こんにちは

当日版は会員ではないので見ることは出来ないのですが、今なら見れるので参考に

11R 京都2歳S(G3)
逆転可能◎ヴァナヘイム

 遅い時計で新馬勝ち。一方の相手はレコード勝ち。◎ヴァナヘイムがプラチナヴォイスに負けたのは当然だろう。ただ着差は0秒3。2戦目と4戦目のキャリアを考えれば逆転可能な差ではないか。少しエンジンのかかりが遅く、10Fへの延長は有利。坂路でのさばきも軽かった。

◎9ヴァナヘイム
○8プラチナヴォイス
▲3カデナ
×10ベストアプローチ
☆7アダムバローズ
△2ダノンディスタンス
結果 3-9-10


11R ジャパンC(G1)
東京の12Fなら◎ディーマジェスティ

 長距離輸送を経て6キロ増の馬体が立派だったこと。爪を傷めるアクシデント。菊花賞の◎ディーマジェスティには少なからず敗因がある。ただし、競馬の形態としては力負け。勝ち馬とは4角の手応えが違い過ぎた。それとともに感じたのは、血統背景と距離適性が逆であること。同じ父の産駒でも、長い体形のサトノダイヤモンドは12F以上が向き、少し胴の詰まった本命馬は10~12Fがベストなのではないか。皐月賞の勝ち時計とはじけ方。熱発明けのダービーでの走りを見ると、東京の12Fなら違う。そう確信したい。
 ○シュヴァルグランは春時点では評価していなかった。前走も▲。仕上げも途上に思えた。それが58キロで完勝。父ハーツクライの血を色濃く受けて東京の長距離では相当強い。そう思い直した。今週、引っ張ったまま併入の相手は前走の直前追いで遅れていた馬。上積みの大きさを買いたい。

◎9ディーマジェスティ
○17シュヴァルグラン
▲1キタサンブラック
×3ゴールドアクター
☆16リアルスティール
△14レインボーライン
△12サウンズオブアース
結果 1-12-17
スポンサーサイト