こんにちは

【スプリンターズS】美浦レポート~セイウンコウセイ
○セイウンコウセイについて上原博之調教師

「(前走を振り返って)
 函館の洋芝は例年の馬場ならこの馬に合うと思ったのですが、異例の高速馬場になっていました。この馬には展開も馬場も不向きだったと思います。それでも前半32秒台で行っている割には終いもそこまで止まっていませんし、能力を感じました。

(前走からスプリンターズSへの直行について)
 前走後は涼しい北海道で休養し、暑い時期に美浦に戻すのはどうかと思い、スプリンターズS一本に定めて、美浦が涼しくなってから戻ってきて今週を目標にやってきました。順調に来ています。

(1週前、そして今朝の追い切りについて)
 1週前は終いびっしり追うというのは当初からの予定だったので、先週びっしり追いました。先週追い切った後も疲労感なく馬は元気でした。高松宮記念の直前も最終追い切りで気合いをつけて好走していましたので、今週も直線で気合いをつけました。馬の状態がいいものですから、2週続けていい追い切りが出来たと思います。(春と遜色ない状態?)そうですね、体はもうできていますし、函館SS以来の休み明けですが馬はいい状態でいます。

(中山の芝は今回が初めてとなるが?)
 ローテーションや選んだレースの関係で、たまたま中山の芝が初めてというだけです。右回りは何度も経験していますし、坂に関してもパワーのある馬ですからね。普段から坂路でも調教していますし、そのあたりは心配していません。仮に馬場が渋った場合でも道悪は苦にしませんし、スピード決着の前走もしっかり走っていますから、馬場は問いません。

 1200mや1400mのレースでは大崩れしていませんし、馬も成長してきていると思います。この馬の競馬をしていい結果を出してくれればいいですね。春秋スプリント制覇が可能なのはこの馬だけですから、そうなるように厩舎としても期待しています」


【スプリンターズS】美浦レポート~レッドファルクス
○レッドファルクスについて尾関知人調教師

「(春の3戦を振り返って)
 馬場状態や距離などいろいろな条件のなかで、3着1着3着とよく頑張ってくれたと思います。特に安田記念は距離ももちろんですが、それまで大事に使ってきた中で、連戦の後の中2週ということでどうかと思いましたが、しっかり競馬できたということも大きかったです。

(安田記念から直行のローテーションについて)
 春のレースを見てもやはりまだ左回りのほうが安心感があり、スプリンターズSを目標とする中で前哨戦が関西で右回り、わざわざ使うよりはという部分がありました。去年も休み明けでこのレースで結果を残してくれたこともあり、予定通りここ一本で調整してきました。(去年より休養期間が1カ月ほど長いが)レベルの高いレースで連戦したこともあり、その疲れをしっかり取る意味で若干休養が長いぐらいのほうが馬にはいいのかなと。放牧先でしっかり疲れを取っていただき、いい状態で入厩させてもらいました。

(最終追い切りについて)
 1600mからの臨戦ということがあり、少し距離の短い、テンから少し出していくような追い切りをしたかったのと、中山コースがどう出るかということでこれまでは大回りのコースで乗っていたのですが、馬もしっかりしてきたのでウッドチップで内目で併せてみようと。先週の追い切りで長めからしっかりやれていたこともあったので、総合的に判断しました。しっかり手前も替えて、いい動きでした。課題もクリアしてくれたと思います。
 フレッシュな感じで、攻め込んで行く中で溜まった疲れも乗り越えて、いい状態で競馬に向かえそうな雰囲気です。

(右回りについて)
 右回り自体はある程度のレベルで走ってくれるのはわかっていますが、枠や頭数などもありますから、やはり課題ではあるのかなとは思います。ただそのあたりも含めて、ジョッキーも分かってくれていますからね。まずは馬をしっかり仕上げて、最善の状態でジョッキーに引き継ぎたいと思います。(ディフェンディングチャンピオンという)このような状況で大レースに臨めるのは幸せなことですし、馬にとっても厩舎にとってもこういう立場でGIに臨むのは初めてです。悔いのない状態で、いいレースができるようにしたいと思っています。応援のほどよろしくお願いします」


【スプリンターズS】美浦レポート~ラインミーティア
○ラインミーティアについて水野貴広調教師

「(前走を振り返って)
 思った通りのこの馬のレースが出来ました。しっかり内で脚を溜めて、終いもしっかり脚をのばす競馬が出来たと思います。1000mでいい結果が出ていたのでこだわって使っていましたが、1200mも全く問題ないです。

(ここまでの調整過程)
 レース後も疲れを見せず、順調に来ています。問題ないですね。

(最終追い切りについて)
 前に馬を置いてリズムを作って、じっとしていて終いだけスッと出るような、実戦をイメージした形で追い切りました。もともと調教は動く馬ですし、いい追い切りが出来たと思っています。状態は変わりなくいい状態ですので、あとはこの馬の競馬をするだけですね。

(ここにきての充実ぶりについて)
 この馬の一番いい部分をここ数戦出せているということでしょうか。西田騎手もこの馬のことを分かってくれて、すごく合っていると思います。

(レースについて)
 しっかり脚を溜めて終い伸ばす、それであとはどう結果がついてくるか、ですね。馬群を抜けてくるのも全然問題ないですし、そのあたりは強みです。枠はあまり外でなければどこでもいいです。(相手は強くなるが)まだまだ挑戦者の立場ですから、しっかりこの馬の競馬をしてくれればと思っています」

○ラインミーティアについて西田雄一郎騎手(追い切りには騎乗せず)

「(前走を振り返って)
 それまでこの馬には新潟の直線1000mでしか乗ったことが無かったので、1200mでどういう競馬をしてくれるか楽しみにしていました。思った以上にいい位置取りで競馬ができたのですが、自分の仕掛けが少し早くて一度進路がなくなってしまったので、もうワンテンポ遅らせていればもっと際どかったと思います。それでも、狭いところを割ってくるようないい根性のある馬なので、外なら外、内なら内といろんな選択肢を持ちながら競馬ができると思います。

(最初にコンビを組んだ印象)
 昨年から騎乗依頼を頂きながらたまたま乗れなかったのですが、この馬の直線1000mへの適性などは感じていたので、いいイメージで騎乗しました。正直、春の1000万勝ちのときは仕掛けを遅らされ、自分の中では上手く乗れなかったのですけど、それでいて最後の切れ味で他馬を負かしてしまったので、すごい切れ味があることがわかりました。
 その後の2戦は落鉄したり出遅れたりというのがあり、アイビスSDは格上挑戦で、勝ちに行くより自分のペースを守り、切れ味が重賞でどれだけ通用するかを考えて乗っていました。状態も良かったし、全てが上手くいったレースでした。当初、返し馬はムキになることが多かったのですが、アイビスSDの頃からは力を抜いてリラックスして返し馬をできているので、そのあたりは成長しているのかなと思います。

 手の内に入れたかどうかはわかりませんが、自分の中では人馬とも相性がいいという気持ちでレースに臨んでいます。

(レースについて)
 GIとなって、相手は強くなるのですが、この馬の切れ味がどのくらい通用するかという楽しみがあります。この馬の切れ味を100パーセント、ミスなくエスコート出来ればという気持ちでいます。どの枠を引いてもどんな展開でも左右されないように、そのうえで結果がついてくればと思います。
スポンサーサイト