こんにちは

【スプリンターズS】美浦レポート~スノードラゴン
追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◯スノードラゴンについて高木登調教師
「(最終追い切りについて)セントウルSを使ったばかりですし、きょうはサラッとでいいかと思いました。順調にきています。長期休養から復帰してから、体が柔らかくなっていました。その状態をずっとキープしています。やや時計の出る馬場状態だったようですが、いい時計がでました。一度使って、馬もだいぶピリッとしてきたようです。

(前走について)セントウルSは開幕週でもありますし、前が止まらない馬場なのかなということはジョッキーと話していました。最近は後ろからの競馬でしたが、返し馬でジョッキーが馬に気合をつけていたので、これは前に行くのかなと思っていたらやはりそういう競馬になりましたね。ただ行かせようと思えば行ける馬ですし、前哨戦としてはいいレースができたのではないかと思います。今回はうまく脚がたまるのではないかと思います。

(レースについて)ポイントは時計でしょうか。ある程度時計がかかると、この馬にも出番があると思うので、あまり高速馬場でなければチャンスがあると思います。現状の中山の芝はそこまで高速ではなさそうですし、4週目の競馬ですから少しでも時計がかかってくれればと思います。

8歳ですが、長期休養がありましたし、衰えは感じていません。一生懸命がんばりますので応援よろしくお願いします」

◯スノードラゴンについて大野拓弥騎手
「(最終追い切りに関して)4ハロン51秒~52秒で上がってきてくれ、との指示でした。馬にやる気があり、いい動きだったと思います。ここ最近は体をうまく使えていますし、いい状態で競馬ができています。長期休養の前と比べても、遜色ない走りができていると思います。

(レースに向けて)やや集中力が続かないところがあるので、そのあたりに気をつけて乗りたいです。今の中山の馬場は時計も極端に速くないし、クッションもいいので、この馬にとっても問題ないですね。展開的には、ペースが流れてくれるのが理想ですが、この馬のリズムを大事にして乗れればと思います。ここのところは速い時計に泣かされてきましたが、開催後半で馬場も向いていると思うので、何とか頑張って結果を出したいと思います」


【スプリンターズS】美浦レポート~レッドファルクス
追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◯レッドファルクスについて尾関知人調教師
「(CBC賞を振り返って)もともと左回りの走りがいい馬で、左回りを中心に使っていて、CBC賞にも使ってみたいと思っていました。中京の芝は時計が掛かるイメージでしたが春の開催から時計が速く、そのあたりにどう対応するかと思っていましたが、心配を吹き飛ばすような勝ち方をしてくれました。

夏場は近場の牧場で放牧し、予定通りに厩舎に戻ってきました。毎週のように追い切りを積み重ねて、順調に来ています。

(Dコースでの最終追い切りについて)調教コースが右回りで、まだ少し窮屈な走りをすることがあります。周回のいちばん大きいDコースなら負担がかからないだろうということで、最終追い切りをDコースで行うことが多いです。今週は雨も止んで馬場もいい状態で、GIなのでしっかりとやって、馬もそれに応えてくれました。先週の追い切りで体は締まったと思いますが、体重的にはもう少し絞れてもいいかもしれません。それ以外の体調面はレースに向けてしっかり上がってきているという手応えがあります。

(右回り・左回りについて)左トモに弱いところがあり、左回りで結果も出ていたのですが、去年の後半からそのあたりがしっかりしてきた感触があり、春に一度阪神で右回りを使いました。ジョッキーも『それほど気になるところはなかった』と話していましたし、4着とはいえ差のないレースができていました。少しずつ段階を踏んできているところでもあり、何とかこなしてくれるのではないかと思います。当然まだまだ挑戦者の立場ですが、1200mではダートを含めてまだ一度も負けたことがありません。自分たちが考えている以上に底知れぬ部分があるのではと期待しつつ、どういう競馬をしてくれるのか楽しみにしていただければと思います」


【スプリンターズS】美浦レポート~サクラゴスペル
追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◯サクラゴスペルについて尾関知人調教師
「高松宮記念では速い流れになったのと少しゴチャついたのとで大敗してしまい、そこから京王杯SCまでうまく切り替えられるかというのがポイントでしたが、京王杯では最後までしっかりした競馬ができました。(そこから直行となったが)去年も安田記念からの休養明けで、いい結果を残せましたからね。この馬のような気性であれば、休み明けのほうがいいのではというイメージです。

北海道の牧場で乗り込み、厩舎に戻ってからも順調にきています。

(最終追い切りについて)この馬自身、調教でも引っかかるところがあって、先行した馬と併せるというよりは、集中力を切らさないように追いかけました。先行した併走馬もしっかり動いていたので追いつくことはありませんでしたが、最後まで集中したいい走りだったと思います。

(中山での好成績について)スプリントでこれだけ結果を出しているのですからスピードがありますし、普段は気の難しいところがあってもレースでは自在な競馬ができるので、その時のペースに合わせて対応できるのがいいところだと思います。去年からひとつ歳を重ねましたが、いい意味で老け込んでいません。あまり時計の速すぎる決着は厳しいかと思いますが、去年くらいの時計であれば十分台頭できるのではないでしょうか。今年は去年の勝ち馬がいませんし、しっかり仕上げていい競馬ができるように頑張ります」


【スプリンターズS】栗東レポート~ビッグアーサー
追い切り後の藤岡健一調教師のコメントは以下の通り。

(前走のセントウルS1着を振り返って)
「枠順が1番ということで、他に行く馬があまりいないようならというつもりではいました。私自身は逃げるという作戦はあまり考えてはいませんでした。ジョッキーが上手く乗ってくれたかなと思います。
 内容的には強かったので、それで結果的に良かったのではないでしょうか。
 休み明けということもあったので、一応結果にはこだわっていましたが、内容さえ良ければ次につながるなと思っていました。
 スピードがあるのは分かっていたので、それを見せてくれました。終いは一杯になっていましたが、勝ちきったことが次につながると思います。
 レースに幅が出たというか、いろいろな競馬ができると思えました。本来は好位から差す競馬が一番向いていると思いますが、勝てて良かったです。」

(調教過程について)
「いつも2週前、1週前に結構速い時計を出して、当該週は上がり重点というパターンです。中2週ということで、輸送もありますし、どういう調整をするかは馬の様子を見ながらやっていました。先週は上がり重点で良い調教ができましたので、今日も馬場が重かったのですが、先週と同じような感じで行こうと指示はしました。
 本来はもっと速い時計の出る馬なのですが、最後の時間帯ということもあって馬場が重かったので、少し時計がかかるかなということで、前半は我慢するように指示はしました。上がりは結構一杯で追い切りはできましたし、思った以上に負荷はかけられたかなと思っています。
 競馬の間隔が詰まっているので、若干テンションが高い部分は、角馬場の調整の時にも見せていたので、できるだけ我慢するようにとは言っていました。若干スイッチは入っているかなという感じです。
 もちろん想定の範囲内です。前半はそれほど速くなかったですし、あれで終いがもう少し速ければと思っていましたが、馬場状態もあるのでこれで十分かなと思います。
 少しスイッチが入っている分、前半は先週より掛かり気味で行った分、終いは一杯になりましたとは言っていましたが、動き自体は非常に良かったということです。
 
(この馬のセールスポイントは?)
「絶対的なスピードはあるなとずっと思っていました。もちろん1200mを走るのに必要な筋肉や体型など、全てを兼ね備えた馬ではないでしょうか」

(今回のレースに向けて)
「最初の頃は結構輸送に問題があった馬ですが、今はスタッフも把握できています。小倉などにも行っていますし、輸送に関しては全然心配していません。
 去年の高松宮記念当日に勝っていますが、非常に馬場が悪くて、それでもすごいパフォーマンスを見せてくれました。馬場が渋るのも、晴れるのも全く問題ないと思っています。
 セントウルSと違って行く馬が結構いますし、時計も速くなるでしょう。前半は行く馬の後ろというか、好位につけられれば、外を回っても大丈夫でしょうし、終いも切れる脚があるので、どういう競馬になっても特に心配はしていません。
 ここまで春の王者として、前走もきっちりと勝ってくれました。春秋スプリント王としてこの馬の価値を高められるように一生懸命頑張ってきました。あとは皆さんで応援していただいて、スプリント王者の貫禄勝ちというのを見せられるように頑張ります。応援してやって下さい」


【スプリンターズS】栗東レポート~ミッキーアイル
追い切り後の音無秀孝調教師と鞍上予定の松山弘平騎手のコメントは以下の通り。

・音無秀孝調教師
(前走の高松宮記念2着を振り返って)
「レース前は私が指示したわけではないのですが、ジョッキーはハナに行きますということで、好きに乗っていいよと言いました。ゲートが開いたら、外枠に速い馬が2頭いて、結果的に途中で行くのをやめざるをえなかったのです。それでもペースが速かったので折り合いはついていましたし、前の馬2頭を見る形でレースを運びました。4コーナーで手応えもあったので、早めに抜け出そうと思ったら、ハナに行っている馬が外に行きましたよね。あれでだいぶ外にふられたような感じがあったのです。不利と言えばそこが不利かなと。その後抜け出して1頭になったのですが、4コーナーの不利が少し痛かったです。差されましたからね。
ビッグアーサーはその後ろにいて不利がなかったですから、あの馬はスムーズに競馬したなと思います」

(前走後の調整について)
「かなりゆっくりしました。安田記念は使っていないですし、もっと間があいているのですが、安田記念で夏休みにしていると同じですからね。結果的に安田記念は使わなかったというだけで、今回は北海道のノーザンファーム空港へ放牧に行っていました。かなり長い間リフレッシュできたのではないでしょうか。
 元々能力の高い馬ですから、いつものように少しずつ上げていけばいいという感じでした。今日の追い切りはマックスを予定していたので、今日の半マイルが一番速かったと思います」

(最終追い切りを振り返って)
「先週は並走馬の後ろから追いかけて行ったら、最後の1ハロンで負けました。今日は後ろから行くのはやめようということで、最初から並んで行きました。そうすると今度は横に馬がいるので掛かり気味で入って行って、その分12秒台で入ってしまいました。なので、12-12-13になった感じの追い切りでしたから、逆なら良かったなと思うのですが...。50秒0で最終も13秒3でめちゃくちゃ速いですから、逆に言うとしっかりやれたなと思います。
 うちは休み明けで、最後はマックスでやりたかったので、そこは他の馬とは違うところです。使っている馬は調整だけで済んでいますが、うちはそういうわけにはいきませんので、しっかりとやりました。
 これだけちゃんとやれているし、能力は高いので信頼しています。
 不安点はこれまでで一番長いブランクですが、それは安田記念をパスしたからですよね。あの時は高松宮記念の疲れが取れなかったので、仕方がなかったです。セントウルSがありましたが、そこを使うと暑い時期に入れなければならなくなって、中2週で次のレースが待っているわけです。テンションが上がるし、そこはやめた方がいいだろうということで、ぶっつけ本番になりました。テンションが上がらずに本番というのは良い方に出るのではないでしょうか」

(今回のレースに向けて)
「ジョッキーが考えているので、私がいろいろ言わない方が良いと思います。中山のコースは走ったことがあるので、何も問題はないと思います。
 あまり番手のレースがなかったので、無理で行けずの番手はありましたけどね。最初から無理せずに番手だったらありかなと思います。しかし、それはゲートを出て考えることでしょうね。レース前に考える必要はないし、仮に番手になっても大崩れしない馬ですから。
 坂路は時計の出る馬ですし、どちらかというと掻き込んで走る馬ですから、少々馬場が悪くなっても問題はないと思います。
GIは勝っていますが、古馬になって勝てていません。特に春の雪辱もしてほしいですから、何とかして古馬のGIを獲らせたいです。応援よろしくお願いします」


・松山弘平騎手
(前走の高松宮記念2着を振り返って)
「高松宮記念の時は、行く馬が多くて先行争いがすごく厳しかったかなという印象です。ペースも速くなってしまいましたし、その辺で自分もまだまだだったなと感じています。
 力のある馬なので、一瞬やったかなと思ったのですが、ペースが速かったのも影響したと思います」

(馬に対する印象は?)
「スタートがすごく速いですし、パワフルな印象です。」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)これぐらい長いこと休んでいるので、乗りやすいという印象でした。
 動きは悪くはなかったですが、併せた馬も動く馬でした。
 先週は後ろから行ったので、今日は最初から併せて行こうという話でした。気合い乗りも良い時に戻ってきましたし、力強いミッキーアイルらしい走りが感じられました。
 最初から併せて行ったので、少し掛かって行くようなところもあったのですが、力強い走りで、時計もこれだけ優秀ですし、良かったと思います。
 ミッキーアイルが少し動き過ぎてしまったので、(併せた馬が)遅れてしまったのだと思います。
 高松宮記念の時とそれほど変わらないような状態で来ているかと思います。
 先週と今週、しっかりとやっているので、これでさらにまた良くなってくれるかなと思います」

(今回のレースに向けて)
「馬のリズムを大事にしたいというのは考えています。阪急杯も強い競馬をしてくれましたし、高松宮記念でも力のある競馬をしてくれたので、その辺は調教師と相談して乗りたいと思います。どこからでも競馬ができると思います。
 (中山は)コーナーなどもあって、難しい印象です。
 これだけの有力馬に乗せていただいて、オーナーや調教師をはじめ、皆さんには本当に感謝しています。結果を出すことで恩返しできればと思っていますので、一生懸命頑張りたいです」


【スプリンターズS】栗東レポート~ダンスディレクター
追い切り後の笹田和秀調教師のコメントは以下の通り。

(前走のセントウルS7着を振り返って)
「いつもと違う休みの後だったので、やはり入れ込みも見えたし、いつもの悪い癖のスタートも遅くなって、あのような結果になったのではないでしょうか。
 現実に脚はしっかりと使う馬なので、後は本当にスタートだけではないかと思います」

(前走後の調整について)
「休み明けの反動を取るために1週間ぐらい少し楽をさせて、それから先週、今週と予定通りの追い切りができていると思います」

(調教過程を振り返って)
「先週、今週と雨で馬場が悪いので、体の小さい馬ですし、一生懸命走る馬なので、その辺はセーブ気味に調整しました。
 今週は競馬なので、それに対応できるような調教をしようと思って、予定通りにできたと思います。
 (ゲートに関しては)いつもやっています。ゲートを通したり、中で停めたり、そういう練習はちゃんとしています」

(今回のレースに向けて)
「やはり阪神、京都や東京よりも直線は短いですし、ジョッキーが上手くその辺に対応してくれればと思っています。
 (展開などは)当日ゲートを出てみないと分からないので、何とも言えないです。
 春はGIに出られなかったので、その分も頑張りたいと思います。
 いつも力を発揮する舞台は整っているのですが、如何せんあのような性格の馬なので、なかなか結果を出せませんでした。初のGIなのでこの馬の持っている力を何とか100%出せるような形を期待しています。
 前走よりは、このGIはもっとメンバーが強力になりますが、この馬もそれに対応できる力を持っていると思うので、頑張ってほしいです。
 いつもたくさんのファンが応援して下さっているので、皆様の期待に応えられるように人馬共々頑張って、レース当日を迎えたいと思っています。応援よろしくお願いします」


【スプリンターズS】栗東レポート~レッツゴードンキ

追い切り後の梅田智之調教師のコメントは以下の通り。

(前走のキーンランドC3着を振り返って)
「馬の状態が良かったので、すごく期待していました。レースの内容も自分たちが思っていた通りの競馬ができましたし、1200mに上手に対応できる馬になっているので、内容的に良かったと思います」

(前走後の調整について)
「競馬が終わって、そのまま札幌から栗東に連れて帰ってきました。今回のスプリンターズSまで間がありましたが、中間はすぐ疲れが取れて、それほどダメージもなく順調に来ています。
 メリハリをつけるのに15-15みたいな、数には入らないような調教も入れていましたが、2週前ぐらいから時計を出しました。先週は岩田ジョッキーに乗ってもらいました。1週前なので強めにやりました。
 今日は単走で、全体の時計は気にせず終い1ハロンだけ伸ばしてほしいという指示で、そのように順調にいきました。
上がってきて馬をすぐ見に行って、息もすぐ入っていました。今日は荻野琢真騎手に乗ってもらいましたが、聞いた時に"コントロールが利いているし、終いももっと余裕がある"と言ってくれたので良かったです。
 上がり運動を見ても力むところがなく、リラックスして歩いているので、ここまでは順調です。
 桜花賞を獲ってオークスと、クラシックを狙って、行くところは行ったのですが、結果的に距離が長かったと思います。それからスランプに陥りましたが、適正な距離に矛先を向けて、ここ2戦きっちりと結果を出してきているので、ようやく本来の姿に戻ってきたかなという感じです。
 最初の頃は精神的にも、馬が競馬だというのをあまり分かっていなかったので、1800mから行きました。お母さんも短いところを走っていた馬ですし、そのうち短いところになるだろうなと思いながら、桜花賞はジョッキーが上手に騙しながら乗ってくれましたが、だんだん歳を取るに連れて、その辺が利かなくなってきて、結構ジョッキーと喧嘩しながら競馬をしていました。ここに来てようやく自分の得意分野で走るようになって、だいぶジョッキーと仲良く走れるようになりました。
 血統的にもそうですが、馬がカーッとするところがあります。普段は大人しいのですが、レースに行くとカーッとするところがあるので、それを考えると短いところの方が合っていると思います。
 追い切りの時は今までがむしゃらに走るところがありましたが、ここのところ速い調教でもある程度コントロールが利いています。ジョッキーがもう少し我慢しろと言った時に指示に従うというか、最近の方がだいぶ大人になったと思います」

(今回のレースに向けて)
「あまりコースは気になりません。たまたま東京に2回行った時に結果が良くないので、前日輸送というのが少し気にはなりますが、中山競馬場自体はあまり気にはなりません。
 まだ2つしか勝っていないので、勝ち味に遅い馬ですが、桜花賞を勝ったときは鮮やかでした。そろそろこの辺で頑張ってもらわないとファンに見捨てられるので、頑張ってもらいたいです。応援よろしくお願いします」
スポンサーサイト