こんにちは

新潟2歳S勝ったのは⑩ヴゼットジョリー 勝ち時計 1:34.3 天候:晴  芝:良 過去5年ハープスターが勝った13年の 1:34.5に次いで遅い時計 1分33秒台が例年の時計です。

ハロンタイム 12.5 - 11.3 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.3 - 10.6 - 11.7
上り 4F 45.8 - 3F 33.6

⑧アピールバイオが逃げ、③イブキ は内4番手、⑪キャスパリーグ が外5番手、⑮マイネルパラディ が6番手、⑩ヴゼットジョリー は外8番手、②モーヴサファイアは内11番手、 ⑫オーバースペック は最後方

上り1位 32.9 ⑫オーバースペック2着
上り2位 33.2 ⑩ヴゼットジョリー 1着
上り3位 33.5 ②モーヴサファイア8着

上がりが速い馬が勝つレースです。今年も2,1着と結果を出しました。

予想は

こんにちは

今週の考察をまとめましょう。

[フォトパドック]
「いい馬が多いと思います。一番良く見えたのは モーヴサファイア」

[JRAホームページ「今週の注目レース」 ]
昨年ので検討
①③④に該当
イブキ、ウインシトリン、グリトニル、ブライトンロック、マイネルバールマン、マイネルパラディ、マテラフィールド、 モーヴサファイア 、リンクスゼロ、ヴゼットジョリー
②該当馬
アピールバイオ

[netkeiba「重賞データ分析」から]
上位評価:ウインシトリン、モーヴサファイア、マイネルパラディ、ブライトンロックの順
以下はグリトニル、オーバースペック、マイネルバールマン、ヴゼットジョリー、キャスパリーグという評価順

[netkeiba「根多のデットーリ」から]
マイネル系の馬
マイネルバールマン 
ウインシトリン   
マイネルパラディ  
クイントゥープル  

特にウインシトリン・マイネルパラディ・クイントゥープルの人気のなさそうな3頭。

新潟2歳Sは、単30倍~99倍の馬がとにかく頑張る。2着~4着で頑張る。毎年、その場所にいる馬の選択に迷うけれど、今年は迷う必要がない。そこにいるマイネル系の馬を拾えばいいからだ。

[ 昨年のデータde出~た ・第936回 5つのチェックポイントで新潟2歳Sを読む ]
5項目すべてをクリアしたのは
ウインシトリン、グリトニル、ブライトンロック、マイネルバールマン、モーヴサファイア、ヴゼットジョリー 

[「単勝二頭流」から]
アンジュシャルマン、グリトニル、クイントゥープル
グリトニル号の回避が決まり代わりにオーバースペック

[坂井千明さんの追いきり診断]
http://blog.livedoor.jp/sakai_chiaki/詳しくはこちらからどうぞ
「マイネルパラディの動きは見ることができなかった。
良く見えたのは、イブキ、ヴゼットジョリー、オーバースペック、チシャーキャットの4頭だね。」

「モーヴサファイアは、トモが開き気味で、緩い走りをしているあたりは気に入らない。本当に良くなるのはまだ先、まぁ、キャリアの浅い2歳馬だから当然と言えばそれまでだけど…。」
--------------------------------------------------------
展開
[重賞データ分析]過去10年から
160824_05.jpg
160824_06.jpg
160824_08.jpg
160824_07.jpg

 枠番別では、やはりセンターである馬番7~12番がもっとも好成績。内枠の複勝回収率が高いが、枠番値がマイナス0.5と低いことから、そこまで信頼は置けない。外枠の成績がイマイチだが、人気どおりの着順には来ているワケで、枠番の内外による差はほとんどないと考えるべき。重視すべきは、枠番ではなく「脚質」のほうだ。

 コースデータと傾向が大きく異なるのが、脚質別成績である。4コーナーを13番手以下で回った追い込み勢が[5-4-2-39]ともっとも好成績というのは、きわめて異例の結果といえる。未完成の2歳馬限定戦でもあり、スタミナ不足や集中力の欠如などで、先行勢がまったく粘れていない様子。最速上がり馬の[6-3-0-1]という好成績からも、ここは完全に差し優勢と考えるべきだ。


先行するのは
⑤ワールドツアラー ⑥アンジュシャルマン ⑧アピールバイオ ⑨サンライズソア ⑭マイネルバールマン
どの馬が逃げるにしろすんなり決まり、落ち着いた流れになりそう。

中団からは
①チシャーキャット ②モーヴサファイア ③イブキ ⑩ヴゼットジョリー ⑪キャスパリーグ ⑮マイネルパラディ

後方からは
④マテラフィールド ⑦ウインシトリン ⑫オーバースペック ⑬クイントゥープル 
---------------------------------------------------------
評価順
1番手②モーヴサファイア8着  
2番手③イブキ     3着 

以下
⑦ウインシトリン14着 
⑧アピールバイオ 4着 
⑩ヴゼットジョリー1着  
⑪キャスパリーグ 5着  
⑫オーバースペック2着  

1番手の②モーヴサファイアは、新馬戦スタートは速くなく押して行って、行き過ぎて3番手そこからいくらか下げて直線をむかえ、追い出しは、じわっと伸びてくる感じで残り200Mぐらいから明確な伸びを見せて2と1/2馬身突き放しての完勝。馬体、レースからは本命。
不安な点がハービンンジャー産ということ。馬体がいい馬が多いのですが、案外直線で伸びきれず負けるイメージがあります。
血統家も「小回りコースや洋芝コースを得意としているので、 新潟の外回りコースはもうひとつ実績に乏しい」
この馬がGⅠ級の力を持っているかどうかでしょう。

2番手の③イブキは、フォトパドックで「華奢ですがバランスよく雰囲気があります」と書きましたが、新馬東京1800Mを使ってなんで距離を短くしてくるのか?クラシックにのれる雰囲気があるのに。計画性が感じられないのが最大の不満。
スタートが上手なので先行すると3着止まりかもしれません。このレースの乗り方がわかっている田辺騎手が乗ってくれるから2番手評価。

速い上がりが使えそうな馬が以下⑦ウインシトリン ⑧アピールバイオ ⑩ヴゼットジョリー  ⑪キャスパリーグ  ⑫オーバースペック  
②③から⑦⑧⑩⑪⑫への3連複なんか当たりませんかね?
------------------------------------------------------------
勝ち馬投票
②モーヴサファイアの単複で勝負、と行きたいところですが............勝負はしません。


(1G=100円に相当)


②モーヴサファイアが1番手ではあたりません。ごめんなさい🙇
1~5着馬まで選抜できているので、レースの予想の仕方は間違っていないと思います。
ハービンンジャー産第一世代が残した実績は、かなり産駒の特徴を表しているということなんですね。

⑧アピールバイオは逃げて4着となかなか強いですね。



~レース後のコメント~
1着 ヴゼットジョリー(福永騎手)
「初めて乗りましたが、とても躾けの行き届いた馬で、返し馬から心配なくレースに臨めました。自信を持って乗れましたし、思い描いたレースが出来ました。スタートは良かったのですが、少し馬が力みはじめたので、馬を前に置いて落ち着かせて運びました。直線もいいタイミングで外へ出せましたね。スピードもあってコントロールもしやすい馬です。今後はさらに距離が延びた時にどうかでしょう」

2着 オーバースペック(岩部騎手)
「もうちょっと流れて欲しかったです。勝ち馬は器用でしたが、こちらはうまく行かなかった中でもよく走っています」

3着 イブキ(田辺騎手)
「2戦目で燃えていました。時計の速い新潟でどうかと思っていましたが、キレ負けしたような感じでした。絶好位につけたと思いましたが、もう少し流れていれば良かったです。気持ちのコントロールが課題になりそうです」

4着 アピールバイオ(木幡巧也騎手)
「頑張りました。4コーナーで早めにペースを上げても良かったかもしれません。外回りでも踏ん張ってくれました」

5着 キャスパリーグ(藤岡佑騎手)
「スタートして1ハロンくらい力みがありました。ポジションはいいところで進められましたが、勝ち馬に馬なりで行かれて外へ出せませんでした。まだ2戦目、いい経験だと思います」

8着 モーヴサファイア(石橋脩騎手)
「上がりが速いレースになるのは分かっていましたし、欲を言えばもうひとつふたつ前の位置から競馬をしたかったですね。初戦同様にゲートの出はひと息でしたし、今日の馬場は外を回ると厳しいと思って内でガマンして捌いていこうと思っていました。今日もよく走っているんですけどね…。良いものを持っている馬ですし、これからまだ成長してくると思います」
スポンサーサイト