こんにちは

坂井千明さんの記事です。

有馬記念

■キタサンブラック【堂々たる横綱相撲で有終V】
これぞキタサンブラックという競馬だったね。ほかに絡んでくる馬がいなかったことは大きいけど、好スタートから楽にハナを取り切ると、完全に自分の流れに持ち込んでレースを支配してしまった。勝負どころは後続に脚を使わせつつ、直線に入ったところで番手以下を突き放す必勝パターン。豊(武豊騎手)はもうしてやったりという感じだろうな。この1勝で種牡馬としての価値もさらに高まったし、まさに2017年の競馬を締めくくるにふさわしいレースだったと思うよ。

■クイーンズリング【流れにフィットさせたルメールの好騎乗】
内枠を生かしてロスなく運べたのが一番の好走要因だろう。ルメールはキタサンがレースメイクすることをわかっているから、その流れをイメージしていつもより前に付けつつ、しっかり脚を溜められている。他の有力馬が勝負どころで脚を使わされているのに、この馬はロスなく運べているんだから、直線の伸びが違ってくるのは当然だよな。少し他の馬に迷惑をかけた点はいただけないけれど、キタサンと同じく引退後は別の形で活躍してほしいね。

■シュヴァルグラン【JCのように先行すれば違った】
この馬の乗り方に関しては少し不満があるね。まあ直線で態勢を崩さなければ2着はあったはずだけど、それ以前にもう少し前で競馬をやるべきだったと思う。前走ジャパンC時のように前に行けるだけの脚はあるわけだから、もっと積極的にポジションを取る競馬が見たかった。ま、結果論と言えばそれまでかもしれないけどね。馬自身に関しては、これはもう間違いなく強くなっている。来年は天敵だったキタサンブラックもいなくなるわけだから、この路線の主役を張れる存在だね。

■スワーヴリチャード【早めに動くデムーロの仕掛けが裏目に】
出負けしたことも原因だけれど、最後方から終始外々を回るロスの多い競馬。にも関わらず、勝負どころで外から強引に押し上げていくんだから、ゴール前で甘くなるのは仕方ないところだろう。直線で内に大きく斜行したことも含めて、ちょっと目に余る騎乗だったと思う。馬自身は着実に成長しているようで、4着にきただけでも力のあるところは見せている印象。ただ、まだ年が明けても4歳と若いんだから、もっとポジションに柔軟性をもたせるような競馬を教えないと。今のままだと直線までじっと我慢して一か八かというレースしかできないし、そうなると成績も不安定になるからね。


阪神C

■イスラボニータ【勝負どころで押さえ込んだルメールの判断に拍手】
スタート自体は良くなかったものの、二の脚で挽回して中団前めに付ける立ち回り。ペースが短距離並に速かったから、あのまま行っていたら最後苦しくなったと思うんだけど、勝負どころでしっかり押さえ込んだのが良かった。あそこで流れに乗せられずワンテンポ溜めを作れたことが、最後のひと伸びにつながったね。これはルメールの好判断と言って差し支えないだろう。キタサンブラックと同じく、こちらも引退の花道を飾れてよかった。次は種牡馬としての活躍に期待したいね。

■ダンスディレクター【スタートを決めた武豊騎手の好騎乗】
本来あまりゲートの出が良くないタイプなんだけど、今回はスタートの上手い豊(武豊騎手)が折り合いを付けつつスンナリ先行させられたのが良かったね。でも、あのペースを先団で運んで、しっかり決め手も使うんだから、内容はかなり濃かったと見ていい。来年で8歳になるけれど、まだ衰えたという印象はないな。

■サングレーザー【今のままでは勝ち切れない】
前走のマイルCSと同じく、後方でじっくり構えて終いに賭ける競馬。追込勢で唯一馬券に絡んだ点はさすがだけど、今回みたいな立ち回りだとやはり取りこぼしは多くなってしまうだろうね。まだ馬が若いんだから、先行させたり馬群に入れたり、もっと色々なことを教えるべきだと個人的には思うよ。

■モズアスコット【強引な競馬が裏目に】
有馬記念のスワーヴリチャードと同じく、デムーロの悪いクセが出た印象。あれだけのハイペースにも関わらず、勝負どころで外めを進出すれば、最後息切れするのは当然のこと。4着に残っただけでも立派だし、初の重賞挑戦とすれば上出来だよ。来年の活躍が楽しみだね。
スポンサーサイト