こんにちは

シリウスS
「シリウスSはハンデほど差がない組み合わせで、人気馬が自滅しての波乱。メイショウスミトモは追走が楽になっても、焦らず脚をタメたのが勝因。実績を思えば金星やね。ドラゴンバローズはここで立ち回りの上手さを活かせたのは収穫。ピオネロは完璧に乗っての③着。堅実な反面、重賞入ると限界がある。」

スプリンターズS
「セイウンコウセイは返し馬が硬かった。状態云々よりも、前走の結果しかり時計がかかる馬場向きやね。メラグラーナは腹回りが寂しく見えて、馬体減の影響あったな。馬体のつくりからは、もっと距離があっていいタイプにも見える。ビッグアーサーはブランクやね。前哨戦使えとれば、また違ってたと思う。」

「レッドファルクス。ワンスインナムーンが絶好のペースで逃げて、レッツゴードンキは岩田がイメージどおりのイン突き。馬場を考えても普通はこの2頭で決まる展開。それを坂を上がってさらに加速して差し切るんやから、今日の競馬は力が違った。また、ドンキもそうやけど、春より状態が全然良かったな。」

凱旋門賞
「エネイブル。デットーリは馬の力を信じきった安全策。それでも執拗にオブライエン勢が潰しに行っとるんやけどね。ノブレスの代わりをしてくれてるってくらいに。それを力でねじ伏せるんやから、とんでもない牝馬。あの馬体のどこにパワーが潜んどるんか。サトノダイヤモンドは馬場適性につきるの一言。」
スポンサーサイト