めての1400mで馬が戸惑ったりしないか心配したのですがそれはありませんでした。最後はバテていましたが悲観するような内容ではありませんでした。

・前走は体重が増えていましたが、あまり攻め過ぎると馬の気持ちがのってくるので加減をスタッフと相談しながらやってきました。今回競馬にいって調度いいぐらいだと思います。

・今回の一週前はいつもより少し軽め、今日は上がり重点で気を抜かず思い通りのパワフルな走りで息遣いも良くパワフルな走りでした。

・前走の1400mもおっつけながらの追走では無いので今回の1200mも初距離ではありますが追走できないことは無いと思います。

・力のいる馬場は苦にしていません、ですから今の中京は良いでしょう。後は騎手に任せます。桜花賞の時はより大人になっています、落ち着いてレースができるでしょう。
スポンサーサイト