こんにちは

今週の考察をまとめましょう。

[フォトパドック]
「ミエノサクシードとキンショーユキヒメが良く見えます」

[第1222回 ハンデ戦で波乱傾向が強いマーメイドSを分析する ]
これまでのデータから推奨したいのが、キンショーユキヒメとミエノサクシードの2頭。キンショーユキヒメは前走の福島牝馬Sで重賞初制覇。道中後方から上がり最速の脚を使って差し切り勝ちを決めた。昨年のマーメイドSでは上がり最速で勝ち馬とコンマ1秒差の4着と健闘している。5歳馬で前走から1キロ増も買い材料で、狙い目十分だ。

ミエノサクシードは前走の阪神牝馬Sは6着に敗れたが、スローペースで瞬発力勝負になったもので度外視して良いだろう。2走前の1600万下・元町Sでは、上がり最速で勝利。昨年のパールSでも先日のヴィクトリアMで3着好走のレッドアヴァンセを並ぶ間もなく差し切っている。重賞勝ちこそないものの、前走から斤量据え置きは実力が認められている証といえるだろう。今回も勝ち切る場面までありそうだ。

他では53キロで実力あるミリッサ、前走上がり1位のアルジェンテ、フェイズベロシティ、ルネイションあたりも穴として押さえておきたい。トップハンデのトーセンビクトリーは近走で以前のような粘りが見られず、しかも不振傾向にある6歳馬で厳しいと見る。

[重賞データ分析]
なし

[単勝二頭流]
アルジャンテ、フェイズベロシティ、スティルウォーター

[坂井さんの追いきり診断]
「良く見えたのはアンドリエッテ、エテルナミノル、トーセンビクトリー、レイホーロマンス、ワンブレスアウェイの5頭だね。」
--------------------------------------------------------
展開
データde出~た から

■表2 マーメイドSの枠番別成績(過去5年) すべて良馬場 
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1枠 1- 0- 2- 3/ 6 16.7% 16.7% 50.0% 260% 165%
2枠 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
3枠 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
4枠 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0% 17%
5枠 0- 1- 1- 8/10 0.0% 10.0% 20.0% 0% 52%
6枠 0- 1- 1- 8/10 0.0% 10.0% 20.0% 0% 34%
7枠 2- 1- 1- 6/10 20.0% 30.0% 40.0% 165% 165%
8枠 2- 1- 0- 7/10 20.0% 30.0% 30.0% 157% 188%


■表7 マーメイドSの前走脚質別成績と前走上がり順位別成績(過去5年)すべて良馬場 
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ  0- 1- 0- 5/6 0.0% 16.7% 16.7% 0% 110%
先行  2- 1- 1-17/21 9.5% 14.3% 19.0% 125% 111%
差し  1- 1- 1-19/22 4.5% 9.1% 13.6% 15% 28%
追い込み2- 2- 3-14/21 9.5% 19.0% 33.3% 86% 91%

前走上がり順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
3F 1位 1- 2- 2- 4/9 11.1% 33.3% 55.6% 137% 128%
3F 2位 1- 1- 1- 4/7 14.3% 28.6% 42.9% 47% 135%

3F 3位 0- 1- 0- 5/6 0.0% 16.7% 16.7% 0% 215%

3F~5位 1- 0- 0- 8/9 11.1% 11.1% 11.1% 63% 21%
3F6位~ 2- 1- 2-34/39 5.1% 7.7% 12.8% 67% 50%

表2は近5年の枠番別成績。黄色で強調した1枠、外の7枠・8枠の複勝率が高い。最内の1枠は昨年3着のアースライズなど近3年続けて3着以内馬が出ている。7枠は昨年のマキシマムドパリら近2年続けて勝利、8枠も14年ディアデラマドレら2勝とこれら外目の枠に入った馬の勝ち星が目立つ。逆に内目の2・3枠は3着以内馬が出ておらず、不振傾向となっている。

表7は前走脚質別成績と前走上がり順位別成績。前走脚質別成績では後方からの追い込みだった馬が昨年のマキシマムドパリら2勝をあげ、連対率・複勝率ともにトップだ。また、前走上がり順位別成績では上がり最速もしくは2位だった馬が好成績をおさめている。1位、2位ともに複勝回収率では100%を超えており、大きく狙ってみたいところだ。




先行するのは
①ワンブレスアウェイ が逃げるのか?逃げ先行馬が見当たらないメンバーです。

展開はスローで3コーナー手前からロングスパート。思い切って逃げれば残れそうですけどね。
何人か予想家さんの展開を見ましたが、ティーエスクライが逃げる、エマノンとトーセンビクトリーあたりか、といったところです。


日曜の天気は6時から12時まで弱雨15時曇りで18時弱雨となっています。芝は良から稍重ぐらいか???


気になっている馬は写真の良かったミエノサクシードとキンショーユキヒメの2頭です。
昨年は本命も相手もすんなり決まりましたが、今年はダメでした。
スポンサーサイト