こんにちは

当日版は会員ではないので見ることは出来ないのですが、今なら見れるので参考に

11R 宝塚記念(G1)
態勢整った◎ドゥラメンテが決める

 ◎ドゥラメンテはM・デムーロが騎乗した1週前追い切りが出色。海外遠征明けは同じでも、安田記念1番人気②着の僚馬モーリスとは仕上げの過程が違い、騎手との信頼関係も異なる。これだけの態勢で出走できれば負けることはないと踏んでいい。
 ドバイは落鉄して右前だけはだしの状態。加えて、前半のスローをレコードまで引き上げた上がりの速さ。そんななか0秒4差②着は国内最強の底力だ。ちなみに、勝ち馬は重賞5連勝中の世界最強馬。この相手に、アクシデントがなければ勝っていた可能性があるのだから、3歳春と比較しても能力水準に低下は感じられない。ファン投票6位に反発。豪快に決めて秋を迎えたい。
 キタサンブラックは条件がそろい過ぎて逆にマークが厳しい。アンビシャスは1F延長が微妙。本線は春の盾が見せ場十分のトーホウジャッカルだ。状態はピーク。

◎ 9 ドゥラメンテ
○ 11 トーホウジャッカル
▲ 2 アンビシャス
× 3 キタサンブラック
☆ 1 フェイムゲーム
△ 8 ステファノス
△ 5 シュヴァルグラン
結果 16-9-3
スポンサーサイト