こんにちは

【日本ダービー】栗東レポート~アルアイン
池江泰寿調教師
(前走の皐月賞1着を振り返って)
「4コーナーで手応えが悪くなって、馬群に飲み込まれた時は、厳しいのかなと思いました。そこから直線でよく差し返して、本当にすごい勝負根性だと思いました」

(前走後の調整について)
「在厩のまま調整しました。そんなに疲れもなく、速やかに立ち上げられて、至って順調という感じです」

(1週前追い切りの感触は?)
「長めからびっしりとやりました。あれで息が整ったのではないかと思います」

(最終追い切りは?)
「追い切りという感じではなかったのですが、さらっとやった程度です。
 先週が本追いだったので、今週はレースまで日数があるので、気道が少し塞がってきているのですが、それを拡げてあげるというか、ブローアウトを施しました」

(成長した所は?)
「初めはスタートがもっさりでズブさもありました。レースを使う度に徐々に解消されてきたと思います」

(松山騎手との相性は?)
「まだ無敗なので相性抜群と言って良いのではないでしょうか。松山ジョッキーは4コーナーであのような状況になっても一生懸命に追ってくれていたので、その辺が前走の皐月賞の勝利に繋がったと思います。最後まで一生懸命追ってくれるというのは合うのではないかと思います」

(今回のレースに向けて)
「その辺はやってみないと分からないというか、未知の部分ですね。
 走りっぷりからすると、忙しい競馬よりは合うとは思います。
 (相手については)これから調べようと思います。
 2冠のチャンスがある馬はアルアイン1頭なので、しっかり当日までケアをして、良い状態で出走させられればと思っています」

松山弘平騎手
(皐月賞で臨む今の気持ちは?)
「皐月賞馬でこうして挑めるというのは、すごく嬉しいです。」

(これまで参戦して、ダービーの雰囲気はどう感じているか?)
「取材が増えたりするところが違いますね。当日の昼にジョッキー紹介などもありますし、そういった面でも普通のレースとは違うかなと思います」

(前走の皐月賞1着を振り返って)
「非常に強い内容だったと思います。
 スタートは普通に出たのですが、その後二の脚がついて、好位で競馬を進めました。3、4コーナーで少し馬場が悪くなる所があって、そこで少し下がってしまうところがあったのですが、直線に向いたらもう一度盛り返してくれました。本当にすごい根性を見せてくれたなと思います」

(この馬の良さは?)
「自在性があるのと、勝負根性も良いところです」

(調教過程を振り返って)
「先週と今週、両方乗せていただきました。順調に来ているなという感じです。動きとしては良かったです。
 体全体をしっかり使えていたと思います。落ち着きもありましたし、引き続き良い状態で来ていると思います。
 "順調です"という風に調教師には伝えました」

(今回のレースに向けて)
「やってみないと分からない所はありますが、馬を信じて頑張りたいです。
 当日の馬場状態や、枠などにもよると思うので、その辺はまだ詳しくは考えていません。
 できたら天気は晴れの方が良いかなと思います。先週の競馬の感じだとある程度内目の方が良いと思っています。
 本当に強い馬が出ると思いますが、皐月賞馬として出るので自信を持って乗りたいと思います。
 皆が目指している頂点だと思うので、乗れるというのもすごく嬉しいですし、そこで一番になりたいというのは小さい時からずっと夢でした。何とかその夢を叶えたいと思います。
 楽しみもプレッシャーも両方ありますが、馬を信じて頑張るだけかなと思います。
 2冠のチャンスがあるのはこの馬だけなので、何とか獲れるように頑張りたいです。応援よろしくお願いします」


【日本ダービー】栗東レポート~ペルシアンナイト
池江泰寿調教師
(前走の皐月賞2着を振り返って)
「あわや勝利を掴むところまでいったのですが、少し運がなかったなという感じです」

(前走後の調整について)
「在厩で調整したのですが、前走が結構厳しい競馬だったので、なかなか疲労が取れるのに時間がかかりました。先週の前半辺りから大分復調してきて、何とか皐月賞の状態に近いところに戻せるのではないかと思っています」

(調教過程を振り返って)
「全体的に良かったです」

(今回のレースに向けて)
「(東京コースは)血統的には悪くないと思います。そんなに引っ掛からない馬なので、どちらかと言うとスタートももっさりで中団からの競馬になるのかなと思います」


【日本ダービー】栗東レポート~サトノアーサー
池江泰寿調教師
(前走の毎日杯2着を振り返って)
「結果は残念でしたが、今まで教えてきたことが大分形になってきたなという印象でした」

(ダービー直行の真意は?)
「きさらぎ賞では2着と負けてしまったので、毎日杯かもしくは皐月賞かという、その段階でいずれか一戦しかしないと考えていました。
 毎日杯の方が競馬がしやすいというか、中山2000m小回りでコーナー4つで、4着以内に入らないとダービーの権利はないのですが、あえて4着を狙う競馬をすると拾えたかもしれないですが、今まで教え込んできたことが崩れる恐れもありました。2着に負けましたが、毎日杯だったらまず負けないだろうと思っていましたし、距離は1800mの外回りで、今まで教え込んできた競馬で対応できるかなと思っていました。どちらのレースが良いかと考えた時に毎日杯の方がベターかなということで特に深い理由はないです。
 (毎日杯で)むしろ教えてきたことが形にはなってきたなというような手応えは掴みました。レース後、川田騎手がダービーに向けて良いレースができたと言っていました。負けたことは残念でしたが、そう言ってくれたことはこちらの自信に繋がりました」

(前走後の調整について)
「毎日杯の後は在厩で、間隔をあけた方が良い馬なので、じっくり乗り込んで仕上げていったという感じです」

(今回のレースに向けて)
「距離的にもコース的にも悪くないと思います。あとは先週辺りを見ていると、インの前残りなので、その辺が今週Cコースに変わってどう変化するのか、土曜日から東京の芝レースをじっくりと観察しなければいけないなと思っています。
 (輸送は)大丈夫です。競馬では初めてですが、遠いところから何回も輸送しています。長距離輸送は何回もやっているので、特に問題はないと思います。
 もうジョッキーにお任せしているので、後方になるのか中団になるのか分かりませんが、川田騎手が臨機応変に乗ってくれると思います。彼を信じるだけです。私は決めようとはしていないので、ジョッキーが馬場の状況、枠順はまだ出ていないので何とも言えないのですが、その辺を総合的に考えながら乗ってくれると思います」


【日本ダービー】栗東レポート~スワーヴリチャード
庄野靖志調教師
(ダービーに有力馬を送り出す今の気持ちは?)
「このようなチャンスのある馬でダービーというレースに出させてもらえることを、本当にオーナーをはじめ関係者の方々にすごく感謝しています。調子の良い状態で当日を迎えられるかなとワクワクしています」

(前走後の調整について)
「皐月賞が終わりまして、2週間ほど軽くリフレッシュ放牧をさせてもらいました。帰厩後は順調にここまでやって来られています」

(調教過程を振り返って)
「先週はジョッキーに乗ってもらいました。長めからしっかりと時計を出して、しっかりとやりたかったので、併せ馬をしました。とても良い状態だったと思います。
 今日は全体の時計よりも終いを伸ばすような形で追い切りが終わりました。
 やはりダービーですし、ここを目標に来ていますので、一番良い状態で迎えられるのではないでしょうか」

(今回のレースに向けて)
「2400mという距離に関しては初めてではありますが、東京コース自体は2回経験していますし、良い競馬ができています。左回りでこそと思っていましたし、良い競馬を期待しています。
 共同通信杯の時もそうですが、4コーナーの立ち上がりとか、そこから直線で良い脚を長く使える瞬発力もあります。右手前の方が好きなのかなという感じもありますので、左回りは得意なのではないでしょうか。
 重賞の勝ち馬がたくさんいますし、ことダービーですから皆強いと思います。私たちが全力を出せるように頑張るだけです。
前回は割りとゲートを上手く出てくれて、今回に繋がるスタートだったのではないかと思います。ここのところ東京コースも時計が速いので、ある程度の位置は必要かなと思います。
 デビューの頃からゲートはあまり得意ではなかったので、前走ぐらい出てくれると良いですね。
 特に対策はないのですが、ゲート練習は欠かさずやっています。
 デビューしてから約1年ですが、馬の方は使うごとにどんどん成長していますし、まだまだこれから古馬になっても成長する余地は十分に残っていると思います。すごく期待している馬ですし、これからの活躍も期待したいです。
 デビュー戦に関して言えば、ほぼ負けないだろうという自信を持って行っていました。ダービーをすごく意識していた馬なので、悔しかったですが、今度は勝って嬉し涙で終われれば良いですね。
 セリでオーナーが購入された時からずっとここを目標にしてきました。強い思いを持ってダービーに向かいたいです。
 やはり競馬関係者皆さんにとってダービーは一つの大きな目標だと思います。実際私も今回初めてダービーに出させてもらいますが、子供の頃からダービーというのはずっと特別な思いで見ていました。ここは本当に意識していきたいです。
 スワーヴリチャードがデビューしてから約1年、ダービーという大きな舞台に出ることができます。馬の方はここまで順調に来ていますので、あとは厩舎一丸となって、全力で行きます。応援よろしくお願いします」

四位洋文騎手
(前走の皐月賞6着を振り返って)
「課題だったスタートも上手に出てくれましたし、レースはプラン通りというか、中団ぐらいから進めました。最後、伸びてはいるのですが、やはり前の馬には届かなかったなという印象です。
 皐月賞自体が結構激しいレースになることが多いですし、この馬自身も初めて多頭数の激しい競馬だったので、最後は辛くなったのかなという感じでした」

(この馬の良さは?)
「良い瞬発力がありますし、レースで一生懸命走ってくれるところです。
 基本的にポテンシャルの高い馬ですから、グンと良くなることもないのでしょうが、使いつつレースを覚えてくれています。そういう意味では今回も良い感じで臨めると思います」

(1週前追い切りに跨がっての感触は?)
「変わりなく、非常に良い動きだったと思います」

(最終追い切りの印象は?)
「他の厩舎の馬に少し絡まれて、どうなのかなと思いましたが、折り合いはついていたということですし、最後も余裕残しでフィニッシュしていたと思います」

(今回のレースに向けて)
「これはやってみなければ分かりませんが、この馬自身は東京の左回りというコースは割りと走りやすいのかなという印象を持っています。楽しみにしています。
 東京で2戦走りましたが、共同通信杯の勝ちっぷりは非常に良かったです。前走の皐月賞のようなレースにならないことを祈っています。
 ここは本当に春の大一番ですから、皐月賞組もいますし、トライアル組もいます。戦ったことのない馬もいるので、分からない部分はありますが、何とか上手いこといってほしいです。
 位置取り云々というのは、枠順も出てみないと分からないですし、並びも分からないので、いろいろこれから考えることはあると思います。ただスワーヴリチャードのリズムをしっかりと守って、4コーナーまで力を温存できたら、あとは直線でどれだけ脚を使ってくれるかという思いはあります。
 厩舎サイドともデビュー戦からここを目指して、一戦一戦馬も応えてきてここまで来られました。当然、勝てれば良いなと思います。
 東京で強い競馬ができるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」


【日本ダービー】栗東レポート~カデナ
中竹和也調教師
(ダービー当該週を迎えた今の気持ちは?)
「正直なところ、何とか無事にここまでやって来られたという感じです」

(調教過程を振り返って)
「1週前は最終追い切りに向けたリハーサル的な追い切りでした。やはりそれが上手くいきまして、今週は良い調教内容になりました。
 最終追い切りは一杯にという指示を出して、やってもらいました。満足いく内容でしたし、満足いく動きでした。
 万全に持って来られたと思いますし、競馬までしっかりとケアをして、良い状態で送り出したいです」

(ここまでの調整について)
「前走は競馬の1週前に一杯にやりまして、当該週は微調整程度でした。今回はそれを逆にして、前走以前の過程に戻しました。前走が今までとは違い、イレギュラーなケースでしたので、今回はいつも通りの調教内容に戻してみました。(馬もそれに)合わせてくれていると信じています」

(前走の皐月賞9着を振り返って)
「いつも通りの覇気がなかったということで、その調教過程が影響したのかなと反省していました。
 (弥生賞で見せたポテンシャルは高いと)そう思いますので、カデナ本来の力を発揮できるように持っていってあげたいです」

(今回のレースに向けて)
「折り合いがつく馬ですし、東京の2000mでも実績のある馬なので、あと400m・2ハロンが問題になることはないと思います。
 私にとっても騎手にとっても悲願のダービーとなりますが、カデナにとってはそれこそ一生に一回の、今回限りのチャレンジになります。良い状態で送り出したいと思っています。
 いろいろと責任を背負っていますし、重責を感じています」


【日本ダービー】栗東レポート~アドミラブル
音無秀孝調教師
(3頭出しで臨むダービーへの思いは?)
「これまで出すことがあまりなかったですし、出すのがすごく難しいレースですから、その中で3頭出せるというのは、今年はすごく上手いこといったなと思っています。
 青葉賞の勝ち馬がいるので、期待しています」

(3連勝の内容を振り返って)
「5ヶ月少々休んで、喉の手術をして、治るだろうと期待していました。その休み明けのレースが普通の馬では出せないような時計で勝ちましたので、その時点でダービーを意識したようなローテーションを組みました。
 着差よりもあの馬が持っている能力の素晴らしさが、この3戦で見られています。そのレースぶりからダービーを期待しています。
 (青葉賞は)スタートで後手を踏んで、自分で競馬を難しくしていました。ゴール板を見たり、道中は遊んでいたりしながら走っていました。最後は早めの仕掛けだったのですが、フラフラしながら何とか粘ったというか、それこそ競走馬としてまだ途上のような状態かと思います」

(前走後の調整について)
「これが私としてはすごくやり易くて、中3週で詰まっているように見えますが、休み明けの時よりはやり易いという感じです。
 馬は堪えていませんし、私たちも未勝利を勝った時に作ったローテーションですから、これを変えることも考えていませんでした。馬もそれに応えてくれています。現に中3週で東京に輸送している青葉賞でも結果を出しましたので、あまりそこは気にしないようにはしています」

(調教過程を振り返って)
「これはもう青葉賞の時と同じように、速くならないように、時計の出ない馬をパートナーにして、54秒前後でということで、半マイルは54秒5という時計になっています。能力があるから単走でやると時計が出すぎてしまうのです。ですからそういう風にしました。
 思ったように馬なりで54秒5ですから、全く問題ないと思います。
 前回は同じくレコンダイトと併せましたが、ほぼ馬なりでそれほど速くありませんでした。今日は、半マイルは速くないのですが、同じ馬と併せました。最後に少し気合いをつけたらすっと離しました。ダービーだから少し意識したのではないでしょうか」

(今回のレースに向けて)
「ダービーの日が初めての2400mというのは避けたかったというか、青葉賞というレースがあるので、ダービーの練習をしたという過程です。
 前走はほぼ出遅れていますので、前走のイメージはあまり持っていません。要はスタートをしっかりと決めてほしいなと思っています。
 私なりにイメージすると中団からというレースを意識していますが、枠順などいろいろありますので、今はとやかくは言えないです。
 頭数が多いので不利があるかもしれませんし、メンバーが違うので、そう簡単にいかないのかなと、いろいろなことを考えますね。
 調教師になって23年、これまでダービーに縁がなかったのですが、いきなり有力馬を出走させられることになりました。私としては能力の高い馬だと思っていますので、上手くいけば悲願のダービー制覇もあるかもしれないと思っています」

M・デムーロ騎手
(前走の青葉賞1着を振り返って)
「とても良かったです。楽勝でした。スタンド前で距離もダービーと同じでしたし、良かったです」

(この馬の良さは?)
「能力です。とても高いと思います」

(最終追い切りを見た印象は?)
「良かったです。とても良い具合です」

(今回のレースに向けて)
「(前走と)同じコースと距離ですし、馬もここまで具合が良かったです。しかし、今回は相手が強いので分かりません。
 ダービーですから皆チャンスがあります。皐月賞を勝った馬(アルアイン)はとても強かったです。素晴らしい馬だと思います。レコードで走っていました。2着の馬は私が乗っていたペルシアンナイトで距離は問題ないと思います。レイデオロはずっと使っていなかったので皐月賞は最後にすごく良い脚を使っていました。あとスワーヴリチャードは東京が得意です。いっぱい良い馬がいるので怖いです。
 絶対に難しいレースになると思います。それは楽しみです。
 (理想のポジションは)まだ枠順は分かりませんし、スタートしてから決まると思います。どんなペースになるかも分かりません。
 青葉賞では初めて東京を使っていましたし、コースが広いので、ゆったり走っていました。今回はまた違うと思います。
 もちろんレースは全部大事ですが、やはりダービーは特別ですね。頑張ります」


【日本ダービー】栗東レポート~ダンビュライト
音無秀孝調教師
(前走の皐月賞3着を振り返って)
「ここ3戦、判で押したように3着なのですが、前走はレベルが違うメンバーでしたから値打ちが違うと思います。弥生賞も弱くはなかったと思います。そんな中で1600m、1800mと使ってきて、弥生賞も皐月賞も2000m。距離が延びた方が、結果が良いような気がします。母系に長い所を走っている馬がいるものですから、2400mのダービーは、私は向くのではないかと思っています」

(前走後の調整について)
「この馬は皐月賞の後、短期でリフレッシュ放牧に出しました。体も戻って帰ってきました。ですから逆に攻めています。今日はほぼ馬なりで調整していますが、2本速い時計を出しています。十分だと思います」

(調教過程を振り返って)
「今日は調教前に武騎手と、"今日はもう馬なりで良いかな"と話しました。単走でも良かったぐらいなのですが、武騎手は全然追わずに、後は余力残しで本番に向かいたいと思っています。予定通りですね。
 (武騎手は)初めて乗ったのに、実に上手く乗ってくれましたし、ダービーを何回も勝っているジョッキーですから、全部託すつもりでいます。
 中山も2回、東京も1回走っています。レース前の返し馬でテンションを上げていますが、もう慣れが見込めると思うので大丈夫だと思います。
 何回も東京方面に行っていますし、レースの輸送もそんなに堪える馬ではないので、期待しています。
 私にはあまり(イメージが)ないのですが、武騎手は皐月賞をイメージした乗り方になるのではないでしょうか」


【日本ダービー】栗東レポート~アメリカズカップ
音無秀孝調教師
(前走後の調整について)
「皐月賞の後はダンビュライトと同じように短期で放牧に出しました。皐月賞では体重を少し減らしたのです。輸送で10キロぐらい減ってくるので、 今回もおそらく減るのではないかと予測はしています。昨日、体重を見てみますと462キロ。皐月賞の時は460キロぐらいで最終追い切りを迎えているので、2キロ増えているのですが、ほぼ同じぐらいの状態かなと思います」

(最終追い切りを振り返って)
「3本追い切った中で、今日が一番速いのですが、先週、先々週と体重調整のために少し手控えた調教をしています。今週はそうもいかないので、やっています。ですから、それで少し体重が増えてくれていたら良いですね」

(今回のレースに向けて)
「血統的には少し心配なところもあります。お母さんが長い所を使っていませんでしたが、マンハッタンカフェのステイヤーの血に期待しまして、何とかもってほしいと思います。
 きさらぎ賞を勝った時に、皐月賞、ダービーは松若騎手で行きましょうと、オーナーと決めていました。(松若騎手は)皐月賞では少し緊張したのでしょうか、スタートが悪かったですし、その上に少し押して出していったので、そのしっぺ返しで1コーナーからハミを噛んでいました。そのためにあのような着順になってしまいました。ですから、2400mを意識した乗り方をしてほしいです。
 あまりこちらが言ったら緊張してしまうので、何も言わずに乗せようと思っています。
 出走させることもホースマンの一つの夢ですが、勝つのはさらに上の夢で、それを毎年夢見ています。出走させることすら難しいからこそ、ダービーはホースマン誰もが目指すものです。同じように私も思います」


【日本ダービー】栗東レポート~クリンチャー
宮本博調教師
(ダービーへの2頭出しについて)
「これは本当に調教師冥利に尽きると思っています。本当に嬉しいです。3年前には枠順まで発表されて出走取消しなければならないようなこともありました。あと4日あるので、この4日間は平常心を保って15時40分にゲートインをすることが叶えば良いなと思っています。
 (ウインフルブルームの時は)すごくショックで真っ暗になっていました。
 私が平常心を保てたら、働くスタッフも馬も皆そちらの方が楽ではないかと思っています」

(皐月賞4着を振り返って)
「オーナーからの指示で、4コーナー先頭というのが、クリンチャーの使命でした。それはオーナーの気持ちを守れたかなと思っています。よく最後まで踏ん張ったなと思います」

(成長の様子はどう見ているか?)
「デビューした時、これだけ走るタイプの馬とは思っていなかったです。
 競馬でどんどん馬が進化していっている感じがします。最初は追い切りも全然動かない馬だったのです。それがもう今は普通より少し動く馬になっています」

(調教過程を振り返って)
「この馬は未勝利からすみれステークス、皐月賞、今回のダービーですよね。1週前にビシッとやるのがこの馬のパターンです。そのパターンを守って先週はやりました。至って順調です。」

(今回のレースに向けて)
「ダービーで5戦目になる優等生です。滅多にそんな回数で駒を進める馬はいないと思います。
 有力馬たちが瞬発力を持っていますが、どちらかと言うとクリンチャーはスタミナが豊富なタイプだと思います。自分でもレースを作れる馬なので、そういったレースで強い馬たちに臨んでもらいたいです。
 極端なスローにならないで逃げ馬がいなかったら自分がレースを作っても良いというような気持ちで、平均ペース以上の時計で駆け抜けて行ってほしいです。
 左回りは、皐月賞が終わった後、ダービーに向けて左回りの調教もしてみました。全然問題ありませんでした。
 新馬戦が左回り、外枠、いろいろなことがありましたが、馬が違うレースでしっかり解決してくれているので、あのレース(新馬)は論外にして結構だと思います。
 15時40分のスタートまで私の仕事なので、何とか平常心を保って馬とスタッフに接しようと思っています。応援のほどよろしくお願いします」


【日本ダービー】栗東レポート~キョウヘイ
宮本博調教師の
(前走のNHKマイルカップ14着を振り返って)
「前走は初めての東京遠征でした。遠征自体は小倉にも行って、慣れてはいるのですが、予想外の観客の声に馬が戸惑ったみたいです。
 ダービーはもっと違うと聞いているので、(馬場には)後出しをしようかと思っています」

(前走後の調整について)
「中2週の競馬になりますが、馬は元気いっぱいに来ています。
 雨さえ降ってくれたらこの馬の出番が回ってくるかなと思っています。
 ファンもいっぱいついているみたいなので、本当に頑張ってほしいです。
 (キョウヘイは)オーナーの友人の子供の名前らしいです」
スポンサーサイト