こんにちは

予想家のみなさんのご意見は


水上さん
◎$本命馬&お宝馬
⑩ベストアプローチ
(牡3、栗東・藤原英厩舎、岩田騎手)
競馬史に珍しい大混戦ダービー。それでいてメンバーレベルも高い。春前半に言われていた牡馬低レベル論を嘲笑うかのような、素晴らしいダービーが期待できる。

牡馬がレベルアップしてきた要因は、新興勢力の台頭だ。アルアインも、アドミラブルも、ダイワキャグニーも、2歳から重賞戦線で勝ち負けしていた馬(出走していた馬)ではなかった。ダービー馬候補も、春後半から力を増してきた馬から選ぶ。狙うは⑩ベストアプローチだ。

前走の青葉賞。高速馬場への対応は厳しいかと考え、△しか印を回していなかった。2着には少なからず驚いたものだ。確かにアドミラブルには切られたが、上がりの脚は0秒1しか違わず、追い出しの位置取りの問題が大きかった。さらに追いつけない差と見てラストは流していたこともあり、アドミラブルとの差は見かけよりはずっと小さいはずだし、アドミラブルより消耗も少なかったと考える。
血統は、オークスを制したソウルスターリングと同じガリレオ直系のニューアプローチ。そして母方は異色のハイペリオン系の生き残りエフィシオ。欧州で1200から2400まで幅広い欧州G1馬を出して成功している種牡馬だ。さらにその父系は南米でも成功している。今の日本競馬においてはかなりの異端の配合で、スピードスタミナ共に高品質。東京2400でレースレベルが上がると、母がヨーロッパ血統であることが望ましいのだが、これにも該当する。

「青葉賞からダービー馬なし」の歴史を変えるのは、アドミラブルではなくて青葉の影に隠れたこちらではないか。キツいローテーションを乗り越える必要はあるが、この逞しい血統ならと期待する。こうした異端児が世代頂点に立つシーンを見てみたい。

上位評価は⑤クリンチャー、⑱アドミラブル、①ダンビュライト。押さえで⑥サトノアーサー、以下個人的にはアタマなしで⑦アルアイン、⑫レイデオロ、④スワーヴリチャード、⑪ペルシアンナイト、⑮ダイワキャグニー。今年のダービーは波乱とみた。


栗山さん
◎18アドミラブル
○4スワーヴリチャード
▲6サトノアーサー
△10ベストアプローチ
△7アルアイン
△12レイデオロ

<見解>
◎アドミラブルは
「ディープインパクト×シンボリクリスエス」という組み合わせ。

母スカーレットは皐月賞馬ヴィクトリーや重賞3勝馬リンカーンの半妹で、
2代母グレースアドマイヤは半兄弟にダービー馬フサイチコンコルド、
皐月賞馬アンライバルドがいる。

クラシック向きの底力に恵まれた超一流のファミリーだ。

本馬は母方にサドラーズウェルズ、トニービン、ロベルトといった
重厚な血が散りばめられており、
これが大舞台における信頼性を高めている。

全兄タブレット(2勝)、全姉イサベル(4勝)は
いずれも大成する前に競走生活を終えてしまったが、
素質は重賞級だった。

もともとノド鳴りを抱えていたため、
昨年秋のデビュー戦は10頭中9着と惨敗。

しかし、手術を経て復帰した3月の未勝利戦(芝1800m)は、
休み明けにもかかわらず1分45秒8という
古馬オープン並みの好時計で快勝し、
続くアザレア賞(500万下・芝2400m)はスローペースとなったものの
難なく折り合って豪快に抜け出した。

余力を残すことに主眼を置いた前走の青葉賞(G2)は、
緩めの調整、初の長距離輸送、初の左回りといったハードルを
楽々とクリアして楽勝。

2分23秒6の勝ちタイムはレースレコードだった。

500kgを超える恵まれた馬体から繰り出す
豪快なフットワークは大物感にあふれ、
血統的にスタミナの裏付けがあるので
苦しいところからさらにもうひと頑張りできる。

今回は大目標のダービーなので前走よりもしっかりと仕上げてきた。

その傑出した能力は大外枠の不利を補って余りある。

世代の頂点に立てるだろう。


スポンサーサイト