こんにちは

回顧
http://blog.livedoor.jp/sakai_chiaki/

日経新春杯
ミッキーロケットは、普段はもっと後方でじっくり構える馬なんだけど、今回はいつもよりポジションを取りにいく競馬。3~4コーナーで徐々に前に競りかけながらも、直線を向いたときに焦ってスパートしなかったのがよかった。一旦はシャケトラに交わされかけたけど、追い出しを待ったぶんだけ脚が残って、最後もうひと踏ん張りできてるからね。脚質転換と直線の駆け引きを合わせて和田の好騎乗だよ。追い切りの動きがイマイチな中でこれだけやれるのだから大したもの。菊花賞では結果が出なかったけど、やはり長い距離があっているみたいだ。

シャケトラは、一周目のホームストレッチから向こう正面までハミを噛みっぱなし。それで勝ち負けに持っていくんだから実力があるのは間違いないけど、あれだけ道中で力んだら最後の追い比べで負けても文句は言えない。気性的には中距離向きだろうね。ただ、マンハッタンカフェ産駒らしくトモの緩いところがあって、陣営は長距離を選択しているんじゃないかな。今のままだと厳しいけど、まだ明け4歳で経験も浅い。前にカベを作って折り合わせるようなレースができるようになれば、もっと強くなってもおかしくないよ。

モンドインテロは、いつもどおり中団に控えてソツのない立ち回り。どんな条件でも堅実に走る反面、重賞にいくとワンパンチ足りないところがあるけど、今回もまさにそんな競馬だったね。この馬なりに脚は使っているから、良くも悪くもこんなものだろう。重賞で勝ち負けしようと思ったら、最後方からいくか反対に一転して逃げるとか、どちらにしても極端な競馬をしないと厳しいような気がするよ。

レッドエルディスとは、位置取りがちょっと後ろ過ぎたね。四位が馬をカッとさせないようにゆったり乗っていたようだけど、あそこからだと届かないよ。ゼンノロブロイ産駒は先頭に立つと遊ぶようなところがあるから、あえて最後方近いポジションを選択しているのかもしれないけどね。まあ、馬券圏内は外したとはいえこの馬の競馬は十分にできているし、上位2頭と同じくまだ4歳。馬体もまだ成長が見込めるから、今後に期待していいと思うよ。

カフジプリンスは、モンドインテロと同じく中団から無難な競馬。直線で伸び負けたとはいえ、やっぱりこの馬なりの競馬はできてるんだよね。もっと力をつければ変わってきてもおかしくない。それにしても、京都金杯に続いて今回も4歳馬が上位をほぼ独占してる。よっぽど粒ぞろいな世代なんだろう。

一番厳しい競馬になったのはヤマカツライデン。スーッとハナに立てたまではよかったけど、その後番手の馬につつかれて、3~4コーナーで早めに並ばれるキツい展開。逃げ馬はアレをやられるとダメなんだな。それでも6着に粘っているのだから、間違いなく力はある。展開次第の面はあるけど、この敗戦で見限ることはないと思うよ。レーヴミストラルは調教の動きがイマイチで、今日も直線でまったく伸びてこなかった。追い出すと突っ張るような走り方になるから、馬が走るのを嫌がっているんだろう。58キロも重すぎる。動きが変わってこないと一変は難しいだろうね。
スポンサーサイト