こんにちは

新潟2歳Sで有利な経験
http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=AJ01

◆前走で「上がり最速」を記録していた馬

 年間データを見れば、芝1600m競走では「前走芝1200m経験馬」は圧倒的に不利。しかし、新潟2歳Sは「前走芝1200m経験馬」が有利なレース。

 昨年もマコトルーメンが8人気3着。一昨年はニシノラッシュが6人気3着。そして4年前はノウレッジが10人気で2着。

 この3頭に共通するのは、当レースで馬券になった後は「芝のマイル以上のレース」では連対していないこと。今は、芝の短距離条件戦やダートで活躍しています。

 つまり「将来」はダート馬、スプリンターであっても、芝の短距離の流れを経験している馬が「この時期は有利」なレースなのです。

 もちろん、新潟の直線は長いですから、さすがに末脚が使えないスプリンターには厳しい条件。先の3頭はいずれも前走で「上がり最速」を記録していた馬。

「末脚」を使える馬で「短距離」の流れを経験していた馬が「有利」なレース。それが新潟2歳Sです。

 逆に「マイル以上」の「緩ーい流れ」しか経験していない馬は「不利」なのですが…ロードクエストやハープスター、ミュゼスルタン、ジャスタウェイなどは、緩ーい流れしか経験していないのに当レースで馬券になりました。

 不利なのに馬券になった…だからこそ!!これらの馬達はG1で馬券になったのです。このレースにかぎらず、重賞で恵まれる馬の傾向を見る場合、G1馬は除外したほうがわかりやすくなりますね。もっとも、たいていの重賞はG1級の馬が出るわけで、そういう馬を見抜けなければ重賞予想はボクのようにハズし続けるわけですが。

 新潟2歳Sも、有利な経験をしている人気薄は2、3着。G1級の素質の馬が勝つ年が多いのも事実。だから、パターン買いがハマるのはG1級が出ている方がマレな条件戦ともいえますね。

 今年の出走予定馬で有利な経験をしているのはヴゼットジョリー、キャスパリーグ、マイネルパラディ。ヴゼットジョリー、キャスパリーグはリファールを持っているのも当レース向き。

 イブキ、モーヴサファイアは、有利な経験をしているわけではありませんし、血統的にも有利な条件ではありません。ここで勝つようであれば、今後もさらに楽しみとなるでしょう。

 そういえば、昨年のコラムではステイゴールド牝馬を取り上げて、人気薄が2、4着。今年のウインシトリンも似たような感じではありますが、はたして?
スポンサーサイト