こんにちは

阪神ジュベナイルフィリーズは集中力を欠いた予想をしてしまいました。

一番の問題点が展開が選抜に生かされていないというところです。

選抜は展開抜きで力関係のみで選んでいます。最も力では、ラテュロスは当落線上ぐらいですが。

週の初めから勝負することは考えていませんでした、だからだと思います。

写真が良かったラテュロスは、アルテミスステークスの走りから現時点での力が足りない感ありありで、ロックディスタウンとラッキーライラックも抜けているとは思えず、振り返ってみれば、3着に来たマウレアが良かったと思えます。

写真が良かったことと、戸崎騎手が継続騎乗して来るということ。

戸崎騎手はリーディング争いをしていて、GⅠよりも勝ち星を優先した乗り方をしています。その彼が中山ではなく阪神開催のジュベナイルフィリーズを選んだということは、勝てると思ったということだと思います。

こういう記事も紹介しました。

GⅠよりもリーディング首位を優先したいと公言していた戸崎騎手が阪神JFへ参戦。

ということは、勝算があっての参戦なのか探ってみた。

先週までの時点で首位のルメール騎手とは17勝差。残り3週間でこの差を逆転するのはかなり厳しいが、爆発的な勢いで勝てば可能性がないわけではないはず。

勝ち星を優先するなら主戦場の中山に残った方がいいはずだが、わざわざ阪神への遠征を決断したのは、やはりGⅠ勝ちの可能性を感じているとのこと。

マウレアは桜花賞を勝ったアユサンの全妹で、厩舎の評価は同時期のアユサンと比べても数段レベルが上という高評価。新馬戦―赤松賞組は過去にアパパネを輩出した路線。



勝負するんだという気構えが大事なんですね、結果として勝負できる馬がいないので、今回は勝負しません、なら良いのです。

反省して懺悔します。
スポンサーサイト