こんにちは

坂井千明さんのコラムです。

スプリンターズS
レッドファルクスは、着差以上に強い競馬だったね。道中の走りはモタつき気味で、直線を向いた時の位置取りも決して良くはなかったんだけど、それでも力任せに差し切ってしまった。春以来のぶっつけであの脚を使えるんだから、力が一枚抜けていたんだろう。1週前から当週の追い切りの良化が素晴らしかったのは、やはりさすがGI馬といったところ。おそらくレースが近いのを馬がわかっていて、自分で体を作るんだと思う。こういうタイプは乗っていても楽しいだろうな。

レッツゴードンキは、岩田は最高の競馬をしていると思うよ。スタートを決めてインでじっくり待機して、抜け出すタイミングも完ペキ。彼としても「勝った」と思っただろうけど、今回は相手が悪かったね。ちょっと言い訳みたいになってしまうけれど、個人的には追い切りの動きを見る限り、やはり昔ほどの迫力は感じない。もっとキレの良い脚を使っていた印象が根強いんだよな。まあ、年齢を重ねて走り方が変わってきているのかもしれないけどね。

ワンスインナムーンは、思ったよりペースが上がらなかったぶん、単騎でじっくり運べたのが何よりの好走要因。この馬自身は逃げ前提のゲートの出し方をしているんだけど、番手のダイアナヘイローあたりもあまり競りかけてこなかったから、道中はほぼ文句なく運べている。終いは甘くなったものの、初GIでこれだけやれれば上出来だろう。GIIIあたりはいつでも勝てそうだね。

スノードラゴンは、内をロスなく運べたのが好走に繋がった印象。もったいなかったのはメラグラーナ。GIにしては流れが遅かったせいもあるけど、4コーナーで一旦インに色気を出したのが良くない。あれで僕は「ダメだな」と確信した。そのあとインを諦めてもう一度外に持ち出しているんだけど、この1~2頭分のロスはあの時点では致命的だったと思う。実際、最後は脚を余し気味の入線だったからね。セイウンコウセイは、やはり状態面が本調子ではなかった気がする。道中の行きっぷりがまず悪いし、直線で追われてからもイヤイヤ走っている感じだったね。


シリウスS
メイショウスミトモは、直線であえてインを突かなかったあたりにフル(古川吉洋騎手)の技量を感じた。道中は出たなりに中団のインでジッとして、じっくり脚を溜める競馬。勝負どころでエンジンをふかして、そのままラチ沿いに進路を取ることもできたはずなんだけど、彼はあえて外に持ち出している。これは馬の気性面を考えてのことだろう。普通に考えれば、ロスなくインに突っ込んだほうがいいからね。この馬は騎手を何度か変えているけれど、もともと彼は主戦だったし、馬の特徴を掴んでいたはず。今回は乗り役をほめるべきレースだよ。

ドラゴンバローズは、スタート後にマスクゾロに前をカットされた不利はともかく、終始外にササりっぱなしだったのが痛かった。おかげで直線で抜け出してからも、重心が右にかかりっぱなしでまともに追えていない。和田自身も「ずっと外にササっていた」と言っているから、よほど修正に苦労したんだろう。これは力負けというより気性面の問題で、まともに走れば楽勝だったんじゃないかと思うよ。

ピオネロは、普段はもう少し後ろからいく馬だけど、今回はユウイチ(福永祐一騎手)が好位外でカベを置かずとも折り合えたのがよかったね。勝ち切れなかったのはいつものことだけど、前々で我慢できたのは成長の証。今回のような競馬ができれば、いつかは重賞を勝てるかもしれないな。

マスクゾロは、やはり状態面がイマイチだったんだろう。直線でいつもの粘りが利かなかった。ミツバは、もう松山が向正面から追い通し。あれで動かないんだから、やはりこの馬も気性面に課題があるね。
スポンサーサイト