こんにちは

坂井千明さんのコラムです。

宝塚記念
サトノクラウンは、馬の適性とデムーロの冷静な騎乗が完璧にマッチしたね。序盤は無理せず馬なりで中団後方に待機。ペースの遅さを察して向こう正面でポジションを上げたけど、3コーナーに入る前にスッとポジションを下げたのがよかった。コーナーであの位置にいたらずっと大外を回るハメになるから、距離ロスという意味でデムーロの判断は正しい。そしてギリギリまで仕掛けを我慢して、最後は止まった先行勢を交わすだけ。重馬場は得意だし2200mという距離も実績十分。まさにパーフェクトな内容と言っていい。凱旋門賞挑戦のプランがあるようだけど、好走の可否はやはり時計のかかる馬場になるかどうかにかかっていると思う。去年のシャティンみたいな高速馬場だとちょっとキツいかもね。

ゴールドアクターは、追い切り診断で一番いい評価を下したけど、やはりいいレースを見せてくれたね。内枠から逃げるという見込みもあったけど、展開予想でも書いたようにキタサンブラックの前に行くのはやはり厳しい。典(横山典弘騎手)もそれがわかっていたから後方待機策を選択したんだね。あとは直線まで追い出しを我慢して、内の進路がポッカリ開いたところを狙ってスパート。悪くない競馬だったけど、もともとキレるタイプじゃないから、最後はサトノクラウンとの追い比べで劣ってしまった。とはいえ先行策が取りづらいだけに、この馬としては最高の競馬だったと言っていいと思うよ。

ミッキークイーンは、もうスタートからゴールまでズーッと自分の競馬に徹していたね。序盤は馬群の後ろに待機して、前が動いた時も慌てずに脚を溜める立ち回り。最後は外から追い込んできているんだけど、直線で馬の間で挟まれたのがちょっと痛かった。何しろ小柄な牝馬だから、見た目以上に影響はあったと思う。それでも3着まで来たのだから、内容としては立派なものだよ。

キタサンブラックは、追い切り診断で少し否定的なコメントを残したけど、その通りの結果になってしまった。おそらくレース前の豊(武豊騎手)には逃げるプランはなかったはず。ゲートの出方を観察すればおおよそのことは推測できる。ただ、ペースが予想以上に遅くなったせいでハミを噛んでしまったし、いつも以上に力みながらのレースになってしまった。向こう正面でサトノクラウンに突かれた点に注目した人は多いと思うけど、個人的には大きな敗因はやはり状態面にあったと見ている。キタサンはタフな持久力タイプだし、後半にペースが上がったことはむしろいいほうに働くはずだからね。

終始外を回ったことも、当日の馬場状態を考えればそれほどマイナスとは思えない。第一、1着のサトノクラウンだって大外を回っているんだから、これは言い訳としてはイマイチだ。状態面が芳しくなかったことに加え、昨年よりも瞬発力の求められるレースになったことがあそこまで負けた要因じゃないかな。推測するに、前走の天皇賞・春がよほどキツいレースだったのだろう。凱旋門賞断念は残念だけど、まだ力が衰えたわけではないと思うし、夏場はゆっくり休養に当てて元気な姿でターフに戻ってきてほしいね。

シャケトラは、積極策が裏目に出た感じ。序盤からハミを噛んでいるし、早めに仕掛けられて3コーナーあたりから長く脚を使わされてしまった。それでも大負けしていないのだから、やはりそれなりの力はあると思う。レインボーラインは、ミッキークイーンと同じく終いの競馬に徹したんだけど、ちょっと動き出しが早すぎたかな。シュヴァルグランは、スタートが良くて誰も行かないから成り行きで逃げる形。マイペースに持ち込めたこと自体は良かったはずだから、あれだけ負けたのは馬場が原因かも。それに天皇賞・春を激走した疲れもあったかな。
スポンサーサイト