こんにちは

坂井千明さんの記事です。

レース回顧

ダービー
レイデオロは、ルメールの一か八かの賭けが見事にハマったね。典(横山典弘騎手)がマイペースの単騎逃げに持ちこんだおかげで、序盤はGIとは思えないほどゆったりした流れ。先行勢はみんな折り合いを付けるのに必死だったけど、そこで無理に抑えず番手まで押し上げたのがとにかく良かった。馬自身も利口で、かかって行きたがるようなところは全然見せなかったしね。普通あの箇所で動いたらゴールまで持たないんだけど、ルメールは馬のリズムを崩すようなことはしていないから、最後までしっかり脚を使えたんだろう。まあ当然のことながら、あの立ち回りは勝ったから賞賛されるようなところはある。中盤に動くとロスが大きいし、展開次第では惨敗してもおかしくないからね。とにかく、ルメールの度胸が何よりも光ったレースだったと言っていいと思う。

スワーヴリチャードは、これも四位が実に上手く乗っているよ。道中は中団のインあたりでジーっと脚を溜めて、スローの流れにも戸惑わずに立ち回れている。勝負どころで徐々に外めに持ち出して、前のレイデオロを目標にスパート。一時は差し切るくらいの手応えだったんだけど、最後はもうひとつ伸びきれなかった。道中のロスはほぼなかったし、相手がキツい競馬をしたことを思えば、今回のところは完敗だね。とはいえまだまだ先のある馬だし、秋以降の活躍に期待していいと思うよ。

アドミラブルの敗因は、何と言っても枠順に尽きるだろう。前走と同じように序盤は無理せず最後方待機。道中ルメールが動いたところでこの馬も少しポジションを上げているんだけど、せいぜい中団あたりまで。あれ以上動けばかなり脚を使うし、3~4コーナーでずっと外を回されるハメになるから、デムーロも青葉賞みたいに攻めた競馬はできなかった。あの流れで3着までこれたのだからやっぱり強いよ。今回は展開が向かなかっただけで、力のあるところは見せてくれたと思う。この馬も今後が楽しみだね。

マイスタイルは、典の思い切った逃げがいい方に出たね。他の逃げ馬が行く気を見せなかったのも良かったけど、スタート直後にガンガン押しているから、おそらく最初から積極的に行く作戦だったんだろう。まあ、最後は伸び負けたけれど、見せ場は十分作ったんじゃないかな。

アルアインは、道中は好位のいいところで運べていたし、ハミを噛んだとはいえ抑えは利く程度。レイデオロが動いたタイミングでも慌てるようなところはなかったんだけど、それでいて最後はもうひとつ伸びきれなかった。血統的にも2000mあたりが限界という感じだし、いかにも距離が敗因という負け方だったね。まあ5着まで来れているのは立派なもので、悲観する内容ではなかったと思うよ。

ダンビュライトは、最内枠が逆にアダになったところがあるね。直線でキレるタイプじゃないことは豊(武豊騎手)もわかっているから、直線の入り口で早めにスパートしようとしているんだけど、いかんせん前が開かなくてしぶとさを生かす立ち回りができなかった。まあ、彼とすればできるかぎりのことはやったという感じだろうし、批難されるような乗り方はしていないと思うよ。
スポンサーサイト