こんにちは

水上学さんの記事です。

【京都大賞典】G2ハンター返上のために

◎本命馬
③シュヴァルグラン
牡5、栗東・友道厩舎、デムーロ騎手
このあとの進路が見えにくい馬が揃った感がある今年の京都大賞典。牝馬のスマートレイアーが女王杯目指してここを叩くという明確な目標がある中で、牡馬で力が入るのはやはり③シュヴァルグランだろう。

一時はブリーダーズCという報道もあったが、どうやらジャパンCが本線となりそう。悲願のG1制覇へ向けてはここで全力はないと思うが、G2ハンター返上のためにも、逆説的にも見えるが敢えて勝っておきたいと考える。というのも、シュヴァルグランは叩いて良化するタイプではなく、使い込むと落ちるとみるからだ。休み明けのパフォーマンスのレベルで2走目まで走る馬で、そのためにもここは勝っておきたい。

2400はハーツクライ産駒にとってベスト距離、さらに直線に急坂が無い方が良い。ズブいので早く動きたいところ。ねじ伏せて勝てれば、ジャパンCも見えてくる。そのための予行演習としてほしい。

$お宝馬
⑦フェイムゲーム
こちらもハーツクライ産駒。京都では天皇賞の2着がある。広いコースで全開となる馬で、母の父リボー系の爆発力、さらに兄バランスオブゲーム、競走生活前半の近親ステイゴールドのようにG2でとても安定している牝系でもある。ルメール騎乗で人気になるとは思うが、それでも10倍は切らないだろう。敢えてお宝馬に推す。

上位評価は②サウンズオブアース、⑤ミッキーロケット、④スマートレイアー、押さえで⑧トーセンバジル。
スポンサーサイト