こんにちは

お待たせしました! 石橋の天皇賞(春)といえば高配当!
http://keibat.blog.fc2.com/

編 は〜い、よろしくお願いします。枠順が決まりましたけど、ご覧になってみてどうですか?

石 個人的にはいいところもあり、やだな〜と思うところもありだったかな。

編 へ〜、イヤと思ったのはどこですか?

石 キタサンブラックの最内枠。長距離戦だけにいかに距離ロスなく走れるかというところが大事だから、このレースはやっぱり内枠有利なんだよね。そこに立ち回りがうまいキタサンブラックが入っちゃうとな〜と。

編 好走する可能性が高くなると。でも石橋さんって、キタサンブラックをあんまり買わないですよね。嫌いなんですか?

石 好き嫌いで馬を選んだりしません(笑)。ただ、キタサンブラックを強いと思ったことが一度もないんだよね。菊花賞とか有馬記念もそうだったけど、展開に恵まれたのは明らかだし、立ち回りの上手さだけで勝ってきているというか。

編 たしかにそういう馬が有利な内枠に入ると嫌ですよね。

石 取捨が難しくなるよね。強いと思えないから買いたくないけど、恵まれたら勝っちゃう可能性すらあるから。

編 なるほどね。じゃあ、反対に良かったのは?

石 ここから穴馬の話になるけど、狙っていたカレンミロティックが内枠を引けたこと。

編 カレンミロティックを狙ってたんですか?

石 そうだよ。去年、このレースで3着に好走しているでしょ?

編 たしかにそうですけど、近走はダメダメですよね。

石 まあね。ただ近走はこの馬の良さが活きる流れになってないからね。切れる脚がないからスローの瞬発力勝負になるとツライんだよね。

編 ああ、確かに去年の天皇賞(春)は、澱みのない流れになって、瞬発力勝負にはほど遠いレースになりましたよね。

石 そう、1、2着馬は道中で後方からレースを進めた馬で、4、5着も4コーナーでふたケタ番手にいた馬。その厳しい流れを先行して、4コーナーでは先頭に立つという強気な競馬で3着に粘っているわけだからね。こういうレースにはかなり適性があるんだよね。

編 でも今年は去年ほど澱みのない流れになりますかね。

石 この馬がそういう流れを作ってもいいし、それに、仮にゆったりとした流れになっても京都なら問題ないんだ。

編 といいますと?

石 京都の外回りコースって、3コーナーから4コーナーにかけて下り坂になってるでしょ?

編 ええ。

石 ここからスピードにのっていくんだけど、それは先行馬も同じだからね。後ろにいる馬が先行馬をかわすのは、当たり前の話だけど、先行馬よりスピードが出ていなきゃダメだよね。しかも外を通る必要がある。

編 ああ、そうか。先行馬もスピードに乗っちゃうから簡単には抜けないのか。

石 そういうこと。だからカレンミロティックはまだ幼かった未勝利、500万時代の4戦を除けば京都では凡走したことがないでしょ。

編 あ〜、ホントだ。厳しい流れが合うけど、仮にそうならなくても京都なら問題なしと。しかも絶好の内枠を引いた運もあると。

石 そうね。好走が期待できるよ。

編 あとはどの馬をチェックしましょう?

石 サトノノブレスもいいね。勝ちみに遅いタイプでアタマまではどうかというところもあるけど、ただ、カレンミロティックを目標に進めばタイミングひとつでは……という期待ができる。エンジンのかかりは遅いけど、下り坂で加速の補助ができる京都では大崩れなく走っているよね。

編 なるほど。

石 あとはアルバートもいいよ。

編 前走は日経賞4着。休み明けとしては上々の結果と言えるんじゃないですか。

石 そうね。例年のような軽いスピード馬場だとちょっと不安があるけど、先週の京都のレースを見る限り、けっこうクッションの効いたパワーも要求される馬場になっていたからね。

編 ああ、勝負予想の見解にも書いていましたよね。

石 差しも効いているんだよね。だから例年の天皇賞(春)は先行有利の傾向が強かったんだけど、今年は差し馬の台頭も考えておかないと。とくにアルバートのような上がりのかかるコースでメンバー中上位の上がりを使えるタイプは要注意だよ。

編 なるほどね〜。あ、石橋さん、すっかり遅くなってしまいました。このあと勝負予想の配信もありますから、さっさと帰らないと。

石 追い出す気か(笑)。

編 勝負予想優先ですよ。

石 はいはい、帰ります。では今週末の配信にもぜひご期待下さい。
スポンサーサイト