こんにちは

石橋武さんのコラムです。

単勝二頭流 スプリンターズS、凱旋門賞はお任せ!


編 というわけで、そろそろ本題に入りましょうか。今日はスプリンターズSと凱旋門賞についてもお話をうかがつつもりですので、よろしくお願いします。

石 はい、こちらこそ。

編 まずはスプリンターズSなんですけど、石橋さんって、このレースの穴馬を挙げるときに、いつもダート実績に注目しますよね?

石 そうだね。勝負予想の見解をご覧の方には耳にタコ状態だろうけど(笑)、中山芝1200mはダート的な要素、つまりハイペースでレースを進めてどこまで粘れるか、ハイペースのなかでどれだけ終いの脚を使えるかというのがポイントになるんだ。

編 それはコース形態から?

石 その通り。中山芝1200mはスタートしてからずっとゆるやかに下っていって、最後の直線に急坂があるコース。最初からハイペースになる要因が揃っていて、しかもいちばん苦しいところで急坂を迎える。いかにゴールまでスピードを持続できるかというコース形態だから。実際、去年のレッドファルクスもそうだし、過去のスプリンターズSの好走馬もダートに実績のある馬が多いよね。

編 たしかに。ということは今年もそこに注目すればいいんですね?

石 そう。それでいいんだけれど、ちょっと問題があって。

編 え、なんですか?

石 今年はダートに実績のある馬って、人気どころなんだよね(笑)。この対談ではちょっと名前を挙げづらい(笑)。

編 注目穴馬を挙げる対談ですからね(笑)。

石 そう。ということで、それぞれ別の角度から穴馬を挙げてみたいなと。

編 いいですね。ではさっそく一頭目は?

石 ダンスディレクター。ダート実績は皆無(笑)。でもこれも常々言っているように、持続力勝負になりやすい1400mに実績があるのは強調しておきたい。

編 あ、1400mもダート実績をチェックするって言っていますもんね。

石 そう。1400m戦って芝・ダートを問わず、基本的には前にいる馬にとって有利。これはワンペースの競馬が多くて、そういう緩急のつかない競馬というのがダート戦の流れに似ているからでもあるんだよね。ダンスディレクターはそういう流れのなかからでも末脚を伸ばせるタイプだけに、ここでも面白い存在だよ。

編 なるほど。ただ、去年のスプリンターズSが15着に大敗。適性的にはどうなのかなと。

石 去年は出遅れてそのままだったからな〜。スプリンターズSにしてはペースが緩んで、前に行った馬が上位にそのまま残っていたし。この馬にとっては展開的に厳しかった。今年もメンバー的に去年の顔ぶれと大きくは変わらないけど、それでも逃げ・先行馬は多いし、去年はポンと人気のミッキーアイルが先手を取って他が遠慮しちゃった格好だったよね。誰も競っていかないという。ああいうのは想定外の展開だし、それが2年続くとは考えづらい。そして考えたくない(笑)。

編 今年はミッキーアイルはいませんし。

石 そうね(笑)。いつも通りのスプリンターズSの流れならば、ダンスディレクターで勝ち負けまで見込めるよ。

編 いいですね〜。では続いてチェックするのは?

石 レッツゴードンキ。この馬も去年のスプリンターズSで凡走しているんだけど、こちらも展開が向かなかったから。まあ、そのあとの函館スプリントSとか、あとは春の高松宮記念でスプリント適性がバレてしまったのがちょっと残念だけど。

編 でもそのわりに今回もそんなに人気しないんですよね。

石 もっとわかりやすく1200mがいいという馬がいるからね。ただ、レッツゴードンキもワンペースなところがあるから、中山芝1200mが合っているのは間違いない。ほら、4走前にもマイル戦だけど中山芝コースで好走しているでしょ?

編 ええ。6番人気ながら2着に好走しましたね。

石 あのレースも中山マイルっぽい澱みのない流れになって、それを後方から差してきている。ペースは多少違えど、ああいうダート的なハイペースというか、緩まない流れは瞬時に加速できないこの馬にとってはプラスだからね。

編 ああ、それで逆に緩急のつきやすい東京マイルでは前走みたいに惨敗しちゃうのか。

石 そうだね。さっきも話したように、今回は自動的にハイペースになりやすいコースだけに、大駆けが期待できるよ。

編 なるほど。あと一頭挙げていただくとすると?

石 モンドキャンノかな。2着に好走した朝日杯FSを見ても、脚が溜められれば破壊力はあるよね。前に行くと淡白な面があるけど。その朝日杯FSも速い流れから脚を繰り出しているし、逆に瞬発力が必要だった東京マイルでは凡走。

編 レッツゴードンキと似たような成績ですよね。

石 同じような適性なんだよね。今回もじっとついていきつつ、最後の直線で弾ける競馬ができればチャンスはある。能力は高いからね。

編 ではスプリンターズSはこの3頭に注目ということで、つづいて凱旋門賞ですけど。

石 こちらは外国のレースらしくまだ出走馬が固まりきっていないので、穴馬にこだわらず注目している馬を挙げておくと、カプリとウィンターあたりかな。

編 ブックメーカーで人気に推されているのはエネイブルですよね。

石 だろうね。勝ちっぷりがハンパないから。実際強そうに「見える」し。

編 なんかトゲのある言い方ですね。

石 トゲがあるというか、あの着差を額面通りに受け取っていいのかどうか、レースレベル自体はどうなんだというのがちょっと引っかかってて。週末までに整理するけど。

編 そうか、凱旋門賞は勝負予想でも配信するんですよね。

石 もちろん。勝負予想の日曜日版で配信しますので、こちらもご期待いただければと。

編 じゃあ、日曜日は全部で6レースの配信になるのか。楽しみです。
スポンサーサイト