こんにちは

予想家のみなさんのご意見は


水上さん
◎本命馬
⑯ステルヴィオ
牡2、美浦・木村厩舎、ルメール騎手
東京の開幕週、特に初日は、なぜか雨に祟られることが多い。だが当日に雨が降らなければ、魔法の水はけを誇る東京芝コースなら、道悪適性を問われるような馬場になる公算は小さい。土曜も、雨は未明で上がる見込みで、レース中は、芝は良に近い稍重程度で終日行われるのではないだろうか。
さて開幕日を飾るのは2歳重賞、サウジアラビアロイヤルC。これまでを見ると、今後クラシックへ向けてどうこうではなく、3歳春までに稼げる早熟のマイラーが幅を利かせる傾向にある。
その意味で、⑯ステルヴィオの右に出る馬は今回いないだろう。人気必至だが仕方ない。
産駒が次々と2歳戦を勝ち上がっている新種牡馬、ロードカナロア産駒で、当該コースでは安田記念を勝っている。また母ラルケットは現役時に、今回と同じ舞台の東京芝マイルを得意とし、クイーンC3着もあり、2歳夏から秋にかけて連勝していた仕上がりの早い馬。ステルヴィオは完成度の早さとコース適性を受け継いでいる。前走はギリギリの距離をなんとか勝ち切ったが、本来は1400mからマイルがベスト。死角は少ない。

$お宝馬
⑬カーボナード
もしかしたら人気になるかもしれないが、人気順を数えていくとおそらく5番目より上にはならないはずで、お宝馬として推したい。
乾いていく途中の芝に強いディープインパクト産駒、上がりの出る競馬に対応でき、東京を得意としたダークシャドウの従弟でもある。連下には買っておくべき。

上位評価は③シュバルツボンバー、②ダノンプレミアム。押さえは⑭テンクウ、⑨コスモインザハート、⑥ダブルシャープ、⑤ハクサンフエロ。


栗山求さん
◎2ダノンプレミアム
○6ダブルシャープ
▲16ステルヴィオ
△13カーボナード
△3シュバルツボンバー
△17スワーヴエドワード

<見解>
◎ダノンプレミアムは
「ディープインパクト×インティカーブ」。

この組み合わせは出走馬4頭とサンプルは少ないものの、
うち3頭が勝ち上がり、サトノラーゼンが京都新聞杯(G2)を勝って
日本ダービー(G1)でも2着となっている。

母の父インティカーブはG1勝ちこそないものの
イギリスでマイルのG2とG3を勝ち、種牡馬としても成功。

代表産駒のスノーフェアリーは英・愛オークス(いずれもG1)を連勝したほか、
愛チャンピオンS(G1)を牡馬相手にレコード勝ちし、
来日してエリザベス女王杯(G1)を連覇した女傑だった。

底力と軽さを兼ね備えた血なので日本適性が高いのだろう。

母インディアナギャルは現役時代にバリローンS(愛G3・芝12f)3着。

本馬は本質的には2000m以上が向いており、
距離短縮はプラス材料とはいえない。

ただ、母はジーネル≒デインヒル3×2とパワーにあふれた配合構成なので、
雨で悪化した馬場は苦にせず、
スタミナも必要とされるレースになりそうなだけに
適正距離が長めの本馬にとってはむしろ吉と出そうだ。


柏木さん
出走時期が早まっている2歳のディープ産駒が狙い/サウジアラビアRC
◆未来展望の転換に近い

 2歳戦が早まって、重賞が増え、昇格もあった。旧「いちょうS」がサウジアラビアRCになり、アルテミスSが創設され、京都2歳Sが重賞になり、ホープフルSが昇格した。ビッグレースへの賞金ハードルが高くなり、のんびりしているとクラシック、そのトライアルにも出走できない危険がある。

 今春の桜花賞には、それまで6年間に4勝もしていたディープインパクト産駒が人気薄の2頭しか(うち1頭は取り消し)、出走していなかった。この世代のディープインパクト産駒は、過去3~4年は将来の成長を重視し、始動を遅らせていたが、それではクラシックに出走できない。まして、2歳戦向き種牡馬も増えている。今年は(おそらく意識的と思われるが)、期待の産駒の出走時期が早まっている。この時期、ディープインパクト産駒は10勝前後にとどまる年が続いたが、今年はもう16頭が勝って17勝もしている。12月を待たずに2歳ランキングのトップをうかがう勢いである。未来展望の転換に近い。

 他の種牡馬の産駒も、取り巻く状況は同じ。この時期の2歳重賞にありえなかったフルゲート「18頭」の早くも壮絶なレースになった。

 注目馬は多いが、カーボナード(父ディープインパクト)が狙い。前走の1分35秒3も、上がり34秒0も目立たないが、最後「11秒6-10秒7-11秒7」の直線でギアを2段階チェンジして伸びたように見えた。

 母方は、日本に多くの馬が輸入され成功している牝系で、コートリーディー(1968、米、父ネヴァーベンド)から広がる一族と考えると、ヤマニンパラダイス、ノーリーズン、種牡馬トワイニングなどがこれまでの代表馬だが、現代は名種牡馬グリーンデザート(父ダンチヒ)は、カーボナードの祖母ユーセフィアの全兄にあたるということができる。

 3代母フォーリンクーリア(グリーンデザートの母)の半妹は、種牡馬ベルトリーニの母となった点も売りだろう。種牡馬ベルトリーニは、日本の競馬史の頂点に立つ名牝ジェンティルドンナの母父である。また、今秋の注目3歳牝馬ラビットラン(父タピット)、注目の2歳牡馬アサクサゲンキ姉弟の3代母がコートリーディーであり、カーボナードの4代母もコートリーディーである。

 現代は似たような血統構成図を秘めた馬などいくらでもいるが、カーボナードとジェンティルドンナは同じディープインパクト産駒であり、2代前にともにコートリーディーの孫になる同じダンチヒ産駒をもつから、少なくとも同じようなマイル向きのスピード能力を伝える可能性がある、という意味で注目は唐突ではない。

 同じディープ産駒のダノンプレミアム、注目の種牡馬ロードカナロアのステルヴィオ、エイシンフラッシュ産駒のスワーヴエドワード(祖母はディープインパクトの半姉)、メジロブライト、メジロベイリーの牝系出身の公営ダブルシャープなどに、手広く流したい。



こんなん出ましたけど\(^o^)/
スポンサーサイト