こんにちは

マジックタイム(牝3 美浦・中川公成厩舎)について、追い切り後の中川公成調教師のコメントは以下の通り。
・前走のクイーンC(2着)を振り返って
「スタートはまずまず出ました。しかし、インのポジションだったので、前が開くのに時間がかかり、追い出すのも手間取っていました。伸びかけたのですが、そこがゴールという感じでした。できれば、もっと後ろからジワッと行く競馬ができればベストでした。」

・桜花賞をパスした理由は?
「一番の理由は、右回りの成績がもう一つということがあります。そして、最初に後藤騎手が調教に乗った時から、"この馬、左回りの方が良いよ"とずっと言っていました。それをオーナーと相談して、最終目標がオークスという形で行くのなら、ここから始動した方が良いということになりました。はっきりと決めたのは前走後です。」

・前走後の調整について
「いつものパターン通り、前走後はノーザンファーム天栄へ放牧に出しました。疲れをとって、向こうでも調整して、良い感じで美浦トレーニングセンターに帰ってきました。(帰厩してからは)いつもそうなのですが、一週間ぐらい飼い葉の食いが落ちるのです。そこから強い負荷をかけ出すと食べ出すので、先々週より先週という感じで調教しながら体も増えてきています。」

・一週前の調教について
「なかなか良かったです。最後の反応を見てもらう感じで、宮崎北斗騎手に乗ってもらいました。新馬戦で乗っているジョッキーなので、問題なく良い動きでした。」

・最終追い切りについて
「誘導する馬を追いかける形で外を回って、最後の反応を見てほしいということでした。動きも良かったですし、後藤騎手と話しましたが、前走の追い切りよりも折り合いがついていましたし、良い感じで回ってこられたと思います。」

・馬の出来について
「八分ぐらいは行っていると思います。前走も良かったので、今日も同じような感じです。馬体が成長しています。精神面も、落ち着きといいますか、オンオフがはっきりできてきました。」

・左回りが得意な理由は?
「手前の関係で、直線では右手前になった方が、左手前より伸びが違うようです。」

・今回のレースについて
「デビューは1800mでしたが、ずっとマイルを使ってきています。2000mは初めてですが、折り合いはそれほど心配のいらない馬なので、東京コースは合っていると思います。距離延長も特に心配ありません。レースの流れがスローになると思うので、前残りだけを注意してポジションも考えたいと後藤騎手は言っていました。力を出せる状態できていますので、ぜひご声援をよろしくお願いいたします。」

マイネグレヴィル(牝3 美浦・和田正道厩舎)について、追い切り後の柴田大知騎手のコメントは以下の通り。
・前走のフラワーカップ(2着)を振り返って
「すごく根性があって、渋太さがある馬なので、2着で賞金を加算できたのは良かったと思います。粘れるだろうなと思いましたが、一頭強い馬が抜け出してしまいました。それでも頑張ってくれました。あの馬の持ち味というか、良さを生かせたかなと思います。」

・去年の夏場と比べて
「あの時も馬がだいぶしっかりしているという印象でした。今はそれより良くなって、もっと力強くなっている感じもあります。」

・この馬の良さは?
「気持ちは前向きで、バテそうでバテないというか、そこからが本当に強い馬です。」

・今回のレースについて
「本来は雨でも降ってくれたら良いのですが...。少し時計のかかるぐらいの馬場の方が本当は良いかなと思います。しかし、ここのところ力を付けて、成績も出していますので、自身を持っていきたいです。距離が延びる方が良いでしょうから、この距離の方が良いと思います。またこの馬の良さを生かせるような競馬ができれば、結果が出るでしょう。重賞を勝たせてあげたいですし、自分がしっかり乗れば結果が出るかと思いますので、応援して下さい。」

ニシノアカツキ(牝3 美浦・武藤善則厩舎)について、追い切り後の大西康子調教助手のコメントは以下の通り。
・前走のフラワーカップ(10着)を振り返って
「その前2走は終いの脚を生かすレースをしていたので、期待をしてはいましたが、スタートが良すぎました。スムーズに競馬をしすぎて脚が溜まらなかったので、良い脚を使えなかったのかなと思います。」

・その前2走は重賞で2着、3着と健闘していたが?
「乗り役が後ろから脚を溜める競馬をしてくれて、この馬の長く良い脚を使える部分を引き出してくれたのかなと思っています。」

・前走後の調整について
「前走を使った後は、厩舎で少し飼い葉の食いが遠慮気味になりました。ずっとレースを使っている馬ですし、テンションも高くなっていました。それで、2週間ぐらいは楽をさせてあげて、じっくり調整してきました。」

・調教について
「(1週前は)併せ馬で、前に馬を置いて、動きは良かったです。(最終追い切りは)勝浦騎手が初めてこの馬にレースで騎乗するので、乗ってもらいました。やはり前に馬を置いて調教をしました。もともと乗りやすい馬で、一生懸命走る馬です。今日はそのイメージだけをつかんでもらおうと思っていました。"良い馬だね"とは言ってくれたので、上手く乗ってもらえると思います。」

・馬の状態について
「大きな上積みはないでしょうが、良い状態をキープできていると思います。スムーズな競馬というより、自分の持ち味を生かせる競馬ができれば走ってくれると思います。」

・今回のレースについて
「初めての2000mですが、広い東京コースになりますし、その辺りは問題ないと思います。良い脚を長く生かせるこの馬の競馬ができれば、頑張ってくれるでしょう。何とか権利をとってオークスに向かいたいと思っています。」

ムードスウィングス(牝3、美浦・斎藤誠厩舎)について、追い切り後の斎藤誠調教師のコメントは以下の通り。
・前走のミモザ賞(2着)を振り返って
「状態としては良かったので期待していました。馬場の悪い中山で、少し外々を回らされる展開で、かなり距離のロスはあったかなとは思います。それでも直線では、良い脚で上がってきたので、勝ち馬を捉えられるかなと思ったのですが、そこで力尽きてしまいました。内容としては、強いものではなかったと思います。」

・前走後の調整について
「オーナーサイドと相談して、次走はここと決めまして、ジョッキーもその時に手配しました。北村宏司騎手に頼んで一週前追い切りを行いました。」

・追い切りについて
「先週にダートコースで北村騎手を乗せてやっていますので、今週は助手を乗せてさらっと流す程度でやりました。体質の弱い馬でしたので、その辺りをよく見ながら始めています。暖かくなって体調も良くなっていますので、非常に良い状態で、レースに臨めると思います。」

・北村宏司騎手とは初コンビ
「今まで田辺騎手に頼んでいましたが、先約がありまして、北村騎手に依頼しました。実績もありますし、"先週の動きも良かった"とコミュニケーションも取っていますので、良い所が出せれば勝負になるのではないでしょうか。」

・重賞初挑戦について
「もともと体質の弱かったのですが、期待していた馬です。その期待通りに成長していますし、あとは成績が伴うだけなので、頑張ろうと思います。」

・今回のレースについて
「東京コースの方が芝の状態も良さそうですし、展開的にも向くと思います。ただ、大外一気というのを今回は封印して、良い競馬をしたいです。競馬の上手な馬ですし、他の馬も気にしませんので、今度は馬群の中で良いレースができるように、しっかり調整していきたいと思います。」

マイネオーラム(牝3、美浦・高橋義博厩舎)について、追い切り後の高橋義博調教師のコメントは以下の通り。
・前走のフラワーカップ(6着)を振り返って
「勝ち馬には完敗というところですが、あとの馬にはそれほど差はないという印象を持っています。牝馬特有のシュッと切れる脚ではなく、ジワッという脚ですから、あんなものだったかなというところです。」

・前走後の調整について
「順調に間隔が開いておりますので、それなりに調整できました。」

・最終追い切りについて
「終い重点という感じで、満足いく動きでした。」

・東京の芝2000mについて
「こちらにとってはありがたいと思います。しかし、ここに出てくるメンバーは皆、おそらく広い東京の長い直線を求めてきているので、プラスであるマイナスであるというのは相対的なものです。他との比較でこちらがプラスなのかどうかは、客観的に見ている皆様の方が、自分の馬しか知らない人間よりは正確かと思います。」

・今回のレースへの意気込み
「(松岡騎手は)何かやりそうな騎手というか、面白いかと思います。今のままでは、(オークスの)抽選にはかかると思いますが、確定ではありません。この競走で、確定したいと思っております。」

スポンサーサイト