こんにちは

今回は特別に。

坂井千明さんのコラムです。

【ジャパンC追い切り診断】キタサンブラックはいたって順調/レイデオロは併せ馬と並ぶとクビ使いが良くなる
今回は今週のメイン、ジャパンCを考察するよ。

アイダホは、いかにもステイヤーという印象。スタミナはありそうな反面、日本の芝レースのスピードに対応できるかどうかは微妙だね。

イキートスは、キャンター調教ながらクビ使いが上々、走り方もいい。外国馬4頭のなかで買うならこれかな。

キタサンブラックは、走りが高いのはいつものことだけど、動き自体は上々。順調と見ていいね。

ギニョールは、これもアイダホと一緒で典型的なステイヤーという感じだね。ちょっと厳しそう。

サウンズオブアースは、気合があるのはいいんだけど、その分気負ってる感じ。いい時の充実感は感じないかな。

サトノクラウンは、体やクビの使いはいいものの、追われてからモタつく点が気になる。いつもスパッとキレる馬ではないけど、今回はいつも以上だね。

シャケトラは、体や脚の使いはいいし、気分良く走れいている点も評価できる。いたって順調だね。

シュヴァルグランは、体やクビの使いはいいし、反応もこの馬にしては上々。体調面は問題なさそう。

ソウルスターリングは、気の強いところを出してるけど、動き自体は問題ないね。

ディサイファは、相変わらず脚をバタバタさせた走り。イマイチだね。

ブームタイムは、頭が高いしとくにほめるところがない。ちょっと厳しいだろう。

マカヒキは、サウンズと同じく、ちょっと気負うような走り。体の使い自体はいいんだけどね。

ヤマカツエースは、力強さはあるものの、追われてクビを硬くする点が気になる。

ラストインパクトは、追われてからの反応や伸びがない。

レイデオロは、併せ馬と並んでからクビの使いが良くなるのはいいね。問題なく順調だろう。

レインボーラインは、頭は高いけど、体やクビの使いは悪くない。ま、この馬なりというところ。

ワンアンドオンリーは、力強さが出てこないし、上に浮く走りになっている点もイマイチ。

一番良かったのはシャケトラ。あとはキタサンブラック、シュヴァルグラン、ソウルスターリング、レイデオロ、マカヒキ、そして外国馬から選ぶならイキートス。この7頭だね。
スポンサーサイト