こんにちは

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
「グレイル。初戦が道悪やで、良馬場の2戦目でどうなもんかと思っとったけど走る。ゆったりしとって伸び目がありそうな馬体やし、今日のアタマ差は今後広がりそうな気がする。反対にタイムフライヤーは完成度は高いけどね。完璧な立ち回りをして差された印象やし、早い段階で使っておきたいタイプかも。」

ケイティクレバーはいかがでしょうか?
「ハービンジャー産駒で、今開催の京都の馬場がマッチした。前走も競馬場で観とって、渋太さに驚いたの。意外性があって、応援したくなるコンビだよね。」

ジャパンカップ
「シュヴァルグラン。まずは完全にJCを見据えたローテで完璧な仕上がりやった。そこで、絶好枠を引けたこと、名手を引き寄せた佐々木さんは持っとるよね。ボウマンもルメールが狙ってたはずの位置をとって、前のレースで馬場も読めてた。この馬で勝つならこういう乗り方って手本を結果で示したよね。」

「レイデオロ。最高に立ち回った①③着馬を思えば厳しい競馬になったけど、存分に3歳総大将の力は示した。ダービーとは落ち着きが違ったし、まだまだ成長しとる。キタサンブラックの落鉄もあって連対できたけど、あれは馬にも人にも自信になる。後続に4馬身やで、キタサンも競馬としては言うことないよ。」

マカヒキの4着についてアンカツさんの見解が聞きたいです。
「JCは強い馬が好枠からいい競馬をしとるからね。かなり復調して頑張っとるけど、ピークはもう超えとるって見解。ベストは2000mくらいやと思うで、今後はどこを狙って使うかがポイントやろね。」

サトノクラウンについて一言おねげえしやす!
「さっきもつぶやいたように、内枠の強い馬がいい立ち回りをしたっていうのと、やっぱり時計がかかる馬場のほうがいいのかな。いつも走り切るってタイプでもないし、かみ合えばまた一変してくると思うよ。」

京阪杯
「京阪杯はビックリしたってのが率直な感想。やっぱりそれぞれ目標レースが終わった後のローテになっとるで、当日の余力と馬場がマッチした馬が来とるんやろね。」
スポンサーサイト