こんにちは

好相性配合と、来年のクラシックの主役血統!?
http://www.umasq.jp/sakai/buy/backnumber-774.html

京都11R 京都2歳S(GⅢ)(芝2000m)

2年前から重賞に昇格したこのレースですが、かつてオープン特別だった頃から、このレースは共通した傾向が存在します。

・穴を開けるのは先行経験馬
・サンデー系×ミスプロ系の配合が好相性

この2点です。

【5番人気以下で激走した近走先行馬】

15年5人気2着リスペクトアース 1-1-1(前走)

14年6人気1着ベルラップ 2-2-3-2(前走)

14年5人気3着シュヴァルグラン 4-4-4-2(前走)

13年5人気2着アグネスドリーム 1-1-1-1(前走)

12年8人気2着ダンツアトラス 4-3-4-2(2走前)

12年7人気3着テイエムダイパワー 1-1-1-1(前走)

11年9人気2着エーシングングン 1-1-1-1(前走)

10年5人気2着プレイ 2-1-1(前走)

基本的には先行馬有利で、穴を開ける馬も前付けできる馬から選んだ方がいいでしょう。その意味で、近走の内容はチェックしておくべき。近2走以内に先行した経験がある穴馬は注意しておきたいところ。
もちろん、これは人気馬にも言えることで、たとえば昨年の勝ち馬ドレッドノータス(3番人気)も新馬戦を2-2-1-1の通過順で勝った馬でしたし、同年3着のアドマイヤエイカン(1番人気)も、札幌2歳Sはマクリ勝ちでしたが、初戦は逃げ切っていました。2013年の勝ち馬トーセンスターダム(1番人気)も、新馬戦を2-2の通過順で勝った直後の臨戦でしたね。

一方、血統的には、サンデー系×ミスプロ系という配合が好相性です。

【京都2歳SとSS系×ミスプロ系】

15年5人気2着リスペクトアース

14年5人気3着シュヴァルグラン

13年1人気1着トーセンスターダム

13年5人気2着アグネスドリーム

13年4人気3着サトノロブロイ

10年8人気1着マーベラスカイザー

成 績 (4-3-3-9/19)
勝 率 21.1%
連対率 36.8%
複勝率 52.6%
単回率 348%
複回率 152%

cf.SS系×Nダンサー系
成 績 (0-2-5-10/17)
勝 率 0.0%
連対率 11.8%
複勝率 41.2%
単回率 0%
複回率 96%

ほぼ同程度の出走数があるサンデー系×ノーザンダンサー系と比較すると、いかに好走率が高いかお分かりいただけるかと思います。

今年は⑦アダムバローズが唯一の該当馬。
前走で逃げ切り勝ちを収めている馬で、父ハーツクライに母父アンブライドルズソング。サンデー系×ミスプロ系という好相性配合も満たしています。

ちなみに、今年の2歳世代はハーツクライ産駒の当たり年だと考えています。勝率、連対率が非常に高いことはもちろんですが、既に今の段階(11月3週目終了時点)で2勝馬が4頭出ており、これは現5歳世代、2011年産と同水準。そして、現5歳世代といえば、ワンアンドオンリーがダービーを、ヌーヴォレコルトがオークスを制したゴールデンエイジでしたよね。
今年も、牝馬はリスグラシューにアドマイヤミヤビ、牡馬は先週の東スポ杯2歳Sで2着したスワーヴリチャードと、タレントが豊富。個人的には、2011年に近い形でクラシック戦線を賑わす可能性もあると楽しみにしています。
今回のアダムバローズにも、その期待を抱かせるような走りを見せてもらいたいものですね。
結果 ⑦アダムバローズ 10着
スポンサーサイト