こんにちは

【チャンピオンズC】栗東レポート~アウォーディー
◎アウォーディーについて、松永幹夫調教師

・今朝の追い切りですが最後だけはしっかりという指示でいい内容だったと思います。前走を使った後も順調で先週今週としっかり追って、その動きからも使われた上積みを感じます。

・前走のJBCは最内枠からのレースでいい位置から運べましたが直線追い出したら伸びを欠いてしまいました。だからと言って大井が苦手というわけでは無いと思います。でもレースそのものは上手に運んでくれました。今回は中京競馬場で左回りに変わります。昨年もこのレースで2着に来ているようにこの点はプラス材料です。

・さすがに7歳ですから上積みという面はありませんが高いレベルで維持してくれている感じです。あと一歩というレースが続いていますが、それは気持ちやコース、それに枠とかいろいろあると思います。でも噛み合えば力を出せると思います。

・今回は前に行く馬がいるのでそれを見ながら競馬ができればいいかなと思います。あとは騎手に任せます。ここ一年勝ち星から見放されていますが力はある馬ですから左回りで巻き返したいですね。

◎アウォーディーについて、武豊騎手

・今朝の追い切りは僚馬が一頭先行してそれを目標に直線は馬の状態を見ながら内容を決めてという指示でした。道中は思った以上に馬が前向きさを見せてくれ、いい動きだと思いました。ただ直線も追いつくまでは楽でしたが並んでからはなかなか前に出ようとはしませんでした。でも状態そのものはいいと思います。馬体も張りがあって馬も元気がありますから7歳の暮れという感じではありません。

・前走のJBCは状態もいいなかでのレースで道中の感じも良く直線に向いても絶好の手応えだっただけに今でもどうしたのかという気持ちはあります。確かに難しい面をデビュー当初から持っていた馬ですがダートに転向してからはそういった面は影を潜めてきました。それが昨年の後半あたりから、また気難しい面を出すようになってきました。

・この馬は芝を走っていた時から左回りに良績があったのでその点は今回プラス材料です。それから大きな目標のこのレースに中3週で順調に臨めることもいいですね。

・道中はそれほど乗り難しい馬ではありませんが昨年のこのレースでは難しい面を見せたりと両面ある感じでした。その点は注意したいと思います。この一年勝ちから遠ざかっていますから何とかビッグタイトルをという気持ちは大きいですね。


【チャンピオンズC】栗東レポート~カフジテイク
◎カフジテイクについて、湯窪幸雄調教師

・今朝の追い切りは騎手と厩舎スタッフに任せました。特別指示は出していませんがいい動きだったと思います。ドバイから戻ってきて3回使いましたが、これまでで一番いい状態だと思います。

・前走の武蔵野ステークスはこの馬には展開面で不向きでした。そんな中でも頑張ってくれたレースでした。

・今回は1800mになりますから展開がポイントでしょう。ただ中京は直線も長いですからその点はいいと思います。

・今回はスローになるかも知れませんが他の有力馬の動き1つで流れが変わってなんとかチャンスが出来ないかということは考えています。

・今回は初騎乗のクリストフ・ルメール騎手ですがこの馬のいいところを引き出してもらいたいですね。


【チャンピオンズC】栗東レポート~コパノリッキー
◎コパノリッキーについて、村山明調教師

・前走JBCスプリントを使ったのはスピードのあるコパノリッキーに戻したかったという側面がありました。確かにその前にGIを連勝していましたが
より本来のコパノリッキーに戻したかったということです。

・そのJBCスプリントは地力をみせてくれたものの最後は敗れてしまい悔しいレースになりました。スタートで躓いたところもありその点もうまく噛み合わなかった一因かも知れません。

・ただこのレースを使った後の調教を見る限りすごくいい手ごたえで追い切りは回ってくるのでスピードは戻ってきていると思います。いい状態もキープしています。

・この馬はあまり仕上がってなさそうなところで結果を出したり、いい状態かと思っていたら負けたりと掴みどころが無い馬ではあります。それでも年齢を重ねて成績は安定しているように思います。またポジションはどこからでもレースができるようになっています。

・このタイトルはまだ取っていませんが(同じ中京の)東海ステークスで強い勝ち方をしてくれたようにこの馬の持っている本来のスピードを発揮してくれたら通用してもおかしくありません。

・その東海ステークスを勝ったイメージが良いので先行してこそ持ち味が生きるというところがあると思います。スピードの絶対値が高いので力さえ出し切ればいいところがあると思います。

・GIを10勝してきて今回もいい状態で出せます。騎手も手が合いますしいい結果を期待したいと思います。


【チャンピオンズC】栗東レポート~テイエムジンソク
◎テイエムジンソクについて、木原一良調教師

・ここ二週、日曜日に左回りのウッドチップコースで追い切りましたから身体は出来ています。今日はいつも通り馬体の調整で坂路を使っての併せ馬の調整でした。ラストの1Fだけ伸ばしてスイッチを入れました。まずまずの反応を見せてくれました。左回りに関してはそれほど気にはしていません。

・前走は4、5番手を馬ナリで追走して周りが下がってくるような形からの快勝でした。今回は一流どころとの対戦ですからどんなレースになるかはわかりません。

・函館で自分のレースをすればいい脚を持続することがわかりました。控えて溜めなくても結果が出ました。以前よりは成長していますがまだ気性に幼いところが見られます。

・騎手に対しては何も言うことはありません。レースは全て任せます。出た感じで流れに乗れたら面白いですね。

・今回はチャレンジャーです、どれぐらい今回のメンバーと戦えるか見てみたいです。いい状態で出走できますから結果を出してもらいたいですね。

◎テイエムジンソクについて、古川吉洋騎手

・今朝はまたがってはいませんが左回りの日曜日の追い切りには乗りました。左回りの走りは何の問題もありません。

・前走のみやこステークスは戦前外枠ということで気にはなっていましたが終わってみればスムーズなレースからこの馬の強さを見せることができました。この馬の長所はスピードの維持能力です。初めて乗った時にも感じましたがここまで乗っているなかでそれが徐々に長くなっているように感じます。

・気性面では確かに子供っぽく元気なところはありますが、レースにいって返し馬を終えたら嘘のように落ち着いてくるのでその点での心配は全くありません。

・GIホースが大勢いる中この馬はまだGIIIを勝ったばかりですからチャレンジャーです。中京競馬場は初めてではありますがスタートもいい馬ですし、やることはいつもと同じですから気にはしません。

・いろいろレースのプランは考えてはいますが枠順もまだ決まっていませんからね、ある程度前の位置で運ぶことにはなると思います。自分の久々のタイトルよりもこの馬にビッグタイトルを取らせてあげたい気持ちが一番です。

・この馬の勢いをGIホース達にぶつけてどんなレースになるか、応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト