こんにちは

当日版は会員ではないので見ることは出来ないのですが、今なら見れるので参考に

11R 神戸新聞杯(G2)
完調でなくても⑭サトノダイヤモンド

 本番を見据えて、◎サトノダイヤモンドもエアスピネルも完璧ではない。それでも格好をつけるのが「格」だが、前者は大丈夫としても後者は本質的にマイラー寄り。ダービーほど走れない場合がある。先週の調教でエアに先着がレッドエルディスト。ステイヤーの成長力に○。

◎ 14 サトノダイヤモンド
○ 12 レッドエルディスト
▲ 7 エアスピネル
× 8 ナムラシングン
☆ 5 カフジプリンス
△ 11 アグネスフォルテ
△ 15 ミッキーロケット
結果 14-15-12


11R オールカマー(G2)

雪辱を果たす◎マリアライト

 マリアライトはゴールドアクターに2戦2敗。勝負付けが済んだとみられても不思議はない。ただ有馬記念も日経賞も前半が極端なスロー。最後は瞬発力の差が出ただけのことだ。
 宝塚記念は前半4Fが後半より2秒も速いハイペース。スタミナと持続力を存分に発揮できる流れだった。ドゥラメンテにキタサンブラック。簡単には勝てない相手なのは明白で、改めて底力のすごさを印象付けた。ディープ産駒ではあるが、母父エルコンドルパサーがいい仕事をしている。GⅠ2勝の2200m。4角手前から惰性をつけて動ける外回り。頭数の割に先行型が多く、そう遅くもならない。雪辱を果たせる条件だ。
 七夕賞は前半2~7Fの6Fが1分8秒9。極めて厳しい展開だった。クリールカイザーは2番手から逃げ馬を⑪着に壊滅させ、残り2Fでは敢然と先頭に立っている。強い⑤着に▲を打った。

◎ 7 マリアライト
○ 6 ゴールドアクター
▲ 2 クリールカイザー
× 1 サトノノブレス
☆ 12 カレンミロティック
△ 11 ワンアンドオンリー
結果 6-1-5
スポンサーサイト