こんにちは

【チャンピオンズC】アウォーディー150点!!動く「三春駒」
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2016/11/30/kiji/K20161130013815860.html

 砂の超新星が現れた。鈴木康弘元調教師(72)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。第17回チャンピオンズC(12月4日、中京)ではダート統一G1年間4勝を目指すコパノリッキーに100点満点。だが、ダート無傷6連勝中のアウォーディーには、満点を上回る異例の150点を付けた。達眼を仰天させた規格外れのスーパーボディーとは…。 【チャンピオンズC】

 福島県の三春町には日本で最初の年賀切手に採用された馬の郷土玩具が連綿と受け継がれています。その名も「三春駒」。江戸時代、この地の野生馬を馴致(じゅんち)、改良して馬産を興し、三春藩の藩財政を立て直したことに由来する木製の民芸品です。鋭角な線と面を生かした均整の取れた骨格、黒い毛に金と朱の飾り馬具を描いた美しい彩色、刈り込まれた麻のタテガミと尾。青森の八幡駒、宮城の木ノ下駒と並ぶ日本三駒の一つに数えられています。

 アウォーディーの姿を見たとき、真っ先に思い出したのが「三春駒」です。多くのサラブレッドは前後肢のどちらかに負重をかけて立つものですが、この馬は大地を踏みしめる四肢の負重が均等。上質な馬玩具のような安定した立ち方です。もっと驚いたのがタテガミ。なんと刈り込まれています。髪質が硬くてブラッシングしても寝かせられないのか、髪の量があまりにも多いのか。ともあれ、三春駒のようにタテガミを刈ったサラブレッドなど極めて珍しい。

 体つきも規格違いです。この名玩のように全体が絶妙なバランスで調和している上、個別の部位が凄く発達している。上体を見ると、筋肉で岩のように隆起したトモ(後肢)、肩、胸前。下体に目を移すと、大きくて角度のいい飛節や膝が上体のすさまじいパワーをしっかり受け止めています。砂の新王者にふさわしい肢体。つなぎも立ちすぎず、寝過ぎずの絶妙な角度。腰から尻にかけた骨格のつくりが浅いのが玉にきずですが、その唯一の欠点も鋼のような臀部(でんぶ)が十全に補っています。

 三春駒のようにおとなしい馬なのでしょう。ハミの代わりに制御力の弱いモグシ(簡易頭絡)とチェーンシャンク(頭絡を補助する鎖)だけで撮影に臨みました。悪さをしたり、暴れたりしないとスタッフが確信しているのです。ハミだけでは心もとないため上部の歯茎を鎖(リップチェーン)で押さえつけた同厩舎のラニとは正反対の気性なのでしょう。鼻の穴をしっかり開き、目も耳も一点に集中しています。

 馬の伝統玩具は鞍を着けているため背中の形が描かれていませんが、こちらは背中がゆったりして遊びがある。福島・三春町まで走って帰れるとは言いませんが、距離に融通が利くのは間違いありません。100点満点では収まらない規格外の馬体と立ち姿。動く三春駒です。(NHK解説者)


【チャンピオンズC】コパノリッキー100点!砂の現横綱は2番手
 アウォーディーと比較すれば、残り全ての馬がかすんでしまう。同じレースで走るのが気の毒に感じられるほどの馬体の違いです。とはいえ、砂の現横綱、コパノリッキーも最高の立ち姿で君臨しています。昨年のチャンピオンズC、今年のフェブラリーSよりも頭をしっかり上げて、威風堂々と立っています。ハミのくわえ方も両レース時より力強い。「今度はやるぞ!」と訴えかけてくるようです。

 ひと目で砂の横綱だと分かる体つき。鎧(よろい)を身に着けたような肩、トモの筋肉。野太い首。山のようにせり上がったキ甲(首と背の間の膨らみ)、腹袋もたっぷりとある。視線を顔に向ければ、顎の張りが凄くたくましい。大食漢なのでしょう。四肢の腱が浮いている。丈夫なのです。思い通り調教が積めるのでしょう。

 特筆すべきは臀部の筋肉。ぶ厚い上に長さもあります。この部位はトモを伸縮させ、そのパワーを飛節に伝える役割を持っています。いわば、推進力の要。その重要部位の極端な発達がリッキーを砂の横綱に君臨させてきたのです。ただし、上には上がいるもの。もっと凄い臀部を持った馬が1頭だけ現れました。アウォーディーです。残念ながら、この砂の新星にはトモの筋肉の質もかなわない。唯一、勝っているのはトモの筋肉量です。

 毛ヅヤはとても良く、体調も申し分ありません。通年なら無条件に100点満点で一番の馬体。でも、今年だけは100点でも2番手になります。横綱にとっても分の悪い相手、福島・三春町出身の関取が出現しました。


【チャンピオンズC】ノンコノユメ95点 後部薄手だが気迫全面
 馬体の前部を見れば砂仕様、後部に目を移せば芝仕様。いつ見てもノンコノユメは前後が対照的なつくりです。愛らしい馬名からは想像できないゴツい顔立ち、首は太く、胸前は筋肉でせり上がっています。ダートに対応できる前肢。ところが、後肢はトモが薄く、飛節もダート馬にしては小さい。体重440~450キロ程度の中型馬。ダートで出世するにはコパノリッキーなどのような500キロ以上の重厚な馬格が求められる。そんな私の持論からも大きく外れています。とても不思議な馬つき。

 2月のフェブラリーS時と比べると、プラスとマイナスの変化があります。プラス面は立ち姿。今春よりも重心を前にかけて、耳、目も前方の一点に集中しています。「走るぞ!」という気迫が出ています。マイナス面は腹周りとトモが少し薄手になったこと。気性は前進、馬体は後退です。


【チャンピオンズC】サウンドトゥルー90点 肩の筋肉の発達◎
 サウンドトゥルーは470キロ台の体重ですが、500キロ超の馬体に映ります。筋肉量が豊富なせいでしょう。特に肩の筋肉がとても発達していて、首が短く見えるほどです。

 昨年のチャンピオンズC時から気性も大人になってきました。昨年は引き手の鎖を口の中に入れて遊んでいましたが、今年はきちっとハミを受けて立っています。ただし、トモの張りは昨年ほどではありません。


【チャンピオンズC】モーニン90点 米国の砂の血体現も腹が…
 モーニンは米国のダート血統を体現しています。首の太さ、胸前の厚さ、キ甲の発達、後肢の盛り上がり、飛節と膝の大きさ…いずれもA級ダート馬の規格。前肢に柔軟さはありませんが、ダート戦なら問題ありません。

 距離延長も背中からトモにかけてのゆとりあるつくりから対応できそうです。立ち姿もいい。ただ、2月のフェブラリーS時より腹周りが細くなっているのが気になります。


【チャンピオンズC】アポロケンタッキー80点 太い首が特徴的
 一度見たら忘れられないユニークな馬体です。大きなキ甲が他の馬よりも前に付いていて、首が極端に太くて短い。サラブレッドらしからぬ体形。

 その他の部分は素晴らしい。トモの筋肉、アバラの張り、飛節、膝が立派。毛ヅヤも良好。それにしても太い首です。


【チャンピオンズC】ゴールドドリーム80点 飛節に欠点あり
 長所と短所がはっきりしています。良い点はバランスとトモの形。毛ヅヤも良好で体調はいいでしょう。足りないのは飛節の角度。浅い飛節なので踏み込みも浅くなります。

 全体に重たさを感じますが、ダートなら許容範囲。立ち姿にはもう少し緊張感が欲しい。


【チャンピオンズC】モンドクラッセ80点 首長く筋肉量豊富

 ジャパンC優勝のキタサンブラックを思い起こす四肢と首の長さ。こういう体形は瞬発力がないため先行策を取るのです。

 肩が立ち過ぎてフットワークは小さいが、筋肉量は豊富。2月のフェブラリーS時よりも耳をしっかり立てて、顔つきがりりしくなりました。


【チャンピオンズC】ロワジャルダン80点 アバラ寂しい馬体
 キングカメハメハ産駒にしてはゴツさがなく素軽いつくり。体重500キロとは思えないほどすっきりした馬体ですが、それにしても、今回はアバラの張りが寂しく映る。

 トモから飛節、後肢の球節、つなぎにかけては非常に機能的な角度で連結しています。


【チャンピオンズC】ラニ70点 兄とは正反対のとんがった性格
 同厩舎の半兄アウォーディーとは正反対に人間の向こうを張るような表情。歯茎に当たるリップチェーンを気にして不自然に口を開けています。体つきには丸みがあるのに、気持ちはとんがっています。


【チャンピオンズC】ホッコータルマエ70点 膝が反り気味に映る

 元々首を前に伸ばした立ち方をする馬で膝が反り気味に映ります。両前のつなぎが立っていて、筋肉の硬さも若い頃と同じ。


【チャンピオンズC】タガノトネール70点 飛節浅く緊張感不足

 前哨戦を勝ちましたが、2月のフェブラリーS時から変わっていません。緊張感不足の立ち姿。両前のつなぎが緩く、飛節が浅い。


【チャンピオンズC】アスカノロマン70点 蹄と毛ヅヤに不満
 フェブラリーSでは平常装蹄だったのに今回は右前肢の蹄の内側がエクイロックス(接着装蹄)。毛ヅヤも当時の方が良かった。


【チャンピオンズC】カフジテイク70点 力感乏しくバランス△

 骨量は豊富ですが、全体のバランスがもうひとつ。トモの位置が低く、立ち姿に機敏さが感じられない。目にも耳にも力がない。
スポンサーサイト