こんにちは

【天皇賞(秋)】美浦レポート~サトノクラウン

森一誠調教助手
―追い切りの狙い、動きの評価は
「しっかりと調整過程を踏んで、先週は長めに6ハロンから追い切って、順調に調整は進んでいます。今日の追い切りは単走で半マイルの追い切りになったのですが、これは馬の内面(テンション)を上げたくないということと、特に人間と馬とのコミュニケーションを他の馬に影響されることなく取っていきたいということです」

―宝塚記念から直行での臨戦過程、その理由は
「春に競馬を使っていたので、夏場はしっかり休ませたいというところと、この馬自身、休み明けでも能力を発揮できるので、今回は休み明けでいきなりGIになりますが、このローテーションを選択することになりました」

―調整過程で重視したポイントは
「この馬自身、我の強いところがある馬でして、普段の調教、また馬房内での馬の取り扱いを含めて、特に人間と馬とのコンタクトといいますか、馬の意識を人間に向けることを重視して調整を進めてきました」

―香港ヴァーズを勝った後、どんな変化が
「2歳の時から毎年重賞を勝っているように、すごく能力の高い馬ですが、少し我の強いところがありました。年齢を重ねるにつれて、気持ちと身体のバランス、コントロールがうまく噛み合ってきたところが結果に繋がっているのかな、と思います。丸くなったといいますか、いい成長をしているといいますか、うまくバランスが取れてきたな、と感じています」

―東京芝2000メートルは
「距離の2000メートルも十分守備範囲だと思いますし、東京コースは脚質に合っていると思います。一昨年、昨年と結果は出ていませんが、馬の状態も今回は違いますし、メンバー構成も違いますし、今回は能力を発揮できると思っています」

―年内の予定は
「先日も年内は国内専念と発表しましたが、具体的なレースについては天皇賞が終わった後、馬の状態を見極めて、調教師とオーナーが相談して決めていくことになると思います。まずは今回、きっちりと結果を出していきたいと思います」


【天皇賞(秋)】美浦レポート~ネオリアリズム

森一誠調教助手
―追い切りの手応え、狙いは
「こちらは半マイルから併せ馬になりましたが、特に先週の追い切りで1頭になった時に気を抜くところがあったので、そこを矯正することと、馬体が充実しているので、併せ馬できちんとした負荷をかけたいということが狙いでした。動きも良くて、仕上がりもいいと思います」

―追い切りはやや遅れての併入となりましたが、これは想定の範囲内でしょうか
「最後まで集中して走っていましたので、この馬の調教はできたと思います」

―札幌記念をツメの不安で回避した後の調整過程、気を使われたポイントは
「香港の後は、札幌記念を目標に函館で調整をしていましたが、その過程でツメを痛めて、そこをかばって、他の部分を気にするようなところがあったので、札幌記念を回避したのですけれども、その後、北海道の牧場へ放牧に出して、そこで痛いところをしっかりとケアしていただいて、入厩した時には身体に不安なところはなく、順調に調整を進めることが出来ました」

―ここのところ充実している要因は
「気性面がすごく前向きで、若い頃は、コントロールが競馬でも上手くいかないところがありましたが、年齢を重ねて、心と身体のバランスがうまく噛み合ってきたところが、競馬にいっての結果に繋がっているのではないかと思います」

―陣営としてのレースのイメージは
「この馬の持ち味というのがスピードの持続性で、それを活かした先行力だと思っていますが、道中いかにリズム良く進めるか、というのが、この馬のレースのポイントになるのかな、と思っています」

―シュタルケ騎手の印象は
「シュタルケ騎手は春に短期免許で来日した時に、うちの厩舎で引き受けて、普段調教で一緒に乗ったり、レースに乗っていただいて、よくコミュニケーションが取れたジョッキーです。その縁で今回、騎乗を依頼することになったのですけれども、シュタルケ騎手は馬と上手に折り合って、馬の能力を引き出してくれるいいジョッキーだな、と思っています」


【天皇賞(秋)】美浦レポート~グレーターロンドン

大竹正博調教師
―今朝の追い切りは
「よく動いてくれるので、中2週ということで、感触を確かめるだけですね。やりすぎないように、という指示で行ったのですが、イメージ通り回ってきてくれました」

―田辺騎手に騎乗してもらったのは
「(感触を確かめるのも)そうですし、パターンとして、当該週は彼に乗ってもらっているので、そのパターンを踏んで、今日乗ってもらったという感じです」

―田辺騎手への信頼は
「他の馬も結構乗ってもらっていますが、いつもイメージ通りの騎乗をしてくれるので、いつも感謝しています。グレーターロンドンに関しても、上昇過程をずっと知っている騎手で、今日、上がってきた最初のコメントも『本当にいい』と言ってくれたので、ホッとしています」

―前走は
「思った以上に走ってくれた、という言い方も変ですが、3コーナーで行きたいスペースがあったのですが狭くなって1列後ろになってしまいました。田辺騎手も言っていましたが、そこを取れていたら、もっと際どく競馬ができたのかなという話はしていました」

―今週末も力が入りますか
「力が入らないように気を付けていますが、やっぱり力が入ってしまうかなと。安田記念でもメンバーが揃った中でいい競馬をしてくれたので、今回もしっかり走ってくれればなと思っています」

―豪華メンバーの中に出走させる勝算は
「まだタイトルを1つも獲ってない馬なので、胸を借りるイメージで行こうかなと思っています」

―理想の流れは
「週末に台風が来るという予報が出ているように、天候も読みづらい中、現状のイメージも持てないのですが、いつも通り、存分に彼の持っている力を出してくれれば、結果はついてくるのかなと思っています」

―頭数も揃う中、瞬発力を生かせればと
「そうですね、はい」

―馬場は渋らないほうがいいですか
「前を掻き込むような走法なので、特に悪くなるようなら割引は必要かもしれませんが、少々の雨ならむしろいい方に働くのかなと思っています」

―距離面のアドバンテージは
「血統的に距離をこなせると思っていますので、レースの仕方ひとつだと思うのですが、しっかり走ってくれると思っています」

―テンションの面は
「毎日王冠の前はテンションを上げずにという調整をしたので、そこを1回叩いて、イメージ通りのテンション、メンタルで来ているかなと思っています」

―体重は
「それも狙い通りに来ていて、当日に自分で調整する馬で、前回も(レースの)前の日からマイナス6kgですか。今日、明日と測って、マイナス体重で行ければな、と思っています」

―ファンの皆さんへ
「いつも出走まで微妙なコメントばかり並べてきましたが、(今日の)会見時間を延ばしてもらったように、常に馬体、脚元、ツメを逐一観察しながら、次にどうするかを毎日考えているので、なかなか歯切れのいいコメントは出来ないのですが、皆さんの応援があればいい結果がついてくるのかなと思っています」


田辺裕信騎手
―今朝のコンディションは
「秋にひと叩きして、馬の気合も乗っていますが、前走は今ひとつだった息遣いも良くなっていたので、(コンディションも)前走より良くなっていると思います。いつも通りの大竹厩舎のスタイルで、あの馬も慣れた調教メニューだったと思います」

―前走は
「少頭数の競馬でしたが、メンバーも良かったですし、実際、休み明けでどこまで頑張れるか、というのもありました。上位の馬に食らいついてゴールしていたので、すごい馬だなと思いました」

―今回のカギは
「また距離を延ばす形ですが、ペースに対する折り合いと、中2週というあの馬にとっては短いサイクルの影響がどう出るかは分からないですね」

―瞬発力を生かす流れになれば、というところですか
「この馬は上がりの時計を持っているので、そういう形になるのが一番うれしいです」

―上昇気流に乗る過程で騎乗して来られましたが、期待はありましたか
「元々期待していた馬で、若い頃はツメが弱くてうまく使えない部分もありましたが、このくらい来られそうなところはあったので、ようやく僕も陣営のみなさんも楽しみにしているところだと思います」

―強い相手がいて、格式のあるレースだと騎乗する立場では燃えるのでは
「そうですね、強い馬はたくさんいますが、僕はこの馬も強いと思っていますので、なんとかいいレースをしたいです」

―天気については
「この馬自身、悪い馬場をそこまで経験してないので、なんとも言えませんが、先週の日曜日にグチャグチャの坂路を軽快に上がっていったと調教助手の方から聞きましたので、雨のほうが走るかもしれませんし、そのあたりは分からないです」


【天皇賞(秋)】美浦レポート~サクラアンプルール

金成貴史調教師
―前走の札幌記念で重賞初制覇となりました
「休み明けの函館記念を叩いて、状態は上がっていましたし、中山記念の好走もありましたから、力通りかなと思います」

―中間は
「色々な選択肢が考えられましたが、札幌からそのまま美浦へ連れて帰ってきて、在厩のまま楽をさせながら、天皇賞一本に調整してきました。春に大阪杯を使ったときに気分良さそうに競馬へ臨めなかったので、今回はその反省も踏まえて、馬が気分よく楽しく競馬ができるよう心がけて調整してきました」

―最終追い切りは
「先週、強めに仕上げていたので、今週はこの馬のパターンでソフトに、やりすぎないように、全体時計も併せ馬も予定通りにやれました。キレのある馬ですが、うまく発揮できるようないい伸びが見られたのではないかと思いまして、順調に調整できたかなと思います」

―現在の状態は
「楽をさせたといっても緩めずに来られました。あとは天皇賞から逆算して、一本一本丁寧に追い切りをかけてきたので、完全な休み明けでもありませんし、在厩していれば気持ちもいい張りをキープできる馬なので、その通りに調整できました。前走時もひと叩きしていい状態で臨めたのですが、今回も2ヶ月あいているとはいえ、予定通りの調教を消化して、馬の雰囲気も非常によく持って来られました」

―馬体、精神面の変化は
「馬体重はそこまで変わりませんが、精神的なものは時間をかけてじっくり育てることを心がけて、色々な方の理解もあって、ここに来てようやく本来の能力を全部発揮できるような精神状態になってきたかなと思います」

―東京芝2000メートルは
「よく右回り、左回りについて聞かれますが、新潟や東京でも好走してますし、特に直線の長い東京が不得意というわけではないので、そのあたりは心配していません」

―レースのイメージは
「騎手も3度目で馬の特徴も掴んでいますし、騎手に任せるという感じです」

―雨が心配されますが
「晴れてほしいです」

―ファンの皆さんへ
「遅咲きですが、ここに来て能力を全部発揮できるような素晴らしい馬に成長してきていますので、また皆さんの応援があればいい競馬を見せられるかなと思います。あとは当日、馬が気分良く楽しく競馬してきてくれればいいなと思います」
スポンサーサイト