こんにちは

当日版は会員ではないので見ることは出来ないのですが、今なら見れるので参考に

10R 有馬記念(G1)
まず負けない◎サトノダイヤモンド

 天皇賞・春に京都大賞典、ジャパンC。○キタサンブラックの今年の勝利は全て①番枠からの先行押し切りだった。さらに総じてスローペースでもある。今回も①番枠。一瞬「ウソだろ」と思ったものだ。しかし、今度だけは別。今開催の中山は外枠天国だ。先週終了時点で芝のレースの連対数は、出走頭数が多いのは確かでも8枠が18回と群を抜き、1枠の3回が最少。実力は言わずもがな。内枠の克服が最大の鍵となる。
 ◎サトノダイヤモンドの6枠は絶好に近い。○とは菊花賞馬という点で一致するが前半、中盤、後半のラップがほとんど同じなか、残り2~1Fで0秒7も厳しい流れを勝ち切った。ステイヤーの競馬に持ち込めば負けることはないと断言したい。キタサンに0秒4切られたJC組は逆転が難しい…が予想の根底。別路線組のミッキークイーンに▲。捻挫明けを叩いて中身は雲泥の差だ。

◎11サトノダイヤモンド
○1キタサンブラック
▲8ミッキークイーン
×6サウンズオブアース
☆2ゴールドアクター
△15アルバート
△14シュヴァルグラン
結果 11-1-2
スポンサーサイト