こんにちは

【阪急杯】栗東レポート

●コパノリチャード(宮徹調教師)

◎昨年はこの時期に条件戦から連勝で重賞(アーリントンカップ)を制したわけですが、昨年1年の成績を振り返っていかがでしたか?
 もともと能力のある馬だと思っていましたから期待どおり。距離の長いところは持ちませんでしたが、マイル以下では期待どおりのレースをしてくれたと思います。

◎今回は休み明けの競走となりますが、中間はどう過ごしたのでしょう?
 近隣の牧場に放牧に出して、3週前に戻って順調に調整を積めています。

◎先週も坂路で速いタイムが出ていましたが?
 前回の競走から間隔が空いているので先週は最初から速いペースで行きましたから終いのタイムがちょっとかかりましたけど、今日は競馬の週でもあるので最初はゆっくり入って、前の馬を追いかけて交わす形になりました。調整は順調にうまいこと行ってますね。

◎休み明けとしては至極順調と言って宜しいですか?
 休み明けとしては順調ですね。ただ間が空いている分が少し割引かもしれません。ただ休み明けでも走る方のタイプだとは思いますけど。その点だけですかね、心配なのは。でも順調に来てますから大丈夫だと思いますよ。

◎前回の競走阪神カップはこの馬としては不得手な展開になってしまった形ですが、それでも最後まで脚は使いましたね。 
 それなりに2、3番手からでも踏ん張りは効きましたね。ただゲートで1歩目がちょっとうまく出ずに、その分、楽な位置に行けませんでしたからね。厳しい競馬にしては良く頑張ってましたし、ああいう競馬で耐えることができればいいんですけど、課題はその辺ですね。

◎現状ではある程度スンナリした競馬がいいということになりますか?
 そうだと思いますね。他の馬のペースで走るよりは自分のペースで走った方が持ち味は倍増すると思いますね。

◎さて、この先はどの辺りが目標になりますか?
 ここを使って高松宮杯というのは、昨年末から目標にしていましたので、ここでいい競馬ができたら、そのまま行くつもりです。

●ダノンシャーク(高野容輔調教助手)

◎(仕切り直しとなった)東京新聞杯への出走を見送ることになりましたが、どんな判断があったでしょうか?
 もともと長距離輸送があまり得意ではない馬なので。富士ステークスの時も周りの音に過剰に反応してしまって馬体重が減ってしまったりしたこともありまして、一旦は東京競馬場に輸送して戻ってきたわけですが、2週立て続けに東京へ輸送するのは馬には負担が大きいと判断しました。

◎今回は再調整して臨むことになりますが、その後のダノンシャークの状態はどうでしょうか?
 レースを使わなかったということもありますが、(輸送で)減った体重もすぐに元に戻りまして、飼葉食いも順調で調教も順調に積んでいますし、レースを見送ったことでいい結果がでるんじゃないかと思います。

◎今日の調教の動きはどう見ましたか? 
 僕が前でリードする形で、騎乗する小牧騎手に「最後の1ハロンの様子を見てください」と伝えていたのですが、肩ムチを一発入れるだけであっという間に置いていかれたので、小牧さんも「惚れ惚れする動きだった」ということだったので、感触はとても良かったと思います。

◎小牧騎手も「こんな(いい感じの)調教は久しぶりだ」と言っていましたね。
 先週は一杯に走らせたということもあって、最後の1ハロンが甘くなったんですが、今回は最後の1ハロンで併せに来てもらうという形だったので余力もありその分反応も良かったんだと思います。

◎いい状態がキープできているということですか?
 体調面も体重もとてもいい状態でキープできています。

◎今回は阪神競馬場の1400メートルのコースとなりますが? 
 昨年はずっと1600メートルのレースを使ってきたのですが、今回もコーナーが4つのレースというわけではなく、距離は200メートル短いですが、コーナーは2つですから、少し馬にとっては忙しい競馬になるかもしれませんが、こなしてくれると思います。

◎開幕週の馬場ということになりますが。
 最近はダノンシャークもスタートが良くなって前目のポジションが取れるようになっていますので、開幕週ですから前の方に付けていければいいかなと思っています。

◎メンバーを見るとペースが速くなりそうな感じですが。
 速くなるとは思います。それを捕まえられるポジションでうまく立ち回ってもらえたら、結果は出ると思います。

◎昨年はGIで3着2回でしたが。
 昨年は肝心のGIの時にマイルとは別路線の馬たちに安田記念もマイルチャンピオンシップも持っていかれてしまいましたので。まだ今年はマイルの主役不在だと思いますから今年こそダノンシャークをGI馬にしてマイルの主役にしたいと陣営みんなで思っています。

◎今回は斤量が56キロですね。
 他の馬は57キロもいますからね。それと比べたらダノンシャークからすれば56キロはとても軽いのかなと思います。

◎ここは重賞を勝って弾みをつけたいですね。
 今年の初戦ですから。去年は京都金杯を勝って順調に競馬ができたので、今年もここを勝って順調に進めていきたいと思います。

◎最後にファンに向けて一言お願いします。
 昨年は肝心なGIの時に主役になれなかったので、今年こそシャークがマイルの主役だということを証明できるように厩舎ともども頑張っていきますので応援をよろしくお願いします。

【中山記念】栗東レポート

●トウケイヘイロー(清水久詞調教師)

◎香港カップは強い内容での2着でしたね。
 よく頑張りましたね。たいしたものです。

◎遠征の後はどう過ごしたのでしょうか?
 帰国後は検疫もありましたので、12月一杯は楽をさせてあげて、年明けから乗り出しました。

◎海外への輸送の疲れなどはありませんでしたか?
 いつものレースの後の疲れはありましたが、余計にガタッとくるようなことはありませんでした。

◎今日の調教はどんな感じでしたでしょうか?
 今日はいつもどおり、Cウッドチップコースで指示通りというか予定どおりの時計でしたし順調に来ています。満足行くものでした。

◎今回は中山の1800メートルですが。
 全然心配はしていません。コーナー4つの正面からのスタートなのでこの馬の条件としてはいいかなと思っています。

◎とにかくスピードのある馬というイメージですが、理想の展開はどうでしょう?
 おっしゃる通りスピードがありますので、今までどおりの競馬になると思います。自分の競馬をするだけですね。

◎応援するファンの皆様にメッセージをお願いします。
 2000メートルのレースを使うようになってからは快進撃ですので、ファンの方も少しずつは増えていると思いますので、いい結果を出して、いいレースを見せてあげられるように頑張ります。

●ジャスタウェイ(榎本俊也調教助手)

◎天皇賞は見ていて力が入ったレースかと思います。振り返ってください。
 僕もビックリしました。ここまで走るのか!?と思いましたので。全てがうまく行ったんだなと思います。

◎天皇賞の後は牧場ではどう過ごしたのでしょうか?
 天皇賞をしっかり走ってくれましたので多少の疲れはありましたから大事を取って休ませることにしました。予定どおり1月28日に厩舎に戻って来まして、その後は緩めることなく順調に調整ができています。

◎戻って来た時の馬を見てどんな感じでしたか?
 一回り大きくなったなと感じましたね。

◎気性面はどうでしょうか?
 正直、もうちょっと大人になって欲しかった面はあるのですが、いい意味で元気一杯でヤンチャな面も見せつつ来ています。

◎いつもは坂路で最終調整されることが多いですが、今回はウッドチップコースでしたが?
 久しぶりの右回りということでコーナリングの確認をしたいということで、それも予定どおりです。

◎調教にはどんな指示がありましたか?
 騎乗したのは福永祐一騎手ですが、手前の確認であるとか息の入り方の最終的な調整ということでした。

◎雰囲気をご覧になってどう感じましたか?
 良かったと思いますよ。最後も軽く仕掛けたぐらいでしたけれど、しっかり反応してくれてましたし、福永騎手も「パワーアップしてるね」と言って下さいました。

◎今年最初のレースですが、準備の方は?
 バッチリだと思います。

◎今回はGIレースのようなメンバーですが?
 凄いメンバーが揃って、一歩引いて見たら楽しみなレースかなと思いますけど、しっかりやらせてもらいましたので大丈夫かと思います(笑)。

◎今回はコーナーが4つある競馬となりますが?
 決して得意とは言えない条件かと思いますが、馬もしっかりして来ていますし、こうした課題もひとつひとつクリアして行って欲しいと思っています。

◎中山競馬場は中山金杯で1回経験していますが?
 中山金杯に関して言いますと少しスムーズさを欠いたこともありますし、最後の直線だけでよく3着まで来たなという内容でしたから特に悲観はしていないですけれど。

◎中山記念の後はドバイ遠征を見据えているとのことですが?
 ドバイを見据えて多少体に余裕を持たせるように・・・ということは気をつけてますけど、休み明けの競馬に向かうにあたっては調教の内容としてはいつもよりしっかりやっているぐらいですから、態勢は整っていると思います。

◎先も見据えて抱負、意気込みをお願いします。
 天皇賞の後はゆっくりお休みを頂きましたが、その分、馬がしっかりして帰って来てくれました。これからGI馬の名に恥じないようにしっかり成績を残していって欲しいと思っています。


スポンサーサイト